リピした日焼け止め!アロベビー

アロベビーUV&アウトドアミストを使った感想
 
アロベビーUV&アウトドアミスト100%天然成分で出来ていて赤ちゃんや敏感肌の人も使える日焼け止めスプレーです。虫よけ効果もあり一石二鳥。雑誌や有名タレントもブログで紹介しているアロベビーUV&アウトドアミストを使った感想を書いています。 市販のよりも少し高いですが赤ちゃんや子供に使うものだと思えば安いものだと思います。

【おすすめ】気になる子供の勉強法

子供の成績を上げてくれたWEB学習「スタディサプリ」
 
小学4年生から中学3年生までを対象にしたオンラインサービスで学習できる「スタディサプリ」を実際に使って成績が上がった人の体験談です。1週間の無料体験があり、月額料金は980円(税抜)という費用でもコンテンツが豊富!成績を上げた方法、使い方など詳しくまとめられています。

眠れない!寝たい!睡眠不足!睡眠が体に与える12のこと


睡眠不足を感じている人は多いです。私も眠いのに変にハイテンションになっていて眠れない日々が続くときがあります。そうなると寝たいのに眠れない、寝てもすぐに目覚めてしまったり、いつも以上に早く起きてしまい寝不足になります。睡眠不足はただの寝不足だからと軽視しがちですが、人間の体にとって睡眠は必要不可欠なものですし、睡眠時間が足りていない睡眠不足は蓄積されていき睡眠負債として体に悪影響を及ぼすことも分かってきています。睡眠が心と体に与える12のことについてお伝えします。

スポンサーリンク


睡眠が体に与える12のこと

睡眠は私が思っている以上に大切なことだという認識になりました。今更、過去の生活を振り返って後悔しても仕方ありませんが、これからの生活の中で改善することで今までとは違う心と体にしていきたいと思います。睡眠が体に与えることについてまとめました。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています



快適な睡眠は寝る前のルーティンが大事!脳は外的要因を受けやすい

枕が変わると眠れない、飛行機の中では眠れない、旅行先のホテルや旅館で眠れないという人は多いです。これにはきちんとした理由があります。主に脳が関係していますが、いつもと違う睡眠環境になることが原因で眠れないそうです。いつも […]



朝起きても頭がスッキリしない・ボ~ッとするときの5つの解消法

朝目覚めたときに頭がボ~ッとするときがあります。目が覚めたら「寝たぁ、スッキリしたぁ」という感覚を味わうことが少なくなったような気がします。でも、起きたときから頭がスッキリしていると1日の始まりが良いものになる気がしませ […]



眠れないときに試したい眠くなる方法|不安やストレスを取り除く

夜眠れない原因が不安や心配事などのストレスのときがあります。布団に入っても考え事をして眠れない原因になります。会社の仕事が忙しかったり、ミスをしてしまったり、トラブルがあったりしたときは気になってしまい眠れないことがあり […]



眠れないときに眠くなる方法|寝室の環境を整え気分を変えてみる

夜眠れない日々が続いていたり、不眠症のときには寝室の環境を整えることで気分を変えてみると自然に眠ることできるかも知れません。今まで、寝るときに平気だったことが何かをきっかけに睡眠の質を低下させたり、邪魔したりすることがあ […]



疲れを取るためには睡眠の質を上げることが重要!正しい寝具類の選び方

翌日に疲れを残さないためには、睡眠の質を上げることが大切になります。ただ、布団やベッドに入って寝るだけではなく、寝室の温度や湿度、季節ごとに寝具を替えたり、寝る姿勢も気にしてみたり、マットレス・掛け布団・枕・パジャマなど […]



睡眠に良い室内温度と湿度とは?夏と冬の快眠室温を知ろう!

寝室の湿度や室温を気にして設定することは少ないと思います。夏は少し暑くてもエアコンは付けずに扇風機だけにして節電したり、冬は暖房を付けないでコタツの中だけが暖かくて部屋は寒く何枚も重ねた布団で寝るという人も多いと思います […]



緊張して眠れないときに10分で眠くなる10のリラックス方法

大事なことが控えているときや、何か気になること、失敗して怒られたときなど緊張していて、眠いのに眠れないことってありますよね。学生の頃は受験前日・試験前、社会人になってからは、重要なプレゼン・成果発表・ミスして迷惑を掛けた […]



仕事が不規則で睡眠時間がバラバラ!寝るべき時間・徹夜・海外旅行

仕事をするようになると生活リズムが大きく変動しますよね。残業になったり、徹夜したり、出張に行ったり、付き合いで夜は飲みに行ったりすることもあります。そうなると、睡眠時間が不規則になり、疲れが取れないことも増えてきます。睡 […]



夜眠れないときに試したい!手軽にできる4つのリラックス法

夜、いつも眠る時間になって布団に入っても中々眠ることができないときがあります。明日の朝も早く起きないといけないのにこのままでは寝不足になっちゃうから、眠らないとと思うとますます眠れないことがあります。布団に入ったら自然に […]



ストレスで眠れない原因と効果のあるリラックス法で対策

ストレスで眠れないということを実感することってありますか。ストレスって目に見えないものなだけに、何がストレスなのか分かっていませんでした。でも、寝不足が続いて病院の先生に診てもらったときにストレスが一つの原因かも知れませ […]



できる人ほど睡眠を大切にしているという真実|眠りへのこだわり

睡眠を軽視する傾向にあるけど、日本のトップにいる人は睡眠をとても大切にしています。朝早く起きて、夜遅く寝る人ができるようなイメージがありますが、できる人は睡眠時間を削ってその分、努力していると思われがちですが、しっかりと […]



睡眠に大切な体温を上手く調節して質の良い眠りにする3つの方法

質の良い睡眠にするためには体温調整を上手くすることが大切です。一度、深部体温を上げて皮膚体温との開きを大きくし、深部体温を下げようと手足から体の中の熱を放熱しなから深部体温を下げていき、深部体温と皮膚体温の差が縮まると体 […]



睡眠不足でもスッキリ起きれる3つの理由|大切なのは・・・

5時間しか寝ていないのにスッキリを起きれるときもあれば、8時間寝ても疲れが取れないとかまだ眠いときがあります。これには、きちんとした原因があります。眠ったときにはノンレム睡眠とレム睡眠が約90分間隔で交互に訪れます。この […]



理想の睡眠時間って何時間?睡眠不足だと身体にどんな影響があるの?

寝不足が続くと身体がだるくなったり、判断が鈍くなったりすることがありますよね。でも、睡眠時間って何時間が理想なのか知っていますか。6時間、7時間、8時間・・・何時間が理想の睡眠時間なのでしょう。また、睡眠不足ではなく睡眠 […]



明日朝が早いのに眠れない!睡眠できない理由と短時間でもスッキリ起きる6つの方法

明日は仕事を片付けるために早く家を出たい、出張があるから早く起きないといけない、学校があるから明日はいつもより朝は早く起きないといけいないときってありますよね。いつもより早く寝ようと思ってベッドやお布団に入って横になるけ […]



睡眠の質を高めるのは睡眠直後の90分!これで脳と体の働きが良くなる

睡眠時間が足りなくて寝不足が続いているという人も多いと思います。今は、寝不足でも脳も体も働いてくれます。ただ、お昼ごはんを食べたあとの午後2時頃になると睡魔が襲ってきますが、お腹がいっぱいで眠気がするだけと思っていました […]



眠気が襲ってきたときに完全に睡魔に打ち勝つための4つの方法

昼食後の14時くらいや単調で同じ作業をしていたり、つまらない会議などのときに眠気が襲ってくることがあります。仕事中だし、周りに人がいるから眠る訳にもいかないけど睡魔には勝てず瞼(まぶた)が落ちてくるし、頭もコクンコクンと […]



日中に眠気が襲ってくる原因と睡魔を撃退する5つの対策

会社で仕事をしていたり、学校で勉強していたりすると眠くなってくる時間帯があります。その時間帯は14時~16時頃です。あなたも同じ時間に眠くなることがあると思いますが、体内時計が正常な証です。でも、眠気が強いときには他の原 […]



夜眠れない原因と眠気がこないときに安眠するための10の方法

仕事や勉強・家事・体を動かしたりなどして疲労が溜まり疲れているのに、夜、お布団やベッドに入っても眠れない、眠りがやってこない日が続くことがあります。昨日も一昨日も寝付けなかったし、今日も眠れそうにない・・・。お布団に入っ […]



肩こりなどの緊張で眠れないときに体をほぐす3つの1分ストレッチ法

パソコンやスマホを使うことが多くなりました。仕事だけではなく学校でもパソコンを使うことがありますし、家に帰ってきてからもパソコンを使ったり、スマホ操作をするため肩こりや背中に痛みを感じることがあります。これは、筋肉が緊張 […]



徹夜するときの仮眠の取り方|効率を上げる睡眠時間

受験勉強で徹夜して学習したり、仕事でどうしても朝までに仕上げないといけない資料作成などがあるときなど、徹夜になるときは一睡もしないで仕事をしても睡魔に襲われたり、頭が働かなくなり効率が一気に落ちてしまいます。徹夜をすると […]



夜眠れないときや帰りが遅いときにぐっすり眠る睡眠法

目がパッチリと覚めてしまっていてベッドや布団に入っても眠れないときや、帰りが遅くなってしまったけど何か高ぶっていて眠れそうにないときに眠れるようにするための方法があります。寝たいのに寝れない、翌日も早いのに眠れないときに […]



朝起きたときの眠気を取り除き最高のコンディションにする11の方法

眠ること(睡眠)と起きること(覚醒)は別々のものではなく一連の動作になっています。朝起きてから眠るまでの行動が室の高い睡眠を作り出し、最高のコンディションやパフォーマンスを引き出すことができます。良い睡眠がスッキリした寝 […]



すぐに眠るために必要が要素は2つ|ぐっすり睡眠の秘訣

横になったら、すぐに眠ることができていたのに、いつのまにか横になっても中々眠れずに睡眠不足になっていたということがありませんか。私は、仕事が忙しくてはじめの頃は眠気に襲われていまいたが、そのうち、慣れてきたのか、眠気もな […]



睡眠中に脳や体に何が起きているの?眠りに隠された5つのこと

人間は夜になれば眠くなるから眠るという習慣になっていますが、睡眠中には様々なことが脳や体で行われています。自分では全く気づきませんが、寝ている間でも脳や体は完全に休んでいる訳ではなく、活動を続けていて翌日に備えています。 […]



眠りたいのに眠れないのはなぜ?体内リズムを整えて快適な睡眠をする10の方法

布団に入っても眠れないことがあります。休みの日にお昼ぐらいまで寝てしまったり、昼寝をすると夜はいつもより眠くなる時間が遅くなります。人間の体は、起きてから眠くなるまでの時間、つまりは体内時計があり体内時計を整えることで日 […]



起きられない・起きれない朝の5の原因と3つの簡単な対策

朝、起きられない・起きれない人は多いと思います。私もそうですが、目覚まし時計を何個もセットしたり、誰かに起こしてもらわないと起きないし、二度寝も良くします。起きられないのは寝るのが遅いのが原因だろうと思っていますが、それ […]



睡眠負債とは何?睡眠不足とは違うの?睡眠時間が短いのは実は怖いことだった!

睡眠負債という言葉を知っていますか?睡眠不足は聞いたことがあるけど、睡眠負債は睡眠不足と何が違うのか分かっていませんでした。眠るという人間の行為は、かなり重要なもので睡眠時間が短いということを自慢する人もいますが、睡眠時 […]



睡眠前に入浴するよりも90分前にお風呂に入ったほうがすぐに眠れる|時間が無いときは

お風呂に入ったら湯冷めする前にお布団に入って眠ったほうが良いと言われますが、汗をかいたり、眠れなかったりすることがあります。実は、入浴直後に寝ようとしても、すぐには眠れないのは当たり前なのです。睡眠前に入浴するよりも90 […]

質の高い睡眠で心も体も健康になる

寝ることで脳と体の疲労を回復させることができます。でも、睡眠時間が不足していたり、眠りが浅い質の悪い睡眠だと体の症状にだるさや疲労感などの健康上の問題が発生しますし、寝不足が続くと生活習慣病や不眠症、うつ病などになるリスクが高まります。体の疲労感だけでなく、脳の疲労感も解消されないためミスや不注意が起きやすく重大な事故につながることもあります。

精神的な負担も大きくなることが分かっていて、頭が重い、イライラする、疲労感が取れない、よく眠れない、不安、抑うつ、被害妄想、感情調節ができない、思考能力が低下する、記憶力が低下するといったことが起こります。睡眠不足はストレスホルモンの分泌を増やすことが分かっているので精神的不安につながることが良く分かります。

睡眠不足はヒューマンエラーを起こしやすいです。一番寝不足で怖いのが交通事故で居眠り運転です。運転し始めは緊張感があるため居眠りすることありませんが、単調な運転時間が続くと眠気が襲ってきます。特に高速道路を運転するときは注意が必要です。

朝食と運動で睡眠と覚醒のリズムを作る

寝るというのは生理現象で当たり前のことと思っていましたが、夜眠れないと悩んでいる人は多くいます。学生時代は、昼間活発に頭を働かせて、適度な運動もして、夜は夕食をしっかりと食べて、入浴して疲れをほぐし温まったら寝るまでの間、自分の時間を大切にして横になったらすぐに眠っていました。

でも、社会人になり働き始めると営業で外回りをすることはありますが運動量としては正直少ないです。その代わり、頭を使うことが増えましたし、ストレスも増えました。自社商品をどう知ってもらい、活用してもらい、購入してもらうか、社内外からの宿題やクレームで眠れない日が続くこともあります。不安やストレスで眠れなくなります。

眠るために必要なことは、

・適度な運動と規則正しい食生活
・朝食をしっかりと食べる
・睡眠薬や寝酒をしない
・覚醒作用のあるカフェインやタバコを摂取しない

寝酒や喫煙は、睡眠の質を下げることになりますし、睡眠時無呼吸症候群のリスクを高めることにもなります。

質の良い睡眠が生活習慣病予防になる

睡眠不足や不眠になると生活習慣病になりやすいことが分かっています。逆を言えば、質の良い睡眠をすることで生活習慣病を予防することができるということです。

生活習慣病の一つにメタボリックシンドローム、つまりは肥満ですが、体重が増えることで睡眠時の呼吸がしにくくなり、呼吸が止まる睡眠時無呼吸症候群になる可能性が高くなります。睡眠時無呼吸症候群になると高血圧・糖尿病・不整脈・脳卒中・虚血性心疾患・歯周疾患などになる可能性が高くなります。

寝不足は心の症状として現れる

寝不足、睡眠不足が続くと精神的に、心にどのような変化が起こってくるか知っていますか?

「そんな寝不足ぐらいで何の変化も起きないでしょ?」と思っていましたが、寝れない・熟睡できない・早くに目が覚めると寝不足が続くと、会社に行きたくない・怒られるのが嫌だと気持ちが重たくなり、物事への関心が無くなり、何もする気力が無くなり、今まで楽しかったことが楽しめないようになります。

仕事ではミスが増えるし、資料作成に時間が掛かるし、誰かに話しを聞きに行くのが面倒だし、誰かに声を掛けられるだけで緊張して頭痛がするし、胃が痛くなるし、上司に呼ばれると何かしたかしら、やらかしちゃった?と冷や汗が出たりと体の変調がありますが、これが寝不足からくる心の病だとは思っていませんでした。誰でもあることですよね。

寝不足や睡眠不足はうつ病の原因にそうです。でも、うつ病だと診断されたら会社に居られなくなるの、今後の生活はどうなるのなど気になって病院になんかいけません。そうならないためにも、しっかりと寝ることが大切です。

昼間の眠気に困らないためにも睡眠時間が大切

睡眠時間は個人差がありますが「7時間は寝ましょう」と言われています。厚生労働省の発表によると、年齢によって睡眠時間は短くなるということ。

・10代前半:8時間以上
・25歳:約7時間
・45歳:約6.5時間
・65歳:約6時間

と20年経つと30分ほど睡眠時間が短くなっていくそうです。睡眠時間は長く取れば良いというものではなく適切な時間眠ることが大切です。休日になるとお父さんは朝寝坊して昼ごろまで寝ていることがありますが、いつも起きる時間よりも2時間以上遅く起きると、いつもの時間に眠ることができなくなり、眠れない、睡眠不足になってしまいます。起きる時間が遅いので寝る時間が遅くなるのは、人間の体内時計の関係で当たり前のことです。

眠る環境作りが質の良い睡眠になる

起床してから体は睡眠まで15~16時間のサイクルとなっています。夜になると睡眠ホルモンが分泌され、徐々にリラックスして入眠します。でも、そこに目を覚ます強い照明の光、喫煙、飲酒、カフェインなどにより、眠りを妨げる行為をすると眠れなくなってしまいます。夜、自然な眠りにつくためにも睡眠環境を作ることも大切になります。

人間の体は眠るための仕組みがあります。それは体温です。深部体温と皮膚体温の差が縮まるときに眠くなります。そのため、入浴したり、シャワーを浴びたり、温かい飲み物を飲んだりして就寝前に深部体温を上げることでスムーズな眠りに付くことができます。他にも寝室の環境を整えることで質の良い睡眠にする方法もあります。

眠れないときに試したい睡眠法

平日も休日も生活リズムを変えない

大人だけではなく、子供も休前日や休日になると夜更かししたり、朝遅くまで寝ていることがあります。平日の寝不足を解消するために寝溜めするという理由で。でも、寝だめは出来ないということが新常識です。逆に遅くまで寝てしまうことで夜寝れないという状態になります。6時に起きていた人が、休みの日は10時に起きるとどうなるのでしょうか?

曜日 起床時間 就寝時間 活動時間 睡眠時間 状態
木曜日 6時 23時 17時間 7時間 良好
金曜日 6時 深夜2時 20時間 8時間 夜更かし
土曜日 10時 深夜2時 16時間 8時間 夜更かし
日曜日 10時 深夜2時 16時間 4時間 眠れない
月曜日 6時 23時 17時間 7時間 寝不足

一つの例として表を作成しました。金曜日から夜更かしして、土曜日も夜遅くまで起きています。日曜日の朝は夜更かししているので朝起きる時間は遅くなります。そうすると夜眠る時間を戻そうと23時頃にお布団に入っても眠れません。なぜなら、活動時間がまだ13時間と短くまだ体が入眠のための準備が出来ていないからです。眠くなる時間は結局夜更かしした時間と変わらなくなり、月曜日は6時に起きないといけないため睡眠時間4時間と短くなり、昼間に強い眠気が襲ってくる状態になります。

だから、平日も休日も規則正しい生活をすることが睡眠にはいいのです。

仕事や勉強の作業効率・生産性を上げるなら十分な睡眠が必要

仕事が忙しいから睡眠時間を削る、受験勉強や試験勉強のために睡眠時間を削ることは作業効率や記憶力を低下させるため、良い結果が残せない可能性が高いです。睡眠時間を削ることは、寝不足の状態ですし、睡眠不足なので、体も脳も疲れが完全に取れていない状態で疲労が蓄積されています。その状態が続くことで能率が低下します。しっかりと睡眠時間を確保したほうが能率を上げることができ効率的だということが分かっています。

平日の5日間睡眠不足が続いたとして、休日の2日は充分な睡眠を取っても睡眠不足が蓄積した分は解消しないと言われています。これが睡眠負債と言われるものです。睡眠不足による疲労が溜まっているときには、規則正しい生活を送り、毎日十分な睡眠時間を確保することが大切になります。

適度な運動で昼間の眠気を吹き飛ばし良い睡眠にする

お昼を過ぎると眠くなってきます。14時から16時には睡魔が襲ってきてあくびがでて、集中力が欠けてきます。この午後の睡魔を解消するためには昼寝がいいです。20~30分ほどの昼寝をすることで午後の眠気が収まるのと頭がスッキリするので効率が良くなります。

夜の睡眠のことを考えると適度な運動をすることもおすすめ。運動をすることで日中はしっかりと目が覚めて眠気を感じることがなくなります。そして、軽い運動は日中は爽やかさ、爽快感など気持ちを良くしてくれる効果がありますが、夜になると心地よい疲労感に変わり、眠気を誘い、自然に眠ることができるようになります。

眠ろうと意気込み布団に入らない

昼寝をしてしまった、朝起きるのが遅かったために、いつも寝ている時間になっても頭が冴えてしまい眠れないという焦りから、お布団やベッドに入って横になれば寝れるだろうとか、翌朝早いから早い時間から就寝しようと思って横になると余計に眠れなくなってしまいます。

人間は毎日同じ時間に眠れるというものではありません。季節やその日の活動量によって寝付ける時間が変わってきます。そのため、眠くないのに布団に入ると眠らないといけないと思って緊張してしまい余計に眠れなくなってしまうことがあります。眠くなってから横になるとスムーズに眠ることができます。

睡眠中のこんな症状には注意

眠っているときのいびきなどは自分では分からないものですが、家族から言われたりするときには注意が必要です。また、自分のいびきなどの音で起きてしまうこともあります。寝ている間に次のような症状があるときには病院に相談したほうが良いかも知れません。

・睡眠中の大きないびき
・呼吸が止まる睡眠時無呼吸症候群の疑い
・睡眠中の足のムズムズ感や熱感はレストレスレッグス症候群の疑い
・睡眠中に手足がピクピク動くのは周期性四肢運動障害の疑い
・歯ぎしり

また、寝ているときではなく起ているときに

・寝付きの悪さ
・朝早くに目が覚める
・熟睡できない
・日中に強い眠気がある

といったときには、うつ病やナルコレプシーなどの可能性があるので専門家に相談したほうがいいかも知れません。

眠れない苦しさを抱え込まない

眠れない日々が続くと不安になりますし、孤独感を感じることがあります。さらに、睡眠時間が短いため日中にあくびが頻繁に出たり、強い眠気に襲われることもあります。仕事中にも関わらず居眠りしてしまうことも。集中力が足りない、だらけている、よふかしするからだと言われて、その苦しさを分かってくれる、理解してくれる人は少ないです。

少しおかしいなと思ったら専門家に相談して話しを聞いてもらうだけでも気持ちが楽になります。

まとめ

睡眠は、とても大切なことです。今までは寝不足でも、その分を他の日に回して寝だめして睡眠不足を解消するという方法をしてきました。でも、睡眠不足はそのときどきで解消されるのではなく蓄積されていくことが分かってきました。睡眠不足が続くことで足りていない分が蓄積される睡眠負債という言葉が出てきました。

睡眠不足の人は、うつ病や認知症などになる確率が高くなるという結果があります。しかし、1年や2年で現れるのではなく何十年という睡眠負債の蓄積が脳の疲労を蓄積させ、何十年と経ったころに発症してしまいます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

できる人ほど睡眠を大切にしているという真実|眠りへのこだわり

睡眠を軽視する傾向にあるけど、日本のトップにいる人は睡眠をとても大切にしています。朝早く起きて、夜遅く寝る人ができるようなイメージがありますが、できる人は睡眠時間を削ってその分、努力していると思われがちですが、しっかりと […]

理想の睡眠時間って何時間?睡眠不足だと身体にどんな影響があるの?

寝不足が続くと身体がだるくなったり、判断が鈍くなったりすることがありますよね。でも、睡眠時間って何時間が理想なのか知っていますか。6時間、7時間、8時間・・・何時間が理想の睡眠時間なのでしょう。また、睡眠不足ではなく睡眠 […]

肩こりなどの緊張で眠れないときに体をほぐす3つの1分ストレッチ法

パソコンやスマホを使うことが多くなりました。仕事だけではなく学校でもパソコンを使うことがありますし、家に帰ってきてからもパソコンを使ったり、スマホ操作をするため肩こりや背中に痛みを感じることがあります。これは、筋肉が緊張 […]

睡眠不足でもスッキリ起きれる3つの理由|大切なのは・・・

5時間しか寝ていないのにスッキリを起きれるときもあれば、8時間寝ても疲れが取れないとかまだ眠いときがあります。これには、きちんとした原因があります。眠ったときにはノンレム睡眠とレム睡眠が約90分間隔で交互に訪れます。この […]

明日朝が早いのに眠れない!睡眠できない理由と短時間でもスッキリ起きる6つの方法

明日は仕事を片付けるために早く家を出たい、出張があるから早く起きないといけない、学校があるから明日はいつもより朝は早く起きないといけいないときってありますよね。いつもより早く寝ようと思ってベッドやお布団に入って横になるけ […]

仕事が不規則で睡眠時間がバラバラ!寝るべき時間・徹夜・海外旅行

仕事をするようになると生活リズムが大きく変動しますよね。残業になったり、徹夜したり、出張に行ったり、付き合いで夜は飲みに行ったりすることもあります。そうなると、睡眠時間が不規則になり、疲れが取れないことも増えてきます。睡 […]

ストレスで眠れない原因と効果のあるリラックス法で対策

ストレスで眠れないということを実感することってありますか。ストレスって目に見えないものなだけに、何がストレスなのか分かっていませんでした。でも、寝不足が続いて病院の先生に診てもらったときにストレスが一つの原因かも知れませ […]

睡眠に良い室内温度と湿度とは?夏と冬の快眠室温を知ろう!

寝室の湿度や室温を気にして設定することは少ないと思います。夏は少し暑くてもエアコンは付けずに扇風機だけにして節電したり、冬は暖房を付けないでコタツの中だけが暖かくて部屋は寒く何枚も重ねた布団で寝るという人も多いと思います […]

朝起きたときの眠気を取り除き最高のコンディションにする11の方法

眠ること(睡眠)と起きること(覚醒)は別々のものではなく一連の動作になっています。朝起きてから眠るまでの行動が室の高い睡眠を作り出し、最高のコンディションやパフォーマンスを引き出すことができます。良い睡眠がスッキリした寝 […]

朝起きても頭がスッキリしない・ボ~ッとするときの5つの解消法

朝目覚めたときに頭がボ~ッとするときがあります。目が覚めたら「寝たぁ、スッキリしたぁ」という感覚を味わうことが少なくなったような気がします。でも、起きたときから頭がスッキリしていると1日の始まりが良いものになる気がしませ […]

起きられない・起きれない朝の5の原因と3つの簡単な対策

朝、起きられない・起きれない人は多いと思います。私もそうですが、目覚まし時計を何個もセットしたり、誰かに起こしてもらわないと起きないし、二度寝も良くします。起きられないのは寝るのが遅いのが原因だろうと思っていますが、それ […]

疲れを取るためには睡眠の質を上げることが重要!正しい寝具類の選び方

翌日に疲れを残さないためには、睡眠の質を上げることが大切になります。ただ、布団やベッドに入って寝るだけではなく、寝室の温度や湿度、季節ごとに寝具を替えたり、寝る姿勢も気にしてみたり、マットレス・掛け布団・枕・パジャマなど […]

睡眠の質を高めるのは睡眠直後の90分!これで脳と体の働きが良くなる

睡眠時間が足りなくて寝不足が続いているという人も多いと思います。今は、寝不足でも脳も体も働いてくれます。ただ、お昼ごはんを食べたあとの午後2時頃になると睡魔が襲ってきますが、お腹がいっぱいで眠気がするだけと思っていました […]

徹夜するときの仮眠の取り方|効率を上げる睡眠時間

受験勉強で徹夜して学習したり、仕事でどうしても朝までに仕上げないといけない資料作成などがあるときなど、徹夜になるときは一睡もしないで仕事をしても睡魔に襲われたり、頭が働かなくなり効率が一気に落ちてしまいます。徹夜をすると […]

日中に眠気が襲ってくる原因と睡魔を撃退する5つの対策

会社で仕事をしていたり、学校で勉強していたりすると眠くなってくる時間帯があります。その時間帯は14時~16時頃です。あなたも同じ時間に眠くなることがあると思いますが、体内時計が正常な証です。でも、眠気が強いときには他の原 […]

睡眠前に入浴するよりも90分前にお風呂に入ったほうがすぐに眠れる|時間が無いときは

お風呂に入ったら湯冷めする前にお布団に入って眠ったほうが良いと言われますが、汗をかいたり、眠れなかったりすることがあります。実は、入浴直後に寝ようとしても、すぐには眠れないのは当たり前なのです。睡眠前に入浴するよりも90 […]

快適な睡眠は寝る前のルーティンが大事!脳は外的要因を受けやすい

枕が変わると眠れない、飛行機の中では眠れない、旅行先のホテルや旅館で眠れないという人は多いです。これにはきちんとした理由があります。主に脳が関係していますが、いつもと違う睡眠環境になることが原因で眠れないそうです。いつも […]

夜眠れないときや帰りが遅いときにぐっすり眠る睡眠法

目がパッチリと覚めてしまっていてベッドや布団に入っても眠れないときや、帰りが遅くなってしまったけど何か高ぶっていて眠れそうにないときに眠れるようにするための方法があります。寝たいのに寝れない、翌日も早いのに眠れないときに […]

睡眠に大切な体温を上手く調節して質の良い眠りにする3つの方法

質の良い睡眠にするためには体温調整を上手くすることが大切です。一度、深部体温を上げて皮膚体温との開きを大きくし、深部体温を下げようと手足から体の中の熱を放熱しなから深部体温を下げていき、深部体温と皮膚体温の差が縮まると体 […]

睡眠負債とは何?睡眠不足とは違うの?睡眠時間が短いのは実は怖いことだった!

睡眠負債という言葉を知っていますか?睡眠不足は聞いたことがあるけど、睡眠負債は睡眠不足と何が違うのか分かっていませんでした。眠るという人間の行為は、かなり重要なもので睡眠時間が短いということを自慢する人もいますが、睡眠時 […]

眠れないときに試したい眠くなる方法|不安やストレスを取り除く

夜眠れない原因が不安や心配事などのストレスのときがあります。布団に入っても考え事をして眠れない原因になります。会社の仕事が忙しかったり、ミスをしてしまったり、トラブルがあったりしたときは気になってしまい眠れないことがあり […]

緊張して眠れないときに10分で眠くなる10のリラックス方法

大事なことが控えているときや、何か気になること、失敗して怒られたときなど緊張していて、眠いのに眠れないことってありますよね。学生の頃は受験前日・試験前、社会人になってからは、重要なプレゼン・成果発表・ミスして迷惑を掛けた […]

眠りたいのに眠れないのはなぜ?体内リズムを整えて快適な睡眠をする10の方法

布団に入っても眠れないことがあります。休みの日にお昼ぐらいまで寝てしまったり、昼寝をすると夜はいつもより眠くなる時間が遅くなります。人間の体は、起きてから眠くなるまでの時間、つまりは体内時計があり体内時計を整えることで日 […]

夜眠れない原因と眠気がこないときに安眠するための10の方法

仕事や勉強・家事・体を動かしたりなどして疲労が溜まり疲れているのに、夜、お布団やベッドに入っても眠れない、眠りがやってこない日が続くことがあります。昨日も一昨日も寝付けなかったし、今日も眠れそうにない・・・。お布団に入っ […]

眠れないときに眠くなる方法|寝室の環境を整え気分を変えてみる

夜眠れない日々が続いていたり、不眠症のときには寝室の環境を整えることで気分を変えてみると自然に眠ることできるかも知れません。今まで、寝るときに平気だったことが何かをきっかけに睡眠の質を低下させたり、邪魔したりすることがあ […]

すぐに眠るために必要が要素は2つ|ぐっすり睡眠の秘訣

横になったら、すぐに眠ることができていたのに、いつのまにか横になっても中々眠れずに睡眠不足になっていたということがありませんか。私は、仕事が忙しくてはじめの頃は眠気に襲われていまいたが、そのうち、慣れてきたのか、眠気もな […]

眠気が襲ってきたときに完全に睡魔に打ち勝つための4つの方法

昼食後の14時くらいや単調で同じ作業をしていたり、つまらない会議などのときに眠気が襲ってくることがあります。仕事中だし、周りに人がいるから眠る訳にもいかないけど睡魔には勝てず瞼(まぶた)が落ちてくるし、頭もコクンコクンと […]

睡眠中に脳や体に何が起きているの?眠りに隠された5つのこと

人間は夜になれば眠くなるから眠るという習慣になっていますが、睡眠中には様々なことが脳や体で行われています。自分では全く気づきませんが、寝ている間でも脳や体は完全に休んでいる訳ではなく、活動を続けていて翌日に備えています。 […]

夜眠れないときに試したい!手軽にできる4つのリラックス法

夜、いつも眠る時間になって布団に入っても中々眠ることができないときがあります。明日の朝も早く起きないといけないのにこのままでは寝不足になっちゃうから、眠らないとと思うとますます眠れないことがあります。布団に入ったら自然に […]

関連コンテンツ