【おすすめ】気になる子供の勉強法

子供の成績を上げてくれたWEB学習「スタディサプリ」
 
小学4年生から中学3年生までを対象にしたオンラインサービスで学習できる「スタディサプリ」を実際に使って成績が上がった人の体験談です。1週間の無料体験があり、月額料金は980円(税抜)という費用でもコンテンツが豊富!成績を上げた方法、使い方など詳しくまとめられています。

高血圧の人は注意!冬場の入浴と血圧の関係!安全に入浴するための5つのポイント

705-0

血圧が高い人は、入浴するときに注意が必要です。特に冬場の入浴は危険がたくさんあり、高血圧の人は、血圧の落差が大きくなり脳梗塞や心筋梗塞を引き起こすことがあります。

血圧が高い人が入浴するときの危険や事故を防止するためのポイントをまとめています。

スポンサーリンク


脱衣所を暖めておく

705-1

寒い冬の時期は、脱衣所はとても気温が低い状態にあり、その中で服を脱ぐと寒さで血管が収縮して血圧が上がります。

血圧が上がったところで温かいお風呂に入った直後は、さらに血圧が上がります。身体が暖まると血圧が下がります。

血圧の増減が大きく、貧血が起こしやすくなります。意識を失い、浴槽で溺れてしまうという人もいます。

血圧の増減の幅を小さくするためには、脱衣所を暖めておくことで危険を防ぐことができます。

浴室を暖めておく

705-2

浴室の温度も暖めておくことで、血圧の急激な乱高下を防ぐことができます。血圧が高い人は、一番湯に入るのはやめておきましょう。

一番湯はまだ、浴室が暖まっていないので、暖まる2番以降に入ったほうがいいです。

お風呂の温度は40℃くらい、胸の上の高さにする

705-3

お風呂のお湯の温度は、高いと血圧の変動が大きくなり、熱いお湯に長時間はいるのも危険です。

40℃くらいのお湯で、胸の上の高さにして、入浴時間は5分以内にするといいです。

スポンサーリンク

安全に入浴するための5つのポイント

入浴時の危険や事故を防止するためにも、次の5つの入浴法のポイントを確認しておきましょう。

脱衣所を暖める

温度の低い脱衣所で服を脱ぐと、寒さで血管が収縮して血圧が上がります。脱衣所は、ストーブなどで暖めておきましょう。脱衣所のドアは閉めておかないと、冷たい空気が入り、暖まりません。

浴室を暖める

浴槽のフタを開けておくことで湯気が浴室を暖めます。

追い焚きをするときもフタをしないで暖めることで浴室をを暖めます。

ぬるめのお湯に5分程度はいる

湯船のお湯は熱くしないで40℃程度の温度に設定し、お湯につかる時間も5分程度にして、血管への負担を減らしましょう。

お湯の高さは、胸の上くらいまでにしておきます。

食事や飲酒後、2時間以内に入浴しない

食後、2時間以内に入浴しないようにしましょう。食事をすると腸間膜動脈に血流が集まり、全身への血流が少なくなります。

お酒は血圧を下げる働きがあるので入浴すると、想像以上に血圧が低下して貧血を起こし、浴槽で倒れてしまう危険があります。

入浴中、家族が声を掛けて確認する

高血圧の人が入浴するときには、家族も気を配ることが重要です。声を掛けて、安否確認をするといいです。

スポンサーリンク