リピした日焼け止め!アロベビー

アロベビーUV&アウトドアミストを使った感想
 
アロベビーUV&アウトドアミスト100%天然成分で出来ていて赤ちゃんや敏感肌の人も使える日焼け止めスプレーです。虫よけ効果もあり一石二鳥。雑誌や有名タレントもブログで紹介しているアロベビーUV&アウトドアミストを使った感想を書いています。 市販のよりも少し高いですが赤ちゃんや子供に使うものだと思えば安いものだと思います。

【おすすめ】気になる子供の勉強法

子供の成績を上げてくれたWEB学習「スタディサプリ」
 
小学4年生から中学3年生までを対象にしたオンラインサービスで学習できる「スタディサプリ」を実際に使って成績が上がった人の体験談です。1週間の無料体験があり、月額料金は980円(税抜)という費用でもコンテンツが豊富!成績を上げた方法、使い方など詳しくまとめられています。

夜眠れないときに試したい!手軽にできる4つのリラックス法


夜、いつも眠る時間になって布団に入っても中々眠ることができないときがあります。明日の朝も早く起きないといけないのにこのままでは寝不足になっちゃうから、眠らないとと思うとますます眠れないことがあります。布団に入ったら自然に眠くなるのがやっぱりいいですよね。自然に眠りにつくことができるようにするために簡単・手軽にできるリラックス方法があるので、眠れない・睡眠不足・不眠症で悩んでいるときに試してみて下さい。

スポンサーリンク


眠るためには心身ともにリラックスするのがコツ

仕事でもが勉強でもそうですが緊張感があるときは眠くなることはありませんよね。仕事に追われているとか、試験勉強をしているときは緊張感から眠気はきませんが、仕事が一段落したり、授業がつまらないと眠気が襲ってきます。これは、人間の身体の自律神経の働きでコントロールされています。

自律神経は、交感神経と副交感神経がありますが簡単に言うと下記のような働きがあります。

交感神経・・・身体を動かいたりする活動期に働きます。
副交感神経・・・休憩や休息などリラックスしているときに働きます。

眠るときには、副交感神経が優位な状態になると緊張がほぐれて身体がリラックスして自然に眠くなり睡眠することができます。

ということは、交感神経と副交感神経の切り替えができれば自然に眠れるようになるということです。その気持ちの切り替えを行なうための方法をお伝えします。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています



睡眠不足でもスッキリ起きれる3つの理由|大切なのは・・・

5時間しか寝ていないのにスッキリを起きれるときもあれば、8時間寝ても疲れが取れないとかまだ眠いときがあります。これには、きちんとした原因があります。眠ったときにはノンレム睡眠とレム睡眠が約90分間隔で交互に訪れます。この […]



徹夜するときの仮眠の取り方|効率を上げる睡眠時間

受験勉強で徹夜して学習したり、仕事でどうしても朝までに仕上げないといけない資料作成などがあるときなど、徹夜になるときは一睡もしないで仕事をしても睡魔に襲われたり、頭が働かなくなり効率が一気に落ちてしまいます。徹夜をすると […]



すぐに眠るために必要が要素は2つ|ぐっすり睡眠の秘訣

横になったら、すぐに眠ることができていたのに、いつのまにか横になっても中々眠れずに睡眠不足になっていたということがありませんか。私は、仕事が忙しくてはじめの頃は眠気に襲われていまいたが、そのうち、慣れてきたのか、眠気もな […]



眠りたいのに眠れないのはなぜ?体内リズムを整えて快適な睡眠をする10の方法

布団に入っても眠れないことがあります。休みの日にお昼ぐらいまで寝てしまったり、昼寝をすると夜はいつもより眠くなる時間が遅くなります。人間の体は、起きてから眠くなるまでの時間、つまりは体内時計があり体内時計を整えることで日 […]



眠れないときに眠くなる方法|寝室の環境を整え気分を変えてみる

夜眠れない日々が続いていたり、不眠症のときには寝室の環境を整えることで気分を変えてみると自然に眠ることできるかも知れません。今まで、寝るときに平気だったことが何かをきっかけに睡眠の質を低下させたり、邪魔したりすることがあ […]



理想の睡眠時間って何時間?睡眠不足だと身体にどんな影響があるの?

寝不足が続くと身体がだるくなったり、判断が鈍くなったりすることがありますよね。でも、睡眠時間って何時間が理想なのか知っていますか。6時間、7時間、8時間・・・何時間が理想の睡眠時間なのでしょう。また、睡眠不足ではなく睡眠 […]



できる人ほど睡眠を大切にしているという真実|眠りへのこだわり

睡眠を軽視する傾向にあるけど、日本のトップにいる人は睡眠をとても大切にしています。朝早く起きて、夜遅く寝る人ができるようなイメージがありますが、できる人は睡眠時間を削ってその分、努力していると思われがちですが、しっかりと […]



睡眠の質を高めるのは睡眠直後の90分!これで脳と体の働きが良くなる

睡眠時間が足りなくて寝不足が続いているという人も多いと思います。今は、寝不足でも脳も体も働いてくれます。ただ、お昼ごはんを食べたあとの午後2時頃になると睡魔が襲ってきますが、お腹がいっぱいで眠気がするだけと思っていました […]



眠れないときに試したい眠くなる方法|不安やストレスを取り除く

夜眠れない原因が不安や心配事などのストレスのときがあります。布団に入っても考え事をして眠れない原因になります。会社の仕事が忙しかったり、ミスをしてしまったり、トラブルがあったりしたときは気になってしまい眠れないことがあり […]



疲れを取るためには睡眠の質を上げることが重要!正しい寝具類の選び方

翌日に疲れを残さないためには、睡眠の質を上げることが大切になります。ただ、布団やベッドに入って寝るだけではなく、寝室の温度や湿度、季節ごとに寝具を替えたり、寝る姿勢も気にしてみたり、マットレス・掛け布団・枕・パジャマなど […]



睡眠中に脳や体に何が起きているの?眠りに隠された5つのこと

人間は夜になれば眠くなるから眠るという習慣になっていますが、睡眠中には様々なことが脳や体で行われています。自分では全く気づきませんが、寝ている間でも脳や体は完全に休んでいる訳ではなく、活動を続けていて翌日に備えています。 […]



睡眠負債とは何?睡眠不足とは違うの?睡眠時間が短いのは実は怖いことだった!

睡眠負債という言葉を知っていますか?睡眠不足は聞いたことがあるけど、睡眠負債は睡眠不足と何が違うのか分かっていませんでした。眠るという人間の行為は、かなり重要なもので睡眠時間が短いということを自慢する人もいますが、睡眠時 […]

眠くなるための4つのリラックス法

寝付きが良くない、布団に入っても眠れないというときは、交感神経が優位になっている状態で眠くない状態です。眠るためには副交感神経を優位にする必要があり、リラックスした状態が大切です。

活動期の交感神経からリラックス状態の副交感神経に上手に切り替えることで、心身ともにリラックスして自然に寝付きを良くすることができます。

寝る前に複式呼吸をする

腹式呼吸は自律神経を調整したり、筋肉の緊張をほぐして弛緩(しかん)する、ゆるめることができます。緊張を解すことでリラックス状態を作ることができます。

腹式呼吸をするタイミングは?
いつ腹式呼吸をしたらいいの?

というと、寝る直前に腹式呼吸をします。パジャマに着替えて布団の中に入っているときにします。

腹式呼吸のやり方

・鼻から吸って、お腹を膨らませます。
・口からゆっくり吐いて、お腹を引っ込ませます。

腹式呼吸をするときのコツは「ゆっくり」行なうことが大切になります。とくに秒数を数えないといけないということではありませんが、目安としては4秒ずつ行なうといいです。息を吸ったり、吐いたりを約3分ほど繰り返します。

筋肉の緊張をほぐす

1日の疲れや筋肉の緊張をほぐすためにお風呂に入ってリラックスしますが、それでも筋肉の緊張が解れずに寝付きが悪いときがあります。私は肩に力が入り、お風呂に入ってマッサージしても肩のこりが取れずに、張りや痛みで眠れないときがあります。

そんなときは、お布団の中で筋肉の緊張をほぐすためのトレーニングをすることで緊張が解けて眠りやすくなります。

筋肉の緊張をほぐすタイミングは布団に入ってからでいいです。

【肩のこりをほぐすストレッチ】

・布団の中で仰向けになって全身の力を抜きます。
・肩を持ち上げるように力を入れます。
・力を抜いて肩を下げます。
・3回ほど繰り返します。

【全身の筋肉の緊張をほぐすストレッチ】

・布団の中で仰向けになって全身の力を抜きます。
・両手を5秒間、グーに握りしめます。
・両手の力を抜いてパーの状態にしたら30秒間リラックスします。
・3回ほど繰り返します。

とても簡単な方法なので、布団に入ったけど眠れないときに眠る方法として試してみるといいです。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています



理想の睡眠時間って何時間?睡眠不足だと身体にどんな影響があるの?

寝不足が続くと身体がだるくなったり、判断が鈍くなったりすることがありますよね。でも、睡眠時間って何時間が理想なのか知っていますか。6時間、7時間、8時間・・・何時間が理想の睡眠時間なのでしょう。また、睡眠不足ではなく睡眠 […]



睡眠中に脳や体に何が起きているの?眠りに隠された5つのこと

人間は夜になれば眠くなるから眠るという習慣になっていますが、睡眠中には様々なことが脳や体で行われています。自分では全く気づきませんが、寝ている間でも脳や体は完全に休んでいる訳ではなく、活動を続けていて翌日に備えています。 […]



眠りたいのに眠れないのはなぜ?体内リズムを整えて快適な睡眠をする10の方法

布団に入っても眠れないことがあります。休みの日にお昼ぐらいまで寝てしまったり、昼寝をすると夜はいつもより眠くなる時間が遅くなります。人間の体は、起きてから眠くなるまでの時間、つまりは体内時計があり体内時計を整えることで日 […]



すぐに眠るために必要が要素は2つ|ぐっすり睡眠の秘訣

横になったら、すぐに眠ることができていたのに、いつのまにか横になっても中々眠れずに睡眠不足になっていたということがありませんか。私は、仕事が忙しくてはじめの頃は眠気に襲われていまいたが、そのうち、慣れてきたのか、眠気もな […]



眠れないときに試したい眠くなる方法|不安やストレスを取り除く

夜眠れない原因が不安や心配事などのストレスのときがあります。布団に入っても考え事をして眠れない原因になります。会社の仕事が忙しかったり、ミスをしてしまったり、トラブルがあったりしたときは気になってしまい眠れないことがあり […]



疲れを取るためには睡眠の質を上げることが重要!正しい寝具類の選び方

翌日に疲れを残さないためには、睡眠の質を上げることが大切になります。ただ、布団やベッドに入って寝るだけではなく、寝室の温度や湿度、季節ごとに寝具を替えたり、寝る姿勢も気にしてみたり、マットレス・掛け布団・枕・パジャマなど […]



睡眠不足でもスッキリ起きれる3つの理由|大切なのは・・・

5時間しか寝ていないのにスッキリを起きれるときもあれば、8時間寝ても疲れが取れないとかまだ眠いときがあります。これには、きちんとした原因があります。眠ったときにはノンレム睡眠とレム睡眠が約90分間隔で交互に訪れます。この […]



できる人ほど睡眠を大切にしているという真実|眠りへのこだわり

睡眠を軽視する傾向にあるけど、日本のトップにいる人は睡眠をとても大切にしています。朝早く起きて、夜遅く寝る人ができるようなイメージがありますが、できる人は睡眠時間を削ってその分、努力していると思われがちですが、しっかりと […]



睡眠の質を高めるのは睡眠直後の90分!これで脳と体の働きが良くなる

睡眠時間が足りなくて寝不足が続いているという人も多いと思います。今は、寝不足でも脳も体も働いてくれます。ただ、お昼ごはんを食べたあとの午後2時頃になると睡魔が襲ってきますが、お腹がいっぱいで眠気がするだけと思っていました […]



徹夜するときの仮眠の取り方|効率を上げる睡眠時間

受験勉強で徹夜して学習したり、仕事でどうしても朝までに仕上げないといけない資料作成などがあるときなど、徹夜になるときは一睡もしないで仕事をしても睡魔に襲われたり、頭が働かなくなり効率が一気に落ちてしまいます。徹夜をすると […]



眠れないときに眠くなる方法|寝室の環境を整え気分を変えてみる

夜眠れない日々が続いていたり、不眠症のときには寝室の環境を整えることで気分を変えてみると自然に眠ることできるかも知れません。今まで、寝るときに平気だったことが何かをきっかけに睡眠の質を低下させたり、邪魔したりすることがあ […]



睡眠負債とは何?睡眠不足とは違うの?睡眠時間が短いのは実は怖いことだった!

睡眠負債という言葉を知っていますか?睡眠不足は聞いたことがあるけど、睡眠負債は睡眠不足と何が違うのか分かっていませんでした。眠るという人間の行為は、かなり重要なもので睡眠時間が短いということを自慢する人もいますが、睡眠時 […]

湯船に入る

身体を洗い流すのはシャワーだけで湯船にお湯を入れてつからないという人も多いと思います。私も、仕事が忙しくて帰りが遅い日はシャワーしか浴びないです。週末の休みの日は、湯船にお湯を入れてつかりますが、お風呂に入ると気持ちがいいし、とてもリラックスすることができます。

布団に入ったら自然に寝てしまうような身体の状態を作るためにはいくつかのポイントがあります。

・寝る1時間前までにお風呂に入る
・お風呂の温度は約40℃のぬるま湯

お風呂に入ることで身体の芯まで温まります。お風呂に入ると副交感神経が優位になりリラックスすることができ、程よい水圧が全身の筋肉を圧迫してほぐしてくれる効果もあります。お風呂から出ると温まった身体が少しずつ下がります。身体の深部体温が下がり始めると眠りやすい環境になり、就寝するとそのまま眠りにつくことができます。

体に適度な疲労感を与える

適度に体を動かすことで適度な疲労を与えると眠りやすくなります。働いていると、体を動かす時間が無いという人も多いと思いますが早く帰れるときなどに適度な運動をすると寝付きが良くなります。

眠れるようになるためにおすすめの運動はウォーキングです。軽い有酸素運動を行なうことで適度な疲労を与えることができます。ジョギングでもいいですが、翌日に疲れが残ったり、筋肉痛になることがあるので、休前日におすすめです。

体を動かして適度な疲労を与えるためのポイントは、

・ウォーキングは寝る前3~4時間前に行なう
・夕食を食べてから軽い運動をする
・ウォーキング後は入浴することで寝付きが良くなる効果が高まる

まとめ

夜、眠れないときに眠る方法としてはいくつか方法がありますが、今回はリラックスする方法を4つ紹介しました。お布団の中に入ってから中々眠れないときがありますよね。横になったのはいいけど、眠れないから目だけは閉じたけど、時間をみたら30分とか1時間近く経っているとき、早く寝ないと明日がきついと思ってしまいます。

そんなときは、複式呼吸や筋肉の緊張をほぐす方法を試してみましょう。

眠れない日が続いているときには、ウォーキングなどの軽い運動とお風呂にお湯を入れてつかることでストレスを軽減して、リラックスするとともに、眠りやすい環境を作ってあげることでお布団に入ったら自然に眠れる状態にしてあげるようにしましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

睡眠の質を高めるのは睡眠直後の90分!これで脳と体の働きが良くなる

睡眠時間が足りなくて寝不足が続いているという人も多いと思います。今は、寝不足でも脳も体も働いてくれます。ただ、お昼ごはんを食べたあとの午後2時頃になると睡魔が襲ってきますが、お腹がいっぱいで眠気がするだけと思っていました […]

睡眠負債とは何?睡眠不足とは違うの?睡眠時間が短いのは実は怖いことだった!

睡眠負債という言葉を知っていますか?睡眠不足は聞いたことがあるけど、睡眠負債は睡眠不足と何が違うのか分かっていませんでした。眠るという人間の行為は、かなり重要なもので睡眠時間が短いということを自慢する人もいますが、睡眠時 […]

睡眠不足でもスッキリ起きれる3つの理由|大切なのは・・・

5時間しか寝ていないのにスッキリを起きれるときもあれば、8時間寝ても疲れが取れないとかまだ眠いときがあります。これには、きちんとした原因があります。眠ったときにはノンレム睡眠とレム睡眠が約90分間隔で交互に訪れます。この […]

睡眠中に脳や体に何が起きているの?眠りに隠された5つのこと

人間は夜になれば眠くなるから眠るという習慣になっていますが、睡眠中には様々なことが脳や体で行われています。自分では全く気づきませんが、寝ている間でも脳や体は完全に休んでいる訳ではなく、活動を続けていて翌日に備えています。 […]

徹夜するときの仮眠の取り方|効率を上げる睡眠時間

受験勉強で徹夜して学習したり、仕事でどうしても朝までに仕上げないといけない資料作成などがあるときなど、徹夜になるときは一睡もしないで仕事をしても睡魔に襲われたり、頭が働かなくなり効率が一気に落ちてしまいます。徹夜をすると […]

眠れないときに眠くなる方法|寝室の環境を整え気分を変えてみる

夜眠れない日々が続いていたり、不眠症のときには寝室の環境を整えることで気分を変えてみると自然に眠ることできるかも知れません。今まで、寝るときに平気だったことが何かをきっかけに睡眠の質を低下させたり、邪魔したりすることがあ […]

理想の睡眠時間って何時間?睡眠不足だと身体にどんな影響があるの?

寝不足が続くと身体がだるくなったり、判断が鈍くなったりすることがありますよね。でも、睡眠時間って何時間が理想なのか知っていますか。6時間、7時間、8時間・・・何時間が理想の睡眠時間なのでしょう。また、睡眠不足ではなく睡眠 […]

できる人ほど睡眠を大切にしているという真実|眠りへのこだわり

睡眠を軽視する傾向にあるけど、日本のトップにいる人は睡眠をとても大切にしています。朝早く起きて、夜遅く寝る人ができるようなイメージがありますが、できる人は睡眠時間を削ってその分、努力していると思われがちですが、しっかりと […]

疲れを取るためには睡眠の質を上げることが重要!正しい寝具類の選び方

翌日に疲れを残さないためには、睡眠の質を上げることが大切になります。ただ、布団やベッドに入って寝るだけではなく、寝室の温度や湿度、季節ごとに寝具を替えたり、寝る姿勢も気にしてみたり、マットレス・掛け布団・枕・パジャマなど […]

眠りたいのに眠れないのはなぜ?体内リズムを整えて快適な睡眠をする10の方法

布団に入っても眠れないことがあります。休みの日にお昼ぐらいまで寝てしまったり、昼寝をすると夜はいつもより眠くなる時間が遅くなります。人間の体は、起きてから眠くなるまでの時間、つまりは体内時計があり体内時計を整えることで日 […]

眠れないときに試したい眠くなる方法|不安やストレスを取り除く

夜眠れない原因が不安や心配事などのストレスのときがあります。布団に入っても考え事をして眠れない原因になります。会社の仕事が忙しかったり、ミスをしてしまったり、トラブルがあったりしたときは気になってしまい眠れないことがあり […]

すぐに眠るために必要が要素は2つ|ぐっすり睡眠の秘訣

横になったら、すぐに眠ることができていたのに、いつのまにか横になっても中々眠れずに睡眠不足になっていたということがありませんか。私は、仕事が忙しくてはじめの頃は眠気に襲われていまいたが、そのうち、慣れてきたのか、眠気もな […]

関連コンテンツ