リピした日焼け止め!アロベビー

アロベビーUV&アウトドアミストを使った感想
 
アロベビーUV&アウトドアミスト100%天然成分で出来ていて赤ちゃんや敏感肌の人も使える日焼け止めスプレーです。虫よけ効果もあり一石二鳥。雑誌や有名タレントもブログで紹介しているアロベビーUV&アウトドアミストを使った感想を書いています。 市販のよりも少し高いですが赤ちゃんや子供に使うものだと思えば安いものだと思います。

【おすすめ】気になる子供の勉強法

子供の成績を上げてくれたWEB学習「スタディサプリ」
 
小学4年生から中学3年生までを対象にしたオンラインサービスで学習できる「スタディサプリ」を実際に使って成績が上がった人の体験談です。1週間の無料体験があり、月額料金は980円(税抜)という費用でもコンテンツが豊富!成績を上げた方法、使い方など詳しくまとめられています。

夜眠れない原因と眠気がこないときに安眠するための10の方法


仕事や勉強・家事・体を動かしたりなどして疲労が溜まり疲れているのに、夜、お布団やベッドに入っても眠れない、眠りがやってこない日が続くことがあります。昨日も一昨日も寝付けなかったし、今日も眠れそうにない・・・。お布団に入って横にはなるけど、時間だけがどんどん過ぎていくだけで、結局は朝方になって眠り、会社や学校に行くまでの睡眠時間が極端に短くなり寝不足が続き、疲労感も取れないし、頭もボ~ッとしたままという状態に。このままではいけませんよね。夜、眠れない原因と眠気がこないときに安眠するための10の方法をまとめました。

スポンサーリンク


夜、寝たいのに眠れない原因

夜、眠れないとき私の体では何が起こっているのでしょうか?

人間の体は、私の意識とは別で常に生命維持を管理している自律神経があります。この自律神経は交感神経と副交感神経があり、バランスを取りながら働いています。交感神経は活動モード、副交感神経はリラックスモードで、1日の日常生活の中で言えば、起きると交感神経が優位になり活動モードに切り替わり、夜になると副交感神経が優位になり心身とものリラックスモードに変わり、脳と体が眠る準備をはじめて眠ることができます。

眠れないときは、交感神経が優位になっている状態が続いていることになります。その原因としては、

・強いストレスを感じている
・興奮状態にある
・気になること、不安がある
・カフェインを摂取した
・パソコンやスマホ操作をした

など、交感神経が優位な状態が続いていることが原因で眠れない可能性があります。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています



睡眠の質を高めるのは睡眠直後の90分!これで脳と体の働きが良くなる

睡眠時間が足りなくて寝不足が続いているという人も多いと思います。今は、寝不足でも脳も体も働いてくれます。ただ、お昼ごはんを食べたあとの午後2時頃になると睡魔が襲ってきますが、お腹がいっぱいで眠気がするだけと思っていました […]



肩こりなどの緊張で眠れないときに体をほぐす3つの1分ストレッチ法

パソコンやスマホを使うことが多くなりました。仕事だけではなく学校でもパソコンを使うことがありますし、家に帰ってきてからもパソコンを使ったり、スマホ操作をするため肩こりや背中に痛みを感じることがあります。これは、筋肉が緊張 […]



朝起きても頭がスッキリしない・ボ~ッとするときの5つの解消法

朝目覚めたときに頭がボ~ッとするときがあります。目が覚めたら「寝たぁ、スッキリしたぁ」という感覚を味わうことが少なくなったような気がします。でも、起きたときから頭がスッキリしていると1日の始まりが良いものになる気がしませ […]



ストレスで眠れない原因と効果のあるリラックス法で対策

ストレスで眠れないということを実感することってありますか。ストレスって目に見えないものなだけに、何がストレスなのか分かっていませんでした。でも、寝不足が続いて病院の先生に診てもらったときにストレスが一つの原因かも知れませ […]



快適な睡眠は寝る前のルーティンが大事!脳は外的要因を受けやすい

枕が変わると眠れない、飛行機の中では眠れない、旅行先のホテルや旅館で眠れないという人は多いです。これにはきちんとした理由があります。主に脳が関係していますが、いつもと違う睡眠環境になることが原因で眠れないそうです。いつも […]



眠りたいのに眠れないのはなぜ?体内リズムを整えて快適な睡眠をする10の方法

布団に入っても眠れないことがあります。休みの日にお昼ぐらいまで寝てしまったり、昼寝をすると夜はいつもより眠くなる時間が遅くなります。人間の体は、起きてから眠くなるまでの時間、つまりは体内時計があり体内時計を整えることで日 […]



眠れないときに試したい眠くなる方法|不安やストレスを取り除く

夜眠れない原因が不安や心配事などのストレスのときがあります。布団に入っても考え事をして眠れない原因になります。会社の仕事が忙しかったり、ミスをしてしまったり、トラブルがあったりしたときは気になってしまい眠れないことがあり […]



睡眠負債とは何?睡眠不足とは違うの?睡眠時間が短いのは実は怖いことだった!

睡眠負債という言葉を知っていますか?睡眠不足は聞いたことがあるけど、睡眠負債は睡眠不足と何が違うのか分かっていませんでした。眠るという人間の行為は、かなり重要なもので睡眠時間が短いということを自慢する人もいますが、睡眠時 […]



できる人ほど睡眠を大切にしているという真実|眠りへのこだわり

睡眠を軽視する傾向にあるけど、日本のトップにいる人は睡眠をとても大切にしています。朝早く起きて、夜遅く寝る人ができるようなイメージがありますが、できる人は睡眠時間を削ってその分、努力していると思われがちですが、しっかりと […]



睡眠中に脳や体に何が起きているの?眠りに隠された5つのこと

人間は夜になれば眠くなるから眠るという習慣になっていますが、睡眠中には様々なことが脳や体で行われています。自分では全く気づきませんが、寝ている間でも脳や体は完全に休んでいる訳ではなく、活動を続けていて翌日に備えています。 […]



眠れないときに眠くなる方法|寝室の環境を整え気分を変えてみる

夜眠れない日々が続いていたり、不眠症のときには寝室の環境を整えることで気分を変えてみると自然に眠ることできるかも知れません。今まで、寝るときに平気だったことが何かをきっかけに睡眠の質を低下させたり、邪魔したりすることがあ […]



朝起きたときの眠気を取り除き最高のコンディションにする11の方法

眠ること(睡眠)と起きること(覚醒)は別々のものではなく一連の動作になっています。朝起きてから眠るまでの行動が室の高い睡眠を作り出し、最高のコンディションやパフォーマンスを引き出すことができます。良い睡眠がスッキリした寝 […]



日中に眠気が襲ってくる原因と睡魔を撃退する5つの対策

会社で仕事をしていたり、学校で勉強していたりすると眠くなってくる時間帯があります。その時間帯は14時~16時頃です。あなたも同じ時間に眠くなることがあると思いますが、体内時計が正常な証です。でも、眠気が強いときには他の原 […]



睡眠に大切な体温を上手く調節して質の良い眠りにする3つの方法

質の良い睡眠にするためには体温調整を上手くすることが大切です。一度、深部体温を上げて皮膚体温との開きを大きくし、深部体温を下げようと手足から体の中の熱を放熱しなから深部体温を下げていき、深部体温と皮膚体温の差が縮まると体 […]



徹夜するときの仮眠の取り方|効率を上げる睡眠時間

受験勉強で徹夜して学習したり、仕事でどうしても朝までに仕上げないといけない資料作成などがあるときなど、徹夜になるときは一睡もしないで仕事をしても睡魔に襲われたり、頭が働かなくなり効率が一気に落ちてしまいます。徹夜をすると […]



睡眠前に入浴するよりも90分前にお風呂に入ったほうがすぐに眠れる|時間が無いときは

お風呂に入ったら湯冷めする前にお布団に入って眠ったほうが良いと言われますが、汗をかいたり、眠れなかったりすることがあります。実は、入浴直後に寝ようとしても、すぐには眠れないのは当たり前なのです。睡眠前に入浴するよりも90 […]



すぐに眠るために必要が要素は2つ|ぐっすり睡眠の秘訣

横になったら、すぐに眠ることができていたのに、いつのまにか横になっても中々眠れずに睡眠不足になっていたということがありませんか。私は、仕事が忙しくてはじめの頃は眠気に襲われていまいたが、そのうち、慣れてきたのか、眠気もな […]



眠気が襲ってきたときに完全に睡魔に打ち勝つための4つの方法

昼食後の14時くらいや単調で同じ作業をしていたり、つまらない会議などのときに眠気が襲ってくることがあります。仕事中だし、周りに人がいるから眠る訳にもいかないけど睡魔には勝てず瞼(まぶた)が落ちてくるし、頭もコクンコクンと […]



緊張して眠れないときに10分で眠くなる10のリラックス方法

大事なことが控えているときや、何か気になること、失敗して怒られたときなど緊張していて、眠いのに眠れないことってありますよね。学生の頃は受験前日・試験前、社会人になってからは、重要なプレゼン・成果発表・ミスして迷惑を掛けた […]



明日朝が早いのに眠れない!睡眠できない理由と短時間でもスッキリ起きる6つの方法

明日は仕事を片付けるために早く家を出たい、出張があるから早く起きないといけない、学校があるから明日はいつもより朝は早く起きないといけいないときってありますよね。いつもより早く寝ようと思ってベッドやお布団に入って横になるけ […]



疲れを取るためには睡眠の質を上げることが重要!正しい寝具類の選び方

翌日に疲れを残さないためには、睡眠の質を上げることが大切になります。ただ、布団やベッドに入って寝るだけではなく、寝室の温度や湿度、季節ごとに寝具を替えたり、寝る姿勢も気にしてみたり、マットレス・掛け布団・枕・パジャマなど […]



眠れない!寝たい!睡眠不足!睡眠が体に与える12のこと

睡眠不足を感じている人は多いです。私も眠いのに変にハイテンションになっていて眠れない日々が続くときがあります。そうなると寝たいのに眠れない、寝てもすぐに目覚めてしまったり、いつも以上に早く起きてしまい寝不足になります。睡 […]



睡眠不足でもスッキリ起きれる3つの理由|大切なのは・・・

5時間しか寝ていないのにスッキリを起きれるときもあれば、8時間寝ても疲れが取れないとかまだ眠いときがあります。これには、きちんとした原因があります。眠ったときにはノンレム睡眠とレム睡眠が約90分間隔で交互に訪れます。この […]



夜眠れないときに試したい!手軽にできる4つのリラックス法

夜、いつも眠る時間になって布団に入っても中々眠ることができないときがあります。明日の朝も早く起きないといけないのにこのままでは寝不足になっちゃうから、眠らないとと思うとますます眠れないことがあります。布団に入ったら自然に […]



夜眠れないときや帰りが遅いときにぐっすり眠る睡眠法

目がパッチリと覚めてしまっていてベッドや布団に入っても眠れないときや、帰りが遅くなってしまったけど何か高ぶっていて眠れそうにないときに眠れるようにするための方法があります。寝たいのに寝れない、翌日も早いのに眠れないときに […]



理想の睡眠時間って何時間?睡眠不足だと身体にどんな影響があるの?

寝不足が続くと身体がだるくなったり、判断が鈍くなったりすることがありますよね。でも、睡眠時間って何時間が理想なのか知っていますか。6時間、7時間、8時間・・・何時間が理想の睡眠時間なのでしょう。また、睡眠不足ではなく睡眠 […]



睡眠に良い室内温度と湿度とは?夏と冬の快眠室温を知ろう!

寝室の湿度や室温を気にして設定することは少ないと思います。夏は少し暑くてもエアコンは付けずに扇風機だけにして節電したり、冬は暖房を付けないでコタツの中だけが暖かくて部屋は寒く何枚も重ねた布団で寝るという人も多いと思います […]



起きられない・起きれない朝の5の原因と3つの簡単な対策

朝、起きられない・起きれない人は多いと思います。私もそうですが、目覚まし時計を何個もセットしたり、誰かに起こしてもらわないと起きないし、二度寝も良くします。起きられないのは寝るのが遅いのが原因だろうと思っていますが、それ […]

すぐに入眠するための方法

眠るためには、自律神経が関係していて眠るためには副交感神経を優位にする必要があります。眠れないときに、すぐに眠れるようにしたいという気持ちも分かりますが、夜、横になると自然に眠れるようにするには、起きたときから眠る準備が始まっていますので、そこも含めて安眠するための方法を紹介します。

寝る8時間前から寝ない

眠くなって、ちょっとうたた寝しちゃうことってありますよね。うたた寝は要注意です。例えば、夜テレビを見ながらソファーなどで横になっていたら眠ってしまったとか、帰りの電車やバスに乗ると丁度よい揺れにコクンコクンと寝入ってしまうことってありますよね。また、冬のコタツの中に入って横になっていると熟睡してしまうこともあります。

就寝前8時間以内にうたた寝してしまうと、就寝時間になっても目がパッチリして眠れない状態になります。

眠るためには疲れ、疲労感が大切になります。疲れに比例して眠気も強くなるので、起きている時間が長ければ長いほどお布団に入って横になったときに自然に眠りにつくことができます。

午後の仕事や勉強の効率を高めるために昼寝をすることがありますが、30分以上寝てしまうと夜、眠ることができなくなってしまうので注意が必要です。

つまらない、興味がないものを読む

授業中に眠くなったり、退屈な会議のときに眠くなったりしたことがありますよね。つまらない本や難しい本、興味がない本などを読むことで眠くなります。これは、興味がない本を読むと、苦痛を取り除くためにβエンドルフィンという物質が分泌されます。このβエンドルフィンは鎮痛効果があり、つまらない本や興味がない本などを読むことで脳に苦痛を与えてβエンドルフィンを分泌することで眠気を誘うという効果があります。

・教科書を読む
・哲学書を読む
・専門書を読む
・新聞を読む

など、することで眠りを誘います。読むときに、早く寝たいと思うと交感神経が優位になり余計に眠れなくなりますので、寝たいということを意識しないで読むことがコツです。

寝酒はノンアルコールがおすすめ

眠れないときにお酒を飲んで眠る人も多いと思います。お酒を飲むと眠ることができるという人も多いですが、夜中におしっこで目覚めてしまうことが多いことを気にしていません。アルコールには利尿作用があるので夜中に起きてしまいます。それに、寝ている間にアルコールを分解しているため交感神経が優位な状態にあり、熟睡できないので翌日は疲労感があり、集中力が高まらないことにつながります。

少量なら有効であるという結果もありますが、毎日飲むと徐々に飲む量が増えたり、体が慣れてしまい効果が薄れてしまうこともあります。

そこでおすすめなのがノンアルコールです。アルコールが含まれていないので利尿作用で夜中に起きる心配もありませんし、アルコール分解で寝ている間に交感神経が優位になることもありません。アルコールが無いことに加えて、ビールに含まれているアミノ酸の中にGABAがあります。

GABA(ギャバ)とは、気持ちを落ち着かせる抗ストレス作用があり、ストレスを和らげたり、興奮している状態を落ち着かせることができる働きがあり眠りの質を高めてくれます。

覚醒作用のあるものを摂取しない

覚醒作用のあるものとは主に嗜好品です。どんなものが眠れない原因になり、どの程度覚醒時間が持続するのかを調べてみました。

嗜好品 覚醒時間
タバコ 約1時間
カフェイン 約4~5時間

覚醒時間を見ると分かりますが、タバコであれば就寝1時間前、カフェインであれば就寝前4~5時間前から飲むことを止めないと眠れなくなります。高齢者になるとカフェインの持続時間が長くなり7時間程度続くこともあるためカフェイン摂取に注意が必要です。

カフェインはコーヒーだけではなく、玉露・緑茶・ウーロン茶・玄米茶・紅茶・抹茶・ほうじちゃ・番茶・栄養ドリンク・ココアなどにも含まれています。

覚醒作用がある嗜好品を摂取するときは就寝時間を考えて摂取するようにしましょう。

起きた時間で就寝時間が決まる

夜、眠れない理由は、朝起きる時間にあるかも知れません。なぜなら、起きたときから眠るための準備が始まっているからです。起きた時間(起床後)から15~16時間後から睡眠ホルモンが分泌されで眠くなり、さらに1~2時間後に入眠するという流れ・仕組みが体にあります。

朝6時起床なら21時~22時頃に眠くなりはじめて、22時~24時頃に眠るというサイクルになります。

よくあるのは、休日は朝ゆっくり寝ているケースです。朝11時まで寝たとすると夜眠れるのは3時~5時ということになります。朝寝坊すると夜眠れないのは当たり前ということです。そのため、休日でもなるべくいつもと同じ時間に起きることが大切です。朝寝坊したとしても2時間を限度にしたほうがいいです。朝寝坊した翌日は睡眠不足になりますが、いつもと同じ時間に起きることが大切です。寝不足になりますが、いつもの時間に寝るためには仕方のないことです。

寝不足を解消する方法!昼間の眠気を吹き飛ばそう

午前中に太陽光を浴びる

午前中に太陽の光を15分~30分浴びます。全身で浴びるのもいいですが、目から強い光を取り入れるだけでも効果は充分にあります。太陽光を浴びることで、セロトニンという神経伝達物質が分泌されます。このセロトニンは活動的にする働きがあり、睡眠ホルモンのメラトニンの分泌を抑制します。

セロトニンは日中は活動的にする働きがありますが夜になると睡眠ホルモンのメラトニンに変わる特徴があり、日中にセロトニンが多く分泌されることで夜メラトニンが増えて眠れるようになります。

直射日光を浴びるのが嫌だ、肌を焼くのが嫌だということで日傘をさしたり、電車やバスの中でも中央付近で日光を避ける人もいますが外を眺めたり、照り返しの光で目から太陽の光を取り込むことができるので心配はありません。

高齢者は、メラトニンの分泌量が子供の頃の10分の1程度まで減るため眠りが浅かったり、朝早く目が覚めてしまいます。日々の生活の中で太陽の光を浴びるように心掛ける必要があります。

夕方以降の照明色を暖色にする

部屋の照明の色は、明るい昼白色にしていることが多いと思いますが昼白色は光が強いので、夜の部屋の照明としてはおすすめできません。昼白色にすると、強い光を浴びることになり眠気が飛んでしまうことがあります。

そのため、夜の照明はオレンジ色の暖色がおすすめです。LED照明であれば、色を変えたり、明るさを自由に変えたりすることができるので照明機器を交換してもいいと思います。暖色に変えることで、交感神経の働きを抑えることができ、入眠に向けて体が準備することができます。照明は、睡眠に大きな影響を与えるものなので、光の強さや色を調整することで快眠ツールに早変わりします。

寝る1時間前の照明の明るさを暗くする

夜のバーや雰囲気の良いお店に行くと薄暗い照明になっています。これは雰囲気を出すことと、気持ちをリラックスさせるために行なっていますが、人間の体は薄暗いところにいると眠くなるという性質があります。そのため、就寝1時間前の照明の明るさはできるだけ抑えます。推奨されているのは150ルクス程度の明るさで街灯の下や夜のアーケード街の照明の明るさです。または、間接照明を使うのもいいです。各部屋の照明を間接照明に切り替えておくと強い光を見ること無く就寝することができます。

LED照明に交換してしまうというのも方法です。LED照明なら昼白色と暖色を照明スイッチ操作だけで変更することもできます。切り替えられるタイプの照明なら昼間と夜と使い分けが簡単にできます。

入浴する時間が就寝前1時間以内であれば浴室の照明も昼白色ではなく暖色にしておいたほうがいいです。入浴することで入眠しやすくしますが、熱すぎたり、照明が明るいと交感神経が優位になり眠れなくなります。

年齢に合った睡眠時間にする

睡眠時間は7時間程度が良いと言われますが、厚生労働省が発表している「健康のための睡眠指針2014」の中で年齢により必要な睡眠時間が違うとされています。

10代前半・・・8時間以上
25歳・・・7時間
45歳・・・6.5時間
65歳・・・6時間

睡眠に必要な時間は6時間から8時間というのが基準ですが40歳以降、ましては65歳以降で7時間とか8時間も寝ていると寝過ぎていることになります。寝過ぎてしまっているために、夜眠れないという症状に悩まされる人も多いので、そのときは睡眠時間を減らしてみるのも一つの方法です。適正な睡眠時間にすることで自然に入眠することができ質の高い睡眠を得られ、翌朝の目覚めも快適なものにしてくれます。

入浴時間を調整する

夏は暑いから汗を流す程度で体を温めないとか冷たいシャワーだけとか、冬は湯冷めしないように就寝前に入浴するといった入浴法をしていませんか。これでは、自然な入眠はできませんし、質の高い睡眠を得ることができません。

それでは、どうするのかというと入浴するときは就寝90分前までにお風呂から出るシャワーなら熱めのお湯を浴びて就寝60分前までにお風呂から出るようにするといいです。お風呂に入ることで体の芯まで温まります。これが睡眠を誘発します。お風呂に入ることで体が温まり体温が上昇します。上昇したままでは交感神経が優位な状態になっていて興奮状態にあるので眠れません。体温が徐々に下がるのが入浴したときは90分、熱めのシャワーなら60分掛けて体温が下がり眠りやすい状態にしてくれます。

まとめ

こうして改めて寝るということを考えると寝るまでの行動ってあるんですね。いつもは気にしていませんが、眠れないという悩みを解決するためには必要な対策があります。気にしていないときは、自然とできているからこそ、お布団やベッドに入ると自然に眠ってしまいますが、気にし始めると寝るってこんなに大変なのって思いました。

とくに学生時代のように体が疲労感を感じない社会人になると睡眠による悩みは増えるのだと思います。これは、体を動かすことがなくなり運動不足になるからですね。その分、頭を使ったり、ストレスを溜めたりしていますが、これは精神的な不安や強いストレスになり体が興奮状態になって眠れないという悪循環になる原因です。

しっかりと寝ることで翌日の集中力や頭の回転、体の軽さが戻り、仕事や勉強にも良い結果が現れるはずです。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

すぐに眠るために必要が要素は2つ|ぐっすり睡眠の秘訣

横になったら、すぐに眠ることができていたのに、いつのまにか横になっても中々眠れずに睡眠不足になっていたということがありませんか。私は、仕事が忙しくてはじめの頃は眠気に襲われていまいたが、そのうち、慣れてきたのか、眠気もな […]

緊張して眠れないときに10分で眠くなる10のリラックス方法

大事なことが控えているときや、何か気になること、失敗して怒られたときなど緊張していて、眠いのに眠れないことってありますよね。学生の頃は受験前日・試験前、社会人になってからは、重要なプレゼン・成果発表・ミスして迷惑を掛けた […]

明日朝が早いのに眠れない!睡眠できない理由と短時間でもスッキリ起きる6つの方法

明日は仕事を片付けるために早く家を出たい、出張があるから早く起きないといけない、学校があるから明日はいつもより朝は早く起きないといけいないときってありますよね。いつもより早く寝ようと思ってベッドやお布団に入って横になるけ […]

日中に眠気が襲ってくる原因と睡魔を撃退する5つの対策

会社で仕事をしていたり、学校で勉強していたりすると眠くなってくる時間帯があります。その時間帯は14時~16時頃です。あなたも同じ時間に眠くなることがあると思いますが、体内時計が正常な証です。でも、眠気が強いときには他の原 […]

睡眠中に脳や体に何が起きているの?眠りに隠された5つのこと

人間は夜になれば眠くなるから眠るという習慣になっていますが、睡眠中には様々なことが脳や体で行われています。自分では全く気づきませんが、寝ている間でも脳や体は完全に休んでいる訳ではなく、活動を続けていて翌日に備えています。 […]

できる人ほど睡眠を大切にしているという真実|眠りへのこだわり

睡眠を軽視する傾向にあるけど、日本のトップにいる人は睡眠をとても大切にしています。朝早く起きて、夜遅く寝る人ができるようなイメージがありますが、できる人は睡眠時間を削ってその分、努力していると思われがちですが、しっかりと […]

夜眠れないときや帰りが遅いときにぐっすり眠る睡眠法

目がパッチリと覚めてしまっていてベッドや布団に入っても眠れないときや、帰りが遅くなってしまったけど何か高ぶっていて眠れそうにないときに眠れるようにするための方法があります。寝たいのに寝れない、翌日も早いのに眠れないときに […]

朝起きても頭がスッキリしない・ボ~ッとするときの5つの解消法

朝目覚めたときに頭がボ~ッとするときがあります。目が覚めたら「寝たぁ、スッキリしたぁ」という感覚を味わうことが少なくなったような気がします。でも、起きたときから頭がスッキリしていると1日の始まりが良いものになる気がしませ […]

睡眠不足でもスッキリ起きれる3つの理由|大切なのは・・・

5時間しか寝ていないのにスッキリを起きれるときもあれば、8時間寝ても疲れが取れないとかまだ眠いときがあります。これには、きちんとした原因があります。眠ったときにはノンレム睡眠とレム睡眠が約90分間隔で交互に訪れます。この […]

夜眠れないときに試したい!手軽にできる4つのリラックス法

夜、いつも眠る時間になって布団に入っても中々眠ることができないときがあります。明日の朝も早く起きないといけないのにこのままでは寝不足になっちゃうから、眠らないとと思うとますます眠れないことがあります。布団に入ったら自然に […]

起きられない・起きれない朝の5の原因と3つの簡単な対策

朝、起きられない・起きれない人は多いと思います。私もそうですが、目覚まし時計を何個もセットしたり、誰かに起こしてもらわないと起きないし、二度寝も良くします。起きられないのは寝るのが遅いのが原因だろうと思っていますが、それ […]

睡眠に大切な体温を上手く調節して質の良い眠りにする3つの方法

質の良い睡眠にするためには体温調整を上手くすることが大切です。一度、深部体温を上げて皮膚体温との開きを大きくし、深部体温を下げようと手足から体の中の熱を放熱しなから深部体温を下げていき、深部体温と皮膚体温の差が縮まると体 […]

眠れないときに試したい眠くなる方法|不安やストレスを取り除く

夜眠れない原因が不安や心配事などのストレスのときがあります。布団に入っても考え事をして眠れない原因になります。会社の仕事が忙しかったり、ミスをしてしまったり、トラブルがあったりしたときは気になってしまい眠れないことがあり […]

疲れを取るためには睡眠の質を上げることが重要!正しい寝具類の選び方

翌日に疲れを残さないためには、睡眠の質を上げることが大切になります。ただ、布団やベッドに入って寝るだけではなく、寝室の温度や湿度、季節ごとに寝具を替えたり、寝る姿勢も気にしてみたり、マットレス・掛け布団・枕・パジャマなど […]

睡眠に良い室内温度と湿度とは?夏と冬の快眠室温を知ろう!

寝室の湿度や室温を気にして設定することは少ないと思います。夏は少し暑くてもエアコンは付けずに扇風機だけにして節電したり、冬は暖房を付けないでコタツの中だけが暖かくて部屋は寒く何枚も重ねた布団で寝るという人も多いと思います […]

睡眠負債とは何?睡眠不足とは違うの?睡眠時間が短いのは実は怖いことだった!

睡眠負債という言葉を知っていますか?睡眠不足は聞いたことがあるけど、睡眠負債は睡眠不足と何が違うのか分かっていませんでした。眠るという人間の行為は、かなり重要なもので睡眠時間が短いということを自慢する人もいますが、睡眠時 […]

ストレスで眠れない原因と効果のあるリラックス法で対策

ストレスで眠れないということを実感することってありますか。ストレスって目に見えないものなだけに、何がストレスなのか分かっていませんでした。でも、寝不足が続いて病院の先生に診てもらったときにストレスが一つの原因かも知れませ […]

朝起きたときの眠気を取り除き最高のコンディションにする11の方法

眠ること(睡眠)と起きること(覚醒)は別々のものではなく一連の動作になっています。朝起きてから眠るまでの行動が室の高い睡眠を作り出し、最高のコンディションやパフォーマンスを引き出すことができます。良い睡眠がスッキリした寝 […]

睡眠の質を高めるのは睡眠直後の90分!これで脳と体の働きが良くなる

睡眠時間が足りなくて寝不足が続いているという人も多いと思います。今は、寝不足でも脳も体も働いてくれます。ただ、お昼ごはんを食べたあとの午後2時頃になると睡魔が襲ってきますが、お腹がいっぱいで眠気がするだけと思っていました […]

理想の睡眠時間って何時間?睡眠不足だと身体にどんな影響があるの?

寝不足が続くと身体がだるくなったり、判断が鈍くなったりすることがありますよね。でも、睡眠時間って何時間が理想なのか知っていますか。6時間、7時間、8時間・・・何時間が理想の睡眠時間なのでしょう。また、睡眠不足ではなく睡眠 […]

眠れないときに眠くなる方法|寝室の環境を整え気分を変えてみる

夜眠れない日々が続いていたり、不眠症のときには寝室の環境を整えることで気分を変えてみると自然に眠ることできるかも知れません。今まで、寝るときに平気だったことが何かをきっかけに睡眠の質を低下させたり、邪魔したりすることがあ […]

肩こりなどの緊張で眠れないときに体をほぐす3つの1分ストレッチ法

パソコンやスマホを使うことが多くなりました。仕事だけではなく学校でもパソコンを使うことがありますし、家に帰ってきてからもパソコンを使ったり、スマホ操作をするため肩こりや背中に痛みを感じることがあります。これは、筋肉が緊張 […]

徹夜するときの仮眠の取り方|効率を上げる睡眠時間

受験勉強で徹夜して学習したり、仕事でどうしても朝までに仕上げないといけない資料作成などがあるときなど、徹夜になるときは一睡もしないで仕事をしても睡魔に襲われたり、頭が働かなくなり効率が一気に落ちてしまいます。徹夜をすると […]

眠気が襲ってきたときに完全に睡魔に打ち勝つための4つの方法

昼食後の14時くらいや単調で同じ作業をしていたり、つまらない会議などのときに眠気が襲ってくることがあります。仕事中だし、周りに人がいるから眠る訳にもいかないけど睡魔には勝てず瞼(まぶた)が落ちてくるし、頭もコクンコクンと […]

睡眠前に入浴するよりも90分前にお風呂に入ったほうがすぐに眠れる|時間が無いときは

お風呂に入ったら湯冷めする前にお布団に入って眠ったほうが良いと言われますが、汗をかいたり、眠れなかったりすることがあります。実は、入浴直後に寝ようとしても、すぐには眠れないのは当たり前なのです。睡眠前に入浴するよりも90 […]

快適な睡眠は寝る前のルーティンが大事!脳は外的要因を受けやすい

枕が変わると眠れない、飛行機の中では眠れない、旅行先のホテルや旅館で眠れないという人は多いです。これにはきちんとした理由があります。主に脳が関係していますが、いつもと違う睡眠環境になることが原因で眠れないそうです。いつも […]

眠りたいのに眠れないのはなぜ?体内リズムを整えて快適な睡眠をする10の方法

布団に入っても眠れないことがあります。休みの日にお昼ぐらいまで寝てしまったり、昼寝をすると夜はいつもより眠くなる時間が遅くなります。人間の体は、起きてから眠くなるまでの時間、つまりは体内時計があり体内時計を整えることで日 […]

眠れない!寝たい!睡眠不足!睡眠が体に与える12のこと

睡眠不足を感じている人は多いです。私も眠いのに変にハイテンションになっていて眠れない日々が続くときがあります。そうなると寝たいのに眠れない、寝てもすぐに目覚めてしまったり、いつも以上に早く起きてしまい寝不足になります。睡 […]

関連コンテンツ