リピした日焼け止め!アロベビー

アロベビーUV&アウトドアミストを使った感想
 
アロベビーUV&アウトドアミスト100%天然成分で出来ていて赤ちゃんや敏感肌の人も使える日焼け止めスプレーです。虫よけ効果もあり一石二鳥。雑誌や有名タレントもブログで紹介しているアロベビーUV&アウトドアミストを使った感想を書いています。 市販のよりも少し高いですが赤ちゃんや子供に使うものだと思えば安いものだと思います。

【おすすめ】気になる子供の勉強法

子供の成績を上げてくれたWEB学習「スタディサプリ」
 
小学4年生から中学3年生までを対象にしたオンラインサービスで学習できる「スタディサプリ」を実際に使って成績が上がった人の体験談です。1週間の無料体験があり、月額料金は980円(税抜)という費用でもコンテンツが豊富!成績を上げた方法、使い方など詳しくまとめられています。

睡眠に大切な体温を上手く調節して質の良い眠りにする3つの方法

質の良い睡眠にするためには体温調整を上手くすることが大切です。一度、深部体温を上げて皮膚体温との開きを大きくし、深部体温を下げようと手足から体の中の熱を放熱しなから深部体温を下げていき、深部体温と皮膚体温の差が縮まると体が眠りにつくための準備ができたという状態になります。最近、眠れない、疲れが取れない、熟睡できないときに試してみるといいですよ。

スポンサーリンク


質の良い睡眠とはどんな睡眠のこと?

さて、ここで考えて見ませんか?

質の良い睡眠とは、どんな睡眠のことを言うのでしょうか。ベッドやお布団に入ってから眠りに付くまでの時間が長いときに「質の良い睡眠」が出来ていないということだと思っていましたが実は違うようなのです。

先生に教えてもらったのが、起きているときに、強い眠気がある・頭がスッキリとしない・集中力が続かずにミスが多いなど、起きているときに本来の生産性が発揮できないとき、能力が低下しているときが質の悪い睡眠だということです。

質の良い睡眠とは、その逆なので、起きているときに本来の力を発揮出来る状態のことを言います。質の良い睡眠を得るため、入眠を助ける体温調整の方法を紹介しますね。

スポンサーリンク

入浴は寝る90分前までに出る

入浴したら湯冷めしないうちにベッドやお布団に入って眠るように親に言われたことを覚えています。汗が引いてからお布団に入りますが、眠るまでに時間が掛かりますし、体が火照っているので暑くて布団をはいだり、お腹を出して眠ったりして逆に体が冷えてしまい体調を崩すということもありました。

お布団に入ったときに自然に眠りに付くためには入浴方法を知っておくといいです。その方法は「41℃程度のお湯に15分間ほど入浴する」ことです。これにより、90分後に体が眠る準備ができ、横になると自然に眠ることができ、深い眠りになるので翌日の寝起きもスッキリしますし、翌日の日中もテキパキと頭が働く良い循環となります。

詳しいことは、下記で紹介していますので参考になると思います。

足湯するとが意外眠りやすい

家で足湯をすることは少ないかも知れません。私は、少なくとも入浴したり、シャワーを浴びて寝ますが足湯をしたことはありませんでした。でも、足湯は体を温める効果とリラックスさせる効果があるのと、入眠にもいいのです。

夜、お布団に入っても眠れないときに足湯に入りながら少しゆっくりとするといいです。体が眠る準備が整う条件というのが深部体温と皮膚体温の差が縮まるときに自然な眠りができるとのことで、足湯で体を温めて深部体温を上げて、上げた分を体が下げようとして手足から熱を放出し、深部体温と皮膚体温の差が縮まると眠りやすくなります。10分くらい足湯に浸かると10分~15分後ぐらいにお布団に入るとスーッと眠ることができます。

実際に私が実践して体感しているので、眠れないときにおすすめですし、休日などお風呂に入る時間が早いときには寝る前に足湯をしてから眠ると、お布団に入ったらすぐに眠れることが多くなりました。

夏と冬を快適に眠るための寝室の温度と湿度

寝室や部屋の温度を気にしたことはありますか。私はエアコンや暖房器具を使って部屋全体を温めるようなことは電気代が勿体無いからしていません。特に夏は暑くても扇風機で涼しんでいます。冬はコタツと寝るときは湯たんぽですね。そのため、部屋は寒くてコタツから手を出しておくと冷たくなりますし、温かいコーヒーなどをテーブルに置いておくとすぐに冷めてしまうけど、我慢しています。

でも、部屋が暑すぎたり、寒すぎると快適な眠りができないそうです。

というよりは、出来ないことは分かっていますよね。自分で体験して体感しているので、でも電気代節約のためにと思って。でも、しっかりと眠るためには寝室や部屋の温度と湿度を眠りやすい快適な環境にすることも大切です。

夏と冬では室内の温度と湿度が違います。

夏は、温度26℃前後で湿度は50~60%
冬は、温度18~23℃で湿度は50%前後

が、快適に眠るための睡眠環境だと言われています。

スポンサーリンク

関連コンテンツ