【おすすめ】気になる子供の勉強法

子供の成績を上げてくれたWEB学習「スタディサプリ」
 
小学4年生から中学3年生までを対象にしたオンラインサービスで学習できる「スタディサプリ」を実際に使って成績が上がった人の体験談です。1週間の無料体験があり、月額料金は980円(税抜)という費用でもコンテンツが豊富!成績を上げた方法、使い方など詳しくまとめられています。

熱中症に!スポーツジムから帰ってきたら激しい頭痛に吐き気・寒気で動けず

健康のために毎日、スポーツジムに通って運動不足を解消しています。

体力もそこそこ付いてきて、楽しく通っていましたが通い始めて1ヶ月、暑い夏を迎えて、いい汗を今日もかいたと家に帰って来ました。

家に帰ってきてから、ちょっと体調が悪いなぁと思っていたら熱中症になってしまいました。

スポンサーリンク


熱中症に注意しててもなってしまった!

381-0

スポーツジムに通い、1時間30分程運動して汗を流しています。

熱中症には、注意し次のような方法で対策をしていました。

  • 20分運動したら、水分補給と塩分摂取をする
  • 水分補給と塩分摂取はポカリスエットイオンウォーターを飲んでいる
  • 運動する時の服装は薄着で通気性の良いものを着ている

スポーツジムは室内だから暑い日差しの中で運動することはありません。室内の温度はジム側で管理されていて、今日は室温26℃、湿度60%でした。

運動はちなみに、

  • 10分間、自転車マシンで有酸素運動
  • 10分間、柔軟運動
  • 10分間、筋力トレーニング
  • 45分間、ダンスプログラム
  • 15分間、ランニングマシン

行く度に同じメニューをこなしている感じですね。

家に帰って来てから体調がおかしい

家に帰ってきて、体を休めるために少し横になっていたら、頭が痛くなってきました。

ちょっとやばいなぁ~」と思い、頭痛薬を飲んで様子を見ることに

 熱中症による頭痛の場合、薬は効きません。根本的な治療が必要!

頭痛薬を飲んでも頭の痛みは和らぐことがなく、次第に吐き気がしてきて、続いて寒気までも。

頭の痛みは酷くなるばかり。

自分で病院に行ける痛み、体力のあるうちにと思い、スクーターで行きつけの病院に行って診察してもらいました。

診断結果は「熱中症」でした。

病院についた時には、動くのもつらく、ベッドで寝かせてもらっていました。

その場で、1時間くらい掛けて点滴を打ってもらい体調は回復しました。

先生に、熱中症対策について相談させてもらいました。

先生が見立てた、スポーツジムでの熱中症対策

私は、20分運動したら水分を摂るようにしています。

もちろん、水分だけでなく塩分も摂れるように、ポカリスエットイオンウォーターを飲んでいます。サイズは500ml1本です。

1時間30分の間に500mlのペットボトルが無くなるように飲んでいます。

なので、1回に飲む量は100ml程度です。

熱中症対策で水分補給の目安となる基準を守っていました。

水分補給の目安量が落とし穴
運動していなかった時は、発汗作用が悪く、汗をかかないため摂取する水分量は少なくても問題ありません。

でも、運動して体力が付き、新陳代謝がよくなると体内での熱の発生が多くなり、大量の汗をかくようになり、体質改善が行われます。

スポーツジムに通い始めた頃と、1ヶ月経った頃では汗をかく量が大幅に多くなっています。

現在の水分補給量では少ないために、今回は熱中症になってしまったのです。

なるほど!

先生に言われれば、その通りです。

汗をかくまでの時間は以前よりも早くなっていますし、汗の量も多くなったのは実感しています。

それが、嬉しくて「今日もいい汗をかいた」と思っていたので。

今の運動量から1時間30分の運動で500mlの水分補給と塩分摂取では足りないとのことだから、1回150mlに増やして見ることにしました。

その後、熱中症の初期症状は出ないので、今の運動量と汗の量だと私の場合、20分の運動で1回に飲む量が150mlが最適ということのようです。

運動した後の頭痛は、頭痛薬を飲まずに水分補給と塩分摂取で様子をまずは見ることが大切です。熱中症からくる頭痛だと、痛みを和らげると重症化しやすいです。

中年腹の私が運動して痩せようとした結果、熱中症になってしまいました。でも、これに懲りずスポーツジムに通って運動不足解消したいと思います。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

熱中症にならないための体質改善!暑さに慣れるための簡単な方法

暑さに弱い人っていますよね。 事務職の人は特に、日中の暑い時に外に出ることが無く、たまに銀行や買い物で外に出て帰って来ただけで、体調を崩したり、暑さにやられて、熱中症の初期症状にかかったりします。 ある女性から、「熱中症 […]

熱中症の再発防止のためにできる4つのこと!これで安心

熱中症になってしまったけど、体調も楽になってきたし大丈夫そう!と自己判断で休まずに運動したりしても大丈夫なのでしょうか? 熱中症は再発することはないの?と思い調べてみたら、再発の危険性があるから、再発防止をする必要がある […]

今日の熱中症指数は?暑さ指数(WBGT)を活用して熱中症予防

熱中症予防には、「高温注意情報」や「暑さ指数」の情報を活用して対策を取ることが大切になります。 「高温注意情報」と「暑さ指数」の意味を知り、夏場の行動計画に役立てると熱中症予防になります。

熱中症の頭痛!頭痛薬ロキソニンで収まらず吐き気とめまいも!倒れて救急車で病院へ

事務職の女性がお昼時、食事をしに外に行き、戻ってきてから体調を崩してしまいました。 症状は「頭が痛い」ということで、オフィスはエアコンが効いていて涼しいから、お昼時間の間は少し横になって休むということで仮眠室で休憩してい […]

熱中症になりやすい人ってどんな人?要注意はこの6人!

熱中症は暑い日に起こりやすいですが、みんなが熱中症になるわけではありませんよね。 熱中症の症状が起こりやすい人がやっぱりいるんです。 年齢、体調、運動や労働環境など、暑さに慣れているから熱中症にならないということはなく、 […]

体を冷やさないエアコンの使用法と扇風機の上手な使い方で熱中症対策

節電意識が高まり「エアコンを付けない」という人もいますし、「使いたくない」という人もいます。 何も熱中症対策をしないで部屋にいるだけでは、この猛暑の中では、熱中症になってしまう危険性がとても高いです。 実際に高齢者がご自 […]

熱中症になりやすい時間は?この時間帯は子供も大人も注意が必要!

熱中症になりやすい時間帯ってありますか? 実は私、営業に行く時に電車の時間に間に合いそうになく、ほんの3分程度走っただけで熱中症の初期症状のめまいや立ちくらみになってしまいました。 その時は、お昼ごはんのあとだったので1 […]

熱中症になりやすい運動とは?スポーツ活動における熱中症予防の5つのポイント

私は若い頃、サッカー部や陸上部、水泳部などに入って運動ばかりしていました。 その頃は、気合で乗り越えろ!みたいなことで水分を飲むのも禁止されていたような時でしたが、その頃でもやっぱり熱中症で倒れる人もいました。 そこで、 […]

部活動・スポーツをする人の熱中症チェックリスト!運動する前にまず確認

部活動やスポーツを夏休み期間にする人は、炎天下の中で長時間運動することになるので、熱中症になりやすい環境にいます。 運動すると筋肉が動き熱を発生させるため、体内温度が上がります。 暑さに慣れていない時期や体調が悪い時には […]

熱中症にならないための服装のポイント!男性と女性でチェック

暑い日でも、会社員の人はスーツ姿で汗だくで外回りをしていたりしますよね。 クールビズという動きも盛んになり、ノーネクタイの会社も増えてきましたが、それでも真夏は暑く、下着もスーツのズボンも汗臭くなってしまいます。 熱を逃 […]

熱中症だと分かった時の涼しい場所に移動する際の3つのポイント

熱中症になる場所は、デパートや家の近くだけではなく、スポーツや仕事中、または登山やマラソン中などになることもあります。 涼しい場所に移動する際にポイントについてまとめてみます。

熱中症は意識確認から!意識がある場合と意識不明の場合では初期対応が違う

意識不明の人をそのまま5時間近く放置して亡くなったという事件がありました。 意識が無い状態の人を放置するという行為自体に疑問を感じますが、なぜ、すぐに救急車を呼ばなかったのか悔やまれますよね。 熱中症の場合、必ず意識確認 […]

水分補給で飲んでる飲み物は熱中症対策になってる?最適な飲み物とは?

暑い日は、自分が思っている以上に汗をかいています。 運動したり、スポーツしたり、工事現場や営業で外回りで汗をかいたという実感がありあすが、プールや水遊びをしている子供も汗をかいています。 熱中症にかからないためにも、定期 […]

熱中症の救急搬送人数約5万人!症状が重症化すると命の危険がある

熱中症による救急搬送の人数は、年間約5万人にもなると環境省の熱中症予防情報サイトに記載がありました。 7月から8月に掛けてが一番多くなり、夏休みにはいるとさらに熱中症での救急搬送の人数が増えています。 そして、1%ほどの […]

知っておきたい熱中症予防!夏を乗り切るための食事対策のポイント

真夏日が何日も続く夏。 照りつける陽ざしが強く、外だけではなく、部屋にいても暑さを感じ熱中症になる人も多くいます。 熱中症は、規則正しく、バランスの良い食事をすることで暑さに負けない体づくりも予防のポイントになります。

熱中症が起こりやすい時期と気象条件!ヒートアイランド現象が原因

熱中症が起こりやすい時期は、ジメジメと蒸し暑くなる梅雨入り時期の6月頃から、ニュースなどで熱中症に注意するように報道されますよね。 恐らく、暑い猛暑日はもちろん注意しないといけないと思いますが、熱中症になりやすい時期と気 […]

乳幼児の熱中症チェックリスト!重症化は命に関わるため早期に気づくことが大切

赤ちゃんや乳児・幼児は、自分の体調の変化に気が付くのが遅く、言葉が話せない時期には、親がいち早く気がついてあげる必要があります。 そのためには、熱中症が疑われる症状のポイントをあらかじめ把握しておく必要がありますよね。 […]

熱中症予防!お茶で水分補給は間違い!最適な飲み物とは?

熱中症対策に水分補給をしましょう! 水分を摂るのは大切なことですが、あなたは「何を飲んで」水分補給していますか? もしかしたら、その水分補給は間違っているかも知れませんよ。 熱中症の予防になる飲み物について調べてみました […]

赤ちゃん・乳児・幼児の熱中症の初期症状を見逃すな!親の配慮が必要です

赤ちゃんや乳幼児の子供がいる家庭では、暑い夏の時期になると色んなことが心配のタネになりますよね。 その中の1つが熱中症だと思います。 熱中症は、大人だけでなく赤ちゃんや乳幼児も発症するから、気が気ではありません。 赤ちゃ […]

熱中症が発生しやすい場所!6割は屋外で4割は屋内で発生

熱中症は外にいる時になると思っていましたが、室内や屋内にいても熱中症になるんですね。 屋外であれば、暑いから体調を崩して熱中症になりやすいということは何となく分かりますが、涼しい部屋でも熱中症になるというのは何故?と疑問 […]