リピした日焼け止め!アロベビー

アロベビーUV&アウトドアミストを使った感想
 
アロベビーUV&アウトドアミスト100%天然成分で出来ていて赤ちゃんや敏感肌の人も使える日焼け止めスプレーです。虫よけ効果もあり一石二鳥。雑誌や有名タレントもブログで紹介しているアロベビーUV&アウトドアミストを使った感想を書いています。 市販のよりも少し高いですが赤ちゃんや子供に使うものだと思えば安いものだと思います。

【おすすめ】気になる子供の勉強法

子供の成績を上げてくれたWEB学習「スタディサプリ」
 
小学4年生から中学3年生までを対象にしたオンラインサービスで学習できる「スタディサプリ」を実際に使って成績が上がった人の体験談です。1週間の無料体験があり、月額料金は980円(税抜)という費用でもコンテンツが豊富!成績を上げた方法、使い方など詳しくまとめられています。

緊張して眠れないときに10分で眠くなる10のリラックス方法


大事なことが控えているときや、何か気になること、失敗して怒られたときなど緊張していて、眠いのに眠れないことってありますよね。学生の頃は受験前日・試験前、社会人になってからは、重要なプレゼン・成果発表・ミスして迷惑を掛けたときなど、色々なことを考えて緊張して眠れません。そんな調子で、翌日をむかえたら睡眠不足で本来の力を発揮できませんよね。緊張して眠れない原因と緊張を解してリラックスして眠るための方法をお伝えします。

スポンサーリンク


緊張して眠れない原因

人間の身体は、自分が意識しなくても生命維持・生命活動できるように自立神経というものがあります。この自立神経は、交感神経と副交感神経の2種類があり、お互いにバランスを取り合いながら身体を活動モードにしたり、リラックスモードに切り替えています。

交感神経は身体を活動モードにする。
副交感神経は身体をリラックスモードにする。

という働きがあります。

1日の日常生活の中では、朝起きたとき交感神経が優位になり活動モードになり体も脳もフル回転状態になります。日中の活動で疲れが溜まる夜には副交感神経が優位になりリラックスモードに切り替わり、眠るための準備が行われます。

でも、不安やイライラ・気になることがあると眠るときも交感神経が優位になるので体や脳は疲れていて眠りたいのに眠れない状況になります。緊張から眠ることが出来ないときには、緊張をほぐすためのリラックス方法を試すとスーっと眠ることができます。ストレスケアができると睡眠の質も大きく変わってきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています



ストレスで眠れない原因と効果のあるリラックス法で対策

ストレスで眠れないということを実感することってありますか。ストレスって目に見えないものなだけに、何がストレスなのか分かっていませんでした。でも、寝不足が続いて病院の先生に診てもらったときにストレスが一つの原因かも知れませ […]



明日朝が早いのに眠れない!睡眠できない理由と短時間でもスッキリ起きる6つの方法

明日は仕事を片付けるために早く家を出たい、出張があるから早く起きないといけない、学校があるから明日はいつもより朝は早く起きないといけいないときってありますよね。いつもより早く寝ようと思ってベッドやお布団に入って横になるけ […]



睡眠に良い室内温度と湿度とは?夏と冬の快眠室温を知ろう!

寝室の湿度や室温を気にして設定することは少ないと思います。夏は少し暑くてもエアコンは付けずに扇風機だけにして節電したり、冬は暖房を付けないでコタツの中だけが暖かくて部屋は寒く何枚も重ねた布団で寝るという人も多いと思います […]



疲れを取るためには睡眠の質を上げることが重要!正しい寝具類の選び方

翌日に疲れを残さないためには、睡眠の質を上げることが大切になります。ただ、布団やベッドに入って寝るだけではなく、寝室の温度や湿度、季節ごとに寝具を替えたり、寝る姿勢も気にしてみたり、マットレス・掛け布団・枕・パジャマなど […]



睡眠中に脳や体に何が起きているの?眠りに隠された5つのこと

人間は夜になれば眠くなるから眠るという習慣になっていますが、睡眠中には様々なことが脳や体で行われています。自分では全く気づきませんが、寝ている間でも脳や体は完全に休んでいる訳ではなく、活動を続けていて翌日に備えています。 […]



夜眠れない原因と眠気がこないときに安眠するための10の方法

仕事や勉強・家事・体を動かしたりなどして疲労が溜まり疲れているのに、夜、お布団やベッドに入っても眠れない、眠りがやってこない日が続くことがあります。昨日も一昨日も寝付けなかったし、今日も眠れそうにない・・・。お布団に入っ […]



眠気が襲ってきたときに完全に睡魔に打ち勝つための4つの方法

昼食後の14時くらいや単調で同じ作業をしていたり、つまらない会議などのときに眠気が襲ってくることがあります。仕事中だし、周りに人がいるから眠る訳にもいかないけど睡魔には勝てず瞼(まぶた)が落ちてくるし、頭もコクンコクンと […]



肩こりなどの緊張で眠れないときに体をほぐす3つの1分ストレッチ法

パソコンやスマホを使うことが多くなりました。仕事だけではなく学校でもパソコンを使うことがありますし、家に帰ってきてからもパソコンを使ったり、スマホ操作をするため肩こりや背中に痛みを感じることがあります。これは、筋肉が緊張 […]



すぐに眠るために必要が要素は2つ|ぐっすり睡眠の秘訣

横になったら、すぐに眠ることができていたのに、いつのまにか横になっても中々眠れずに睡眠不足になっていたということがありませんか。私は、仕事が忙しくてはじめの頃は眠気に襲われていまいたが、そのうち、慣れてきたのか、眠気もな […]



眠れないときに眠くなる方法|寝室の環境を整え気分を変えてみる

夜眠れない日々が続いていたり、不眠症のときには寝室の環境を整えることで気分を変えてみると自然に眠ることできるかも知れません。今まで、寝るときに平気だったことが何かをきっかけに睡眠の質を低下させたり、邪魔したりすることがあ […]



睡眠負債とは何?睡眠不足とは違うの?睡眠時間が短いのは実は怖いことだった!

睡眠負債という言葉を知っていますか?睡眠不足は聞いたことがあるけど、睡眠負債は睡眠不足と何が違うのか分かっていませんでした。眠るという人間の行為は、かなり重要なもので睡眠時間が短いということを自慢する人もいますが、睡眠時 […]



夜眠れないときに試したい!手軽にできる4つのリラックス法

夜、いつも眠る時間になって布団に入っても中々眠ることができないときがあります。明日の朝も早く起きないといけないのにこのままでは寝不足になっちゃうから、眠らないとと思うとますます眠れないことがあります。布団に入ったら自然に […]



起きられない・起きれない朝の5の原因と3つの簡単な対策

朝、起きられない・起きれない人は多いと思います。私もそうですが、目覚まし時計を何個もセットしたり、誰かに起こしてもらわないと起きないし、二度寝も良くします。起きられないのは寝るのが遅いのが原因だろうと思っていますが、それ […]



できる人ほど睡眠を大切にしているという真実|眠りへのこだわり

睡眠を軽視する傾向にあるけど、日本のトップにいる人は睡眠をとても大切にしています。朝早く起きて、夜遅く寝る人ができるようなイメージがありますが、できる人は睡眠時間を削ってその分、努力していると思われがちですが、しっかりと […]



眠れない!寝たい!睡眠不足!睡眠が体に与える12のこと

睡眠不足を感じている人は多いです。私も眠いのに変にハイテンションになっていて眠れない日々が続くときがあります。そうなると寝たいのに眠れない、寝てもすぐに目覚めてしまったり、いつも以上に早く起きてしまい寝不足になります。睡 […]



徹夜するときの仮眠の取り方|効率を上げる睡眠時間

受験勉強で徹夜して学習したり、仕事でどうしても朝までに仕上げないといけない資料作成などがあるときなど、徹夜になるときは一睡もしないで仕事をしても睡魔に襲われたり、頭が働かなくなり効率が一気に落ちてしまいます。徹夜をすると […]



眠れないときに試したい眠くなる方法|不安やストレスを取り除く

夜眠れない原因が不安や心配事などのストレスのときがあります。布団に入っても考え事をして眠れない原因になります。会社の仕事が忙しかったり、ミスをしてしまったり、トラブルがあったりしたときは気になってしまい眠れないことがあり […]



朝起きても頭がスッキリしない・ボ~ッとするときの5つの解消法

朝目覚めたときに頭がボ~ッとするときがあります。目が覚めたら「寝たぁ、スッキリしたぁ」という感覚を味わうことが少なくなったような気がします。でも、起きたときから頭がスッキリしていると1日の始まりが良いものになる気がしませ […]



日中に眠気が襲ってくる原因と睡魔を撃退する5つの対策

会社で仕事をしていたり、学校で勉強していたりすると眠くなってくる時間帯があります。その時間帯は14時~16時頃です。あなたも同じ時間に眠くなることがあると思いますが、体内時計が正常な証です。でも、眠気が強いときには他の原 […]



朝起きたときの眠気を取り除き最高のコンディションにする11の方法

眠ること(睡眠)と起きること(覚醒)は別々のものではなく一連の動作になっています。朝起きてから眠るまでの行動が室の高い睡眠を作り出し、最高のコンディションやパフォーマンスを引き出すことができます。良い睡眠がスッキリした寝 […]



仕事が不規則で睡眠時間がバラバラ!寝るべき時間・徹夜・海外旅行

仕事をするようになると生活リズムが大きく変動しますよね。残業になったり、徹夜したり、出張に行ったり、付き合いで夜は飲みに行ったりすることもあります。そうなると、睡眠時間が不規則になり、疲れが取れないことも増えてきます。睡 […]



睡眠の質を高めるのは睡眠直後の90分!これで脳と体の働きが良くなる

睡眠時間が足りなくて寝不足が続いているという人も多いと思います。今は、寝不足でも脳も体も働いてくれます。ただ、お昼ごはんを食べたあとの午後2時頃になると睡魔が襲ってきますが、お腹がいっぱいで眠気がするだけと思っていました […]



理想の睡眠時間って何時間?睡眠不足だと身体にどんな影響があるの?

寝不足が続くと身体がだるくなったり、判断が鈍くなったりすることがありますよね。でも、睡眠時間って何時間が理想なのか知っていますか。6時間、7時間、8時間・・・何時間が理想の睡眠時間なのでしょう。また、睡眠不足ではなく睡眠 […]



夜眠れないときや帰りが遅いときにぐっすり眠る睡眠法

目がパッチリと覚めてしまっていてベッドや布団に入っても眠れないときや、帰りが遅くなってしまったけど何か高ぶっていて眠れそうにないときに眠れるようにするための方法があります。寝たいのに寝れない、翌日も早いのに眠れないときに […]



睡眠に大切な体温を上手く調節して質の良い眠りにする3つの方法

質の良い睡眠にするためには体温調整を上手くすることが大切です。一度、深部体温を上げて皮膚体温との開きを大きくし、深部体温を下げようと手足から体の中の熱を放熱しなから深部体温を下げていき、深部体温と皮膚体温の差が縮まると体 […]



快適な睡眠は寝る前のルーティンが大事!脳は外的要因を受けやすい

枕が変わると眠れない、飛行機の中では眠れない、旅行先のホテルや旅館で眠れないという人は多いです。これにはきちんとした理由があります。主に脳が関係していますが、いつもと違う睡眠環境になることが原因で眠れないそうです。いつも […]



眠りたいのに眠れないのはなぜ?体内リズムを整えて快適な睡眠をする10の方法

布団に入っても眠れないことがあります。休みの日にお昼ぐらいまで寝てしまったり、昼寝をすると夜はいつもより眠くなる時間が遅くなります。人間の体は、起きてから眠くなるまでの時間、つまりは体内時計があり体内時計を整えることで日 […]



睡眠不足でもスッキリ起きれる3つの理由|大切なのは・・・

5時間しか寝ていないのにスッキリを起きれるときもあれば、8時間寝ても疲れが取れないとかまだ眠いときがあります。これには、きちんとした原因があります。眠ったときにはノンレム睡眠とレム睡眠が約90分間隔で交互に訪れます。この […]



睡眠前に入浴するよりも90分前にお風呂に入ったほうがすぐに眠れる|時間が無いときは

お風呂に入ったら湯冷めする前にお布団に入って眠ったほうが良いと言われますが、汗をかいたり、眠れなかったりすることがあります。実は、入浴直後に寝ようとしても、すぐには眠れないのは当たり前なのです。睡眠前に入浴するよりも90 […]

10のリラックス法で深い睡眠を得る

眠るというのは生活をする上で重要なことです。寝不足のまま翌日を迎えると、ずっと頭がボ~ッとしていたり、やる気が無かったり、瞼が重くて二度寝してしまったりと良いことがありません。人の体とは不思議なもので緊張していたり、気になることがあっても眠れてしまうこと。しっかり、睡眠を取って翌日起きたときに解決方法が思い浮かだり、やる気に満ちていることもありますので、まずはしっかりと睡眠を取って翌日を向かえましょう。

全身の力を抜く

眠るときはリラックスした状態で入眠することができます。緊張した状態のままでは、眠れるものも眠れません。そこで、お布団に入ったときに全身の力を抜くリラックス法をして、自立神経のバランスを整えて眠れる環境を作ります。全身の力を抜くための手順は3つです。

1.顎(あご)の力を抜く
2.目の筋肉をほぐす
3.全身の筋肉を緩める

では、それぞれの方法をお伝えしますね。

顎の力を抜く方法

ベッドで横になった状態のまま行ないます。

・下の歯を前後に10回動かす
・下の歯を左右に10回動かす
・あごを少し上に出す

たったこれだけです。下の歯を前後にという動きは顎を前に出す感覚です。この動きをすることで顎を動かす咬筋(こうきん)という筋肉をほぐすことができます。この咬筋をほぐすのは、集中しているときや緊張しているとき、無意識に奥歯に力を入れていて、咬筋が緊張状態のままになり筋肉が硬くなり血流が悪くなっているので、これを改善するために行ないます。

目の筋肉をほぐす方法

ベッドで横になった状態のまま行ないます。

・目を閉じて眼球を左右に5回まわす

目の筋肉は、上下左右に動かす6本の外眼筋によって動いています。スマホやパソコンを見ることが多く一点を見る時間が長くなると外眼筋が緊張した状態が続きます。そのため、目を動かすことで目の筋肉をほぐして上げて、目の筋肉全体も緩めることで緊張状態を解きます。

全身の筋肉を緩める方法

ベッドで横になった状態のまま行ないます。

・5秒間、全身にグッと力を入れる
・10秒間、全身の力を抜いた状態にする
・ゆっくりと呼吸をしながら、つま先→足首→ふくらはぎ→ひざ→太もも→お尻→お腹→背中→胸→手の指→手首→肩→腕全体→首と全身の力を抜いていく

全身の筋肉を緩めていくことを意識することで、リラックスすることができ、重かった体か軽くなっていくのか感じることができます。つま先から頭のほうに徐々に力を抜いていくと、自然な眠り、深い眠りにすることができます。

片鼻呼吸法

鼻は左右で自立神経が違います。右の鼻は交感神経、左の鼻は副交感神経につながっています。

・右の鼻の穴を押させて呼吸をする
・左の鼻の穴を押させて呼吸をする

このとき、左の鼻が詰まっているときは交感神経が優位に働いている状態だと判断できます。このときには、ヨガの片鼻呼吸法をすることで自立神経を整えることができます。

【片鼻呼吸法のやり方】

・右鼻を押させて左鼻で4秒掛けて息を吸う
・左鼻を押させて右鼻で4秒掛けて息を吐く
・左鼻を押させて右鼻で4秒掛けて息を吸う
・右鼻を押させて左鼻で4秒掛けて息を吐く

片鼻呼吸法をすることで、鼻の通りが良くなり体に空気をたくさん取り入れることができるようになることでリラックス効果があります。

凝っている部分を温める

筋肉が凝り固まっていると血行が悪くなります。血流が悪いと筋肉が緊張した状態のままになり交感神経が優位になるため眠りを妨げますし、首や肩のコリがひどいと痛みで眠れません。そこで、凝っている部分、特に目のまわり・首の後ろ・腰・背中・お腹を温めることで血流を改善して緊張を解きほぐしてあげます。

特に目のまわりの筋肉を温めてあげると全身が温まります。

・温めたタオルを目の上に置く

目のまわりを温めることで血管が開いて、しばらくすると手足が温まるのを感じることができます。目のまわりだけではなく、首の後ろ・腰・背中・お腹の気になる部分を同時に温めてあげると、よりリラックス効果が高まります。

手で目を温める

手当てという言葉がありますよね。優しくさすったり、なでたり、揉んだりすることでリラックス効果や癒す効果を発揮します。手というのはぬくもりを感じやすいです。ヨガでは、眼の疲れを解消する方法として照気法というのがあります。

・手をこすり合わせて温める
・両目を閉じる
・手のひらを瞼に当てる
・鼻から息を吸って、口から息を吐く(10回)

眼の緊張をほぐして血行を促進してくれます。眠るときだけではなく、眼が疲れたとき、かすむとき、ドライアイのとき、しばしばするときなどに仕事中などに試しても良い方法です。目を癒すことで視界が明るくなりますし、目の疲れは脳に直結しているので脳もリフレッシュすることができます。

星空を眺める

星空を眺めるだけで熟睡することができます。「それ、分かる」という人もいるかもしれませんね。プラネタリウムでいびきをかいて寝ている人もいますが、満天の星空を眺めるだけで寝付きが良くなるということが実験で分かっています。星空を眺めて寝ると

・寝付きがよくなる
・深い眠りになる
・寝起きがよくなる

ということが分かっています。

寝室で家庭用プラネタリウムを使ってもいいと思います。安いのは3千円から1万円程度の物もあり、手頃な価格で買うことができます。寝る前に窓から星空を眺めるだけでも大丈夫です。

これは瞳孔の開き方に注目したリラックス法です。

瞳孔の大きさは視線が近いか遠いかで違います。近くを見るときは瞳孔が大きく開き、遠くを見るときは収縮します。睡眠に関係している自立神経で言うと、交感神経が優位な活動モードのときは瞳孔が開き、副交感神経が優位なリラックスモードのときは瞳孔が収縮します。瞳孔が収縮することはリラックス効果があるので遠くを見ることでリラックスすることができる訳です。

パソコンやスマホなど近くで見ることが多いので緊張状態が続いていることになります。遠くをみてリラックスして眠るといいです。

ハーブドリンクを飲む

ハーブティーは、ほとんどがノンカフェインだから、寝る前に飲んでも安心です。ハーブティーは、香りだけではなく味も楽しめるのでいいです。リラックス効果のあるハーブは、

・カモミール
・ペパーミント
・レモングラス
・ラベンダー
・リンデン
・セントジョーンズワート
・ローズ

などがあり、好みのハーブを選んで飲むといいです。夏は炭酸割り、冬はお湯割りで飲むといいです。ハーブのリラックス効果で自然な入眠と深い睡眠へと導いてくれます。

リラックスできる言葉を思い浮かべる

人間の脳は便利なもので、頭に思い描いた文字が本当の言葉のような感覚になれます。なので、寝るときにリラックスできる言葉、休む・リラックス・静か・気持ちいい・穏やかなどの言葉を頭の中に思い浮かべるだけで、思い浮かべた状態を感じることができます。

他にも、幸せ・安らぎ・心地いい・楽しい・嬉しいなどがおすすめ。

言葉を思い浮かべることは、思い込みの力の効果を使って眠りに導く方法です。

泣く

我慢して、頑張って、辛い思いをして、イライラしたり、落ち込んだり、悲しんだりしても表に出さないで人に悟られないようにすることが多いと思います。でも、泣くことは、涙を流すことはリラックス効果があると分かっています。

泣ける映画
泣ける話
泣けるスピーチ

など、感動して泣ける、悲しくて泣けるものなど自分が泣けるものを選んで涙を流します。涙を流すことで感情を開放することができ癒やされます。泣くことで緊張が解けて、副交感神経が優位になるからこそ泣けて、ストレス解消につながります。

横になって瞑想する

瞑想と聞くと難しそうだと思うかも知れませんが、瞑想のやり方は簡単なものから難しいものまであります。簡単にできる瞑想方法は、

・ベッドで仰向けに寝る
・足を肩幅に開く
・手のひらを天井に向ける
・眉間に意識を集中する
・ゆっくりと深呼吸する
・頭の中では余計なことは考えない
・意識を呼吸に向ける

です。仰向けに寝て深呼吸をするだけです。このとき、余計なことを考えないで呼吸することに意識をして、頭の中を空っぽにするのがポイントです。

緊張している原因を書き出す

頭の中で、不安やイライラ・嫌なことを考えていると眠れません。これらが原因で緊張し、眠るときに交感神経が優位になるので眠れないのです。でも、その不安・イライラ・嫌なことなどを頭の中だけに入れておくと余計に眠れません。

そんなときは、ノートに思いつく限りのことを書き出します。書き出すことで、気持ちを入れ替えることができ、整理することができると、頭の中がスッキリします。嫌なことや気掛かりなことはひとまずノートに置いておいて、翌日に備えてゆっくりと寝ましょう。

まとめ

眠れない原因が緊張であれば、その緊張をほぐすことで眠る環境を作ることができます。緊張をほぐす方法を10個紹介しましたが、すべてを行なう必要はありません。自分に合った方法や、そのときの緊張している原因にあった方法を選ぶといいです。

実際に私が行なってみて眠れると思った方法です。

さらに、今はハーブドリンクは周りの方に教えてもらったのを試していますので、感想も紹介したいと思います。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

できる人ほど睡眠を大切にしているという真実|眠りへのこだわり

睡眠を軽視する傾向にあるけど、日本のトップにいる人は睡眠をとても大切にしています。朝早く起きて、夜遅く寝る人ができるようなイメージがありますが、できる人は睡眠時間を削ってその分、努力していると思われがちですが、しっかりと […]

明日朝が早いのに眠れない!睡眠できない理由と短時間でもスッキリ起きる6つの方法

明日は仕事を片付けるために早く家を出たい、出張があるから早く起きないといけない、学校があるから明日はいつもより朝は早く起きないといけいないときってありますよね。いつもより早く寝ようと思ってベッドやお布団に入って横になるけ […]

睡眠の質を高めるのは睡眠直後の90分!これで脳と体の働きが良くなる

睡眠時間が足りなくて寝不足が続いているという人も多いと思います。今は、寝不足でも脳も体も働いてくれます。ただ、お昼ごはんを食べたあとの午後2時頃になると睡魔が襲ってきますが、お腹がいっぱいで眠気がするだけと思っていました […]

睡眠に大切な体温を上手く調節して質の良い眠りにする3つの方法

質の良い睡眠にするためには体温調整を上手くすることが大切です。一度、深部体温を上げて皮膚体温との開きを大きくし、深部体温を下げようと手足から体の中の熱を放熱しなから深部体温を下げていき、深部体温と皮膚体温の差が縮まると体 […]

夜眠れないときや帰りが遅いときにぐっすり眠る睡眠法

目がパッチリと覚めてしまっていてベッドや布団に入っても眠れないときや、帰りが遅くなってしまったけど何か高ぶっていて眠れそうにないときに眠れるようにするための方法があります。寝たいのに寝れない、翌日も早いのに眠れないときに […]

眠れない!寝たい!睡眠不足!睡眠が体に与える12のこと

睡眠不足を感じている人は多いです。私も眠いのに変にハイテンションになっていて眠れない日々が続くときがあります。そうなると寝たいのに眠れない、寝てもすぐに目覚めてしまったり、いつも以上に早く起きてしまい寝不足になります。睡 […]

朝起きたときの眠気を取り除き最高のコンディションにする11の方法

眠ること(睡眠)と起きること(覚醒)は別々のものではなく一連の動作になっています。朝起きてから眠るまでの行動が室の高い睡眠を作り出し、最高のコンディションやパフォーマンスを引き出すことができます。良い睡眠がスッキリした寝 […]

肩こりなどの緊張で眠れないときに体をほぐす3つの1分ストレッチ法

パソコンやスマホを使うことが多くなりました。仕事だけではなく学校でもパソコンを使うことがありますし、家に帰ってきてからもパソコンを使ったり、スマホ操作をするため肩こりや背中に痛みを感じることがあります。これは、筋肉が緊張 […]

眠れないときに試したい眠くなる方法|不安やストレスを取り除く

夜眠れない原因が不安や心配事などのストレスのときがあります。布団に入っても考え事をして眠れない原因になります。会社の仕事が忙しかったり、ミスをしてしまったり、トラブルがあったりしたときは気になってしまい眠れないことがあり […]

眠りたいのに眠れないのはなぜ?体内リズムを整えて快適な睡眠をする10の方法

布団に入っても眠れないことがあります。休みの日にお昼ぐらいまで寝てしまったり、昼寝をすると夜はいつもより眠くなる時間が遅くなります。人間の体は、起きてから眠くなるまでの時間、つまりは体内時計があり体内時計を整えることで日 […]

起きられない・起きれない朝の5の原因と3つの簡単な対策

朝、起きられない・起きれない人は多いと思います。私もそうですが、目覚まし時計を何個もセットしたり、誰かに起こしてもらわないと起きないし、二度寝も良くします。起きられないのは寝るのが遅いのが原因だろうと思っていますが、それ […]

夜眠れないときに試したい!手軽にできる4つのリラックス法

夜、いつも眠る時間になって布団に入っても中々眠ることができないときがあります。明日の朝も早く起きないといけないのにこのままでは寝不足になっちゃうから、眠らないとと思うとますます眠れないことがあります。布団に入ったら自然に […]

睡眠負債とは何?睡眠不足とは違うの?睡眠時間が短いのは実は怖いことだった!

睡眠負債という言葉を知っていますか?睡眠不足は聞いたことがあるけど、睡眠負債は睡眠不足と何が違うのか分かっていませんでした。眠るという人間の行為は、かなり重要なもので睡眠時間が短いということを自慢する人もいますが、睡眠時 […]

日中に眠気が襲ってくる原因と睡魔を撃退する5つの対策

会社で仕事をしていたり、学校で勉強していたりすると眠くなってくる時間帯があります。その時間帯は14時~16時頃です。あなたも同じ時間に眠くなることがあると思いますが、体内時計が正常な証です。でも、眠気が強いときには他の原 […]

すぐに眠るために必要が要素は2つ|ぐっすり睡眠の秘訣

横になったら、すぐに眠ることができていたのに、いつのまにか横になっても中々眠れずに睡眠不足になっていたということがありませんか。私は、仕事が忙しくてはじめの頃は眠気に襲われていまいたが、そのうち、慣れてきたのか、眠気もな […]

睡眠に良い室内温度と湿度とは?夏と冬の快眠室温を知ろう!

寝室の湿度や室温を気にして設定することは少ないと思います。夏は少し暑くてもエアコンは付けずに扇風機だけにして節電したり、冬は暖房を付けないでコタツの中だけが暖かくて部屋は寒く何枚も重ねた布団で寝るという人も多いと思います […]

朝起きても頭がスッキリしない・ボ~ッとするときの5つの解消法

朝目覚めたときに頭がボ~ッとするときがあります。目が覚めたら「寝たぁ、スッキリしたぁ」という感覚を味わうことが少なくなったような気がします。でも、起きたときから頭がスッキリしていると1日の始まりが良いものになる気がしませ […]

疲れを取るためには睡眠の質を上げることが重要!正しい寝具類の選び方

翌日に疲れを残さないためには、睡眠の質を上げることが大切になります。ただ、布団やベッドに入って寝るだけではなく、寝室の温度や湿度、季節ごとに寝具を替えたり、寝る姿勢も気にしてみたり、マットレス・掛け布団・枕・パジャマなど […]

夜眠れない原因と眠気がこないときに安眠するための10の方法

仕事や勉強・家事・体を動かしたりなどして疲労が溜まり疲れているのに、夜、お布団やベッドに入っても眠れない、眠りがやってこない日が続くことがあります。昨日も一昨日も寝付けなかったし、今日も眠れそうにない・・・。お布団に入っ […]

睡眠前に入浴するよりも90分前にお風呂に入ったほうがすぐに眠れる|時間が無いときは

お風呂に入ったら湯冷めする前にお布団に入って眠ったほうが良いと言われますが、汗をかいたり、眠れなかったりすることがあります。実は、入浴直後に寝ようとしても、すぐには眠れないのは当たり前なのです。睡眠前に入浴するよりも90 […]

仕事が不規則で睡眠時間がバラバラ!寝るべき時間・徹夜・海外旅行

仕事をするようになると生活リズムが大きく変動しますよね。残業になったり、徹夜したり、出張に行ったり、付き合いで夜は飲みに行ったりすることもあります。そうなると、睡眠時間が不規則になり、疲れが取れないことも増えてきます。睡 […]

ストレスで眠れない原因と効果のあるリラックス法で対策

ストレスで眠れないということを実感することってありますか。ストレスって目に見えないものなだけに、何がストレスなのか分かっていませんでした。でも、寝不足が続いて病院の先生に診てもらったときにストレスが一つの原因かも知れませ […]

睡眠不足でもスッキリ起きれる3つの理由|大切なのは・・・

5時間しか寝ていないのにスッキリを起きれるときもあれば、8時間寝ても疲れが取れないとかまだ眠いときがあります。これには、きちんとした原因があります。眠ったときにはノンレム睡眠とレム睡眠が約90分間隔で交互に訪れます。この […]

眠れないときに眠くなる方法|寝室の環境を整え気分を変えてみる

夜眠れない日々が続いていたり、不眠症のときには寝室の環境を整えることで気分を変えてみると自然に眠ることできるかも知れません。今まで、寝るときに平気だったことが何かをきっかけに睡眠の質を低下させたり、邪魔したりすることがあ […]

快適な睡眠は寝る前のルーティンが大事!脳は外的要因を受けやすい

枕が変わると眠れない、飛行機の中では眠れない、旅行先のホテルや旅館で眠れないという人は多いです。これにはきちんとした理由があります。主に脳が関係していますが、いつもと違う睡眠環境になることが原因で眠れないそうです。いつも […]

睡眠中に脳や体に何が起きているの?眠りに隠された5つのこと

人間は夜になれば眠くなるから眠るという習慣になっていますが、睡眠中には様々なことが脳や体で行われています。自分では全く気づきませんが、寝ている間でも脳や体は完全に休んでいる訳ではなく、活動を続けていて翌日に備えています。 […]

理想の睡眠時間って何時間?睡眠不足だと身体にどんな影響があるの?

寝不足が続くと身体がだるくなったり、判断が鈍くなったりすることがありますよね。でも、睡眠時間って何時間が理想なのか知っていますか。6時間、7時間、8時間・・・何時間が理想の睡眠時間なのでしょう。また、睡眠不足ではなく睡眠 […]

徹夜するときの仮眠の取り方|効率を上げる睡眠時間

受験勉強で徹夜して学習したり、仕事でどうしても朝までに仕上げないといけない資料作成などがあるときなど、徹夜になるときは一睡もしないで仕事をしても睡魔に襲われたり、頭が働かなくなり効率が一気に落ちてしまいます。徹夜をすると […]

眠気が襲ってきたときに完全に睡魔に打ち勝つための4つの方法

昼食後の14時くらいや単調で同じ作業をしていたり、つまらない会議などのときに眠気が襲ってくることがあります。仕事中だし、周りに人がいるから眠る訳にもいかないけど睡魔には勝てず瞼(まぶた)が落ちてくるし、頭もコクンコクンと […]

関連コンテンツ