【おすすめ】気になる子供の勉強法

子供の成績を上げてくれたWEB学習「スタディサプリ」
 
小学4年生から中学3年生までを対象にしたオンラインサービスで学習できる「スタディサプリ」を実際に使って成績が上がった人の体験談です。1週間の無料体験があり、月額料金は980円(税抜)という費用でもコンテンツが豊富!成績を上げた方法、使い方など詳しくまとめられています。

汗をかくと密かに悩む!あの汗臭さを解消する7つの対策

ase-1

汗臭いと思うことがあります。自分の汗臭さもそうですが、家族や周囲の人の汗臭さも気になることがあります。電車やバスの中で汗臭い人や、オフィスで汗臭い人には汗臭いとは言いにくいですが、自分や家族の汗のニオイはどうにかしたいと思います。男性だけでなく、女性も汗のニオイを気にしますし、子どもたちも汗をかいて汗臭いということが多々あります。そこで汗がにおう原因と汗臭さを解消するための7つの対策方法をお伝えします。

スポンサーリンク


汗が臭う原因を知り、汗臭さを解消する7つの方法

ase-1

運動やスポーツをしているときは、汗をかいてもニオイはほとんどしません。というのは、汗が臭う原因がここにあります。汗そのものに強く臭う物質が溶け込んでいる訳ではありません。汗と一緒に出たナトリウムやミネラル分を皮膚に居る菌がエサとして食べることで菌の代謝物が臭ったり、菌が増殖することでニオイが発生します。

運動やスポーツをしている人は、汗をたくさんかいで流れていくためニオイ物質が流れていったり、身体を動かしたあとに汗を流すため皮膚を清潔に保つことができるのです。

でも、働いていたり、学校に通っていると汗はかきっぱなしで下着もシャツもズボンもビショビショのまま1日過ごすことになり汗臭くなってしまう原因になります。汗は暑い夏にだけかくものではなく、緊張したり、ストレスを感じたりすると汗が出ます。

汗臭さを解消する方法を紹介する前に、まずは自分のニオイチェックをしてみましょう。

自分の汗のニオイの強さをチェック

No 項目
1 耳垢が柔らかく湿っている
2 ニオイがキツイと言われる
3 自分で汗くさいと分かる
4 家族に汗臭い人がいる
5 緊張や興奮で汗が出る
6 肉や乳製品、脂肪が多い食事が多い
7 入浴後、2~3時間で体臭がする
8 体毛が濃い
9 他人の体臭が気になる
10 汗が乾かず、ベタベタする
11 野菜や豆類、海藻をあまり食べない
12 ストレスが多い
13 運動不足だと思う
14 涼しい部屋でいつも過ごしている
15 喫煙している

該当する項目が多ければ多いほど、汗のニオイがしている可能性があります。6個以下であれば、清潔に保つようにすることで臭うことは少ないと思っていいですが、ニオイは体調にも左右されたり、環境が左右したりしますので、汗のニオイが気になるときには、今日からできるニオイ解消法を試して見ましょう。

汗臭さを解消する7つの対策

あまり運動をしない人や汗をかかない人は、健康的な人の汗はサラサラしているのに対し、汗にミネラル分などを多く含んでいるためベタベタした汗が出ます。こういう汗は菌が繁殖しやすく、ニオイの原因になります。汗をかく習慣が少なくなり、汗腺の働きが弱まり、ストレスに偏った食事などの生活習慣がニオイを強くする原因にもなります。食生活や生活習慣を見直すことも大事ですが、まずは簡単にできる体臭の消し方を紹介します。

スポンサーリンク

汗をこまめに拭く

ase-2

さらさら肌で出かけても、最寄りの駅まで歩くだけでも汗が吹き出てきて、汗をかいたまま満員電車に乗車。どこからともなく、酸っぱいような、鼻をつくようなニオイがする。これは、自分・・・隣の人・・・。汗をかきっぱなしにすると皮膚にいる雑菌が増殖することで汗臭いにおいがしてきます。

こまめに体を拭いて、汗とともにニオイ物質を除去するのが第一歩です。

汗をかきやすい夏の時期にはハンカチやハンドタオルを3枚とか多めに持ち歩き、汗をこまめに拭き取りましょう。拭いたハンカチは時間が経つと雑菌が増えるため、ニオイが発生する原因になりますので、ビニール袋などに入れて密封してニオイ対策しておくといいです。

清涼感やひんやり冷感を感じることができるデオドラントボディシートやボティペーパー・制汗シートを使って全身を拭くなどして清潔を心掛けるようにしましょう。

【男性におすすめのボディシート】

順位 商品名 特徴

デ・オウ
リフレッシュシート
汗・ベタツキ 男のニオイ徹底除去

クリア
シャワーシート
白くならずにいつもさらさら快適

さらさら
パウダーシート
やぶれにくい厚手のしっかりシート

【女性におすすめのボディシート】

順位 商品名 特徴

スキンケア
シート
あせも・肌荒れを防ぐ

さらさら
パウダーシート
さらっとした素肌を保てる

さらさら
パウダーシート
1枚で汗のベタつき・ニオイもすっきり

寝汗を洗い流す朝のシャワー

shower-1

寝ている間にも汗をかきます。夏の時期にはパジャマやシーツなども汗でビッショリということがあります。寝ている間も汗臭いニオイの原因になる要因が作られています。汗をかいたまま着替えてしまうと肌に残っている汗やミネラル分を栄養にして雑菌が繁殖してニオイの原因になります。

朝は忙しいとは思いますが、身体をさっぱりと清潔に保つためには朝にシャワーを浴びで汗を洗い流すことがニオイを防ぐポイントになります。皮膚に残る雑菌とニオイをリセットしてから通勤・通学することで汗臭いニオイがする時間を遅くすることができます。

【朝シャンで使いたい、殺菌・防臭効果のあるボディウォッシュ】

性別 商品名 特徴
男性
デオドラント
ソープ
男のニオイの発生を防ぐ
女性
体臭予防薬用
ボディソープ
からだの汚れ・体臭予防用の薬用石鹸

軽い運動で汗をかきやすくする

471-0

汗をかくからニオイが発生するのに、運動して汗をかくなんて汗臭さの改善にならないのでは?と思う人もいるかも知れませんが、汗をかかないということは体温調整が出来ていないことを意味しています。汗をかかない人は夏バテになりやすいですし、熱中症になる可能性も高いです。

暑いからと身体を動かさずに冷房の効いた部屋で生活を送っていると汗をかく機会が減り、汗腺の働きが鈍くなり汗をかきづらくなります。

定期的に運動して汗腺の働きを維持することが、サラサラ汗を維持することができ、汗が臭いにくくなります。

汗腺トレーニングで汗のかき方を変える

119-0

定期的に運動をしている人の汗はサラサラしていて汗の粒が細かいのが特徴で、運動不足の人の汗は、活動している汗腺の数が少なく、1つの汗腺から汗が出てくる量が多く、ナトリウムやミネラルなどの電解質が多く含まれているため乾きにくく、ニオイの原因になりやすい。汗自体にいいも、悪いもなく、しっかり汗をかけることが大切です。

眠っている汗腺を活動させることで、1箇所から発汗させる量を少なくすることが、細かい汗を多くかけるようになり気化しやすく冷却効果も高まります。

運動をして汗腺の働きを促すほか、熱めのお湯と冷たいお湯を交互に繰り返すことで発汗作用を促し汗腺トレーニングになります。

制汗剤を賢く使う

ase-3

朝や出掛ける前にシャワーを浴びて、汗をかいたらデオドラントシートなどで汗を拭き取るだけでもかなり汗臭さを予防することができますが、制汗剤を使うのもおすすめです。

制汗剤を使うポイントとしては、

・汗ばむ前に気になる場所に使う

・汗をかいたとき、汗を拭き取り制汗剤を使う

さらに、着替えを持って行き、汗で乾きにくくなった洋服を着替えるのも効果的です。

制汗剤を選ぶポイントとしては、無香料または微香料のものがいいと思います。香りの強い制汗剤は体臭と混ざり悪臭になることがあり、そのニオイに自分が気が付かないことがあります。スプレータイプやロールオンタイプ、クリームタイプなど様々ありますので使いやすいものを選ぶといいです。

人気のある制汗剤を5つ紹介します。


8×4メン デオドラントSP無香料
エージーデオ24 パウダースプレー 無香料
GATSBY (ギャツビー) パウダーデオドラントスプレー 無香性
フェルゼア フットクリーム
デオナチュレ ソフトストーンW

脂質を落とし過ぎない

861-0

日本人は、清潔で無臭志向が強いです。そのため神経質になりすぎる傾向にあります。石鹸やシャンプーでゴシゴシ洗うことが綺麗になると思うフシがありますが、洗い過ぎると肌の脂質を落としすぎてしまい、肌にダメージを与えてしまったり、肌の脂質不足により過剰に脂質が分泌されたり、肌を外敵から守るためにも脂質は重要な役割を果たしていますので、落とし過ぎは逆に問題。

汗や皮膚の汚れは、お湯だけで簡単に洗い流せるものですが、それだけではさっぱり感がないため、石鹸やシャンプーで汚れ落としと清潔感を保ちますが、角な清潔感や無臭志向は逆効果になってしまいますので、脂質の落とし過ぎには注意しましょう。

お風呂はシャワーではなく入浴する

1294-1

熱くなると入浴ではなく、シャワーだけで済ませてしまうことがあります。朝はシャワーでいいですが、就寝前に入るお風呂は入浴することが汗のニオイを落とす効果につながります。シャワーでは洗い流せなかったニオイの原因物質を、入浴することで洗い流すことができます。

さらに、入浴することで血行が良くなり、体内に溜まっている疲労物質の排出になり、水圧がほどよいマッサージ効果とリラックス効果をもたらすため、発汗機能にも有効です。

まとめ

夏になると汗を抑えるために色々な対策を行なうと思います。汗の臭いを防いでくれるグッズやアイテムだけではなく、日常生活の中で簡単にできる方法からまずは試してみるのがいいと思います。社会人の人は、朝シャンして、下着やシャツの着替えを持って行き、汗をかいて衣服が臭うようなら着替えたり、そのときにデオドラントシートで全身を拭いてリフレッシュすると仕事に対する集中力が上がります。

また、足のニオイも気になります。靴を脱ぐと臭い!室内にいるときはスリッパなどで通気性を保ちながら、靴下の替えやフットクリームで殺菌・除菌することで臭いを防ぐことができます。

簡単にできる臭い退治法を7つまとめましたので、汗のニオイが気になる人は是非、試して見て下さい。

スポンサーリンク