【おすすめ】気になる子供の勉強法

子供の成績を上げてくれたWEB学習「スタディサプリ」
 
小学4年生から中学3年生までを対象にしたオンラインサービスで学習できる「スタディサプリ」を実際に使って成績が上がった人の体験談です。1週間の無料体験があり、月額料金は980円(税抜)という費用でもコンテンツが豊富!成績を上げた方法、使い方など詳しくまとめられています。

ツボの押し方!強さと使うと便利な道具

ツボを押すときの押す時間や強さ、呼吸法などが大切になります。基本的なツボの刺激法を知った上で、ツボを押すことで効果が期待できます。ツボを押すという簡単な方法で、身体の不調や痛みを取り除くことができるので活用しない手はありません。

ツボの位置の見つけ方、押す強さ、刺激するタイミング、ながら押し、ツボの刺激方法、呼吸法についてお伝えします。

スポンサーリンク


ツボの効果を引き出すための方法

tubo

ツボを刺激することで、悩まされている痛みや症状を緩和することができるというのがツボです。でも、私はツボ押しで痛みや症状が和らいだということが今まで無く、頭痛のときは痛い場所を押すだけという感じでした。

でも、きちんとした方法でツボを押すことでツボの効果がちゃんと現れてきますので、継続して続けるといいです。

ツボの位置の見つけ方

ツボの位置の見つけ方は、同身寸法(どうしんすんぽう)の方法を使えば、一般の人でも簡単に実践できます。親指を除く4本の指を並べた状態は、3寸として計測し、ツボの場所を見るけるのに役立ちます。あるいは、親指の関節の横幅を1寸として計測することもできます。

他のツボの位置を把握して、3寸だけ離れる場合には、親指以外の指を使えば把握できます。後頭部にある風池と天柱については、密接する位置にあるため、手の感覚でも覚えられます。眉毛の内側には攅竹があり、外側には糸竹空があることは、同身寸法を使わなくても把握できます。

・ツボの位置を確認する

・分かりやすいツボはくぼみなどにあるので分かりやすい

・分かりにくいツボは同身寸法で探すと分かりやすい

ツボを押すときの力加減と時間

ツボを押すときのポイントとは力加減です。あまり強い力でぐりぐりと押してしまうと、筋肉のこりをほぐすどころか、逆に炎症を引き起こしたり、悪化させてしまうことにもなりかねません。痛気持ちいい感覚の適度な力加減が必要です。

長時間ツボ押しをしてしまうと、かえって体がだるくなってしまうこともありますので、比較的短時間で済ますほうがいいです。短時間で適度に押すことを心がけ、定期的に継続していくことがとても重要なポイントといえるでしょう。

・ツボを押す力は、痛気持ちいい感じの強さ

・ツボを押しは5秒押して、5秒離すを繰り返す

・1回10セットを朝と晩の行なう

ツボを刺激するならお風呂あがりか寝る前がベスト

お風呂あがりは、血液の流れが良くなっているため、ツボ押しをするには最適です。温熱効果も十分な中で、手技によって刺激すれば、東洋医学的な気血の流れも良くなりますし、手技によってツボを刺激することで、体に潤いを与えることもできます。

寝る前に刺激する場合でも、経絡を通じる気血の流れを調整できます。安静時に行うことで、リラックス効果が高まります。

・ツボを押すタイミングは朝の1回と入浴後の1回

ツボを押すときは「ながら押し」は効果なし

ツボのながら押しでは、ツボの位置が不正確になる可能性が高く、効果を引き出すことが難しくなります。また、足の指を使ってツボを刺激することは、無理があります。

テレビに夢中になっている状態で、ツボを刺激しても、力加減を調整するのは困難ですし、正確にツボを見つけて、刺激し続けることは難しいので「ながら押し」はおすすめできません。

ツボ刺激は、正確なツボの位置を押すことで、最も効果的な刺激をすることができます。手技のツボ押しには、圧迫法や揉捏法などがあり、ながら押しよりも正確に刺激できる特徴があります。

ながら押しは、正確なツボの位置を押すことができないことが多いので、オススメできません。

正確なツボの位置を、しっかりと押すようにしましょう。

ツボを押すときの刺激方法

ツボを刺激する方法としては、指の腹で押すことが多いと思いますが、他にもツボを刺激する方法があります。

・指圧

・ボールペンなど

・ドライヤー

・つまようじ

・お灸

 

ツボを押すときに呼吸法を意識すると効果的

ツボを押すとき、呼吸法を意識しながら行うのと、意識しないで行うのとでは効果が全く違います。

ツボを押す場合の呼吸法は、ヨガやストレッチをするときとよく似ています。決して息を止めて行わず、口から息をゆっくり吐きながら行います。そして、押す手を離したとき、鼻から息を吸い込みます。そうすることによって、自律神経の働きが高まり、血流もよくなります。また、内臓の動きも活発になるので食欲なども出てきます。何より、リラックスして行うことが大切です。

・ツボを押すときは、息を吐く

・ツボから指を離すときは、息を吸う

 

まとめ

ツボで痛みや症状を緩和することできますが、治すことはできません。でも、ツボの効果を実感することができれば、自分でできる簡単な方法です。

即効性はありませんが、持続効果はに期待することができます。ツボのマッサージも継続して行なうことで症状が和らぐ効果を実感することができますので、ツボの位置を幾つか覚えておき、押すといいです。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

側頭部・後頭部・頭全体・こめかみ・目の奥の5つの頭痛の原因と対処法

頭痛は痛みを感じる場所によって、症状の原因をある程度見極めることができます。片方の側面(こめかみ)だけが痛むなら片頭痛の可能性がありますし、ずっと痛みが続くようなときには緊張型頭痛の可能性があります。 頭のどの部分が痛む […]

動くと痛い頭痛の5つの原因と3つの対処法

頭痛を感じているときに、動くと痛みがより強くなることがあります。頭を上げに動かしたり、左右に振ったり動かすだけで、痛みが走ったりします。また、眩しい光の刺激や音の影響でも頭痛がひどくなることがあります。 動くと痛い頭痛を […]

後頭部の右・左・下などがズキズキと痛む3つの原因と対処法

後頭部にズキズキと刺すような痛みを感じるときには、原因となる頭痛の症状が3つあります。この3つの症状のどれに当たるかを頭痛以外の症状と合わせて診断して、対処することが大切です。 頭痛は、様々な体の不調から引き起こされ、後 […]

他の疾患が原因で起こる二次性頭痛に分類される10の症状

頭痛がしても、頭痛薬を飲んでおけば大丈夫と軽く思っていることが多くあります。頭痛持ちのの人に関しては、しばらく我慢していれば治まるからと軽視しがちですが、二次性頭痛の場合には、頭の痛みが危険を知らせてくれていることがあり […]

頭痛を緩和する方法は頭痛の種類によって異なり間違えると逆効果

頭痛が起こる原因には、いくつかの種類があります。頭痛の種類によって自分で対処することができることもありますし、病院で診てもらう必要があるものもあります。自分の頭痛の症状を確認して、日常生活で起きている頭痛であれば、自分で […]

頭痛と吐き気はあるけど熱はないときは片頭痛!3つの対処法

身体の調子が悪い!ズキズキ・ガンガンする頭痛の痛みと吐き気がする。寒気はするけど、熱はないといったときは、どんな病気なのか気になります。 頭痛だけではなく、吐き気もする症状が重なると心配になりますが、頭痛・吐き気がする症 […]

生理前の頭痛の症状!原因と症状の特徴と対処法

生理前に起こる頭痛に悩んでいる人は多いです。症状が重い人は吐き気やめまい、気だるさなども合わさることがあります。生理前の頭痛は、種類によって原因が違いますし、対処法も違います。 正しく対応するために、生理前の頭痛の原因・ […]

肩こりから起きる頭痛の6つの原因と7つの解消法

頭が痛いと肩を揉んだり、マッサージすることがあります。この行動は、肩こりがひどく血行が悪くなっていることから頭痛を引き起こしていることを身体が分かっているからこその対処法です。 頭痛と肩こりには、密接な関係があります。肩 […]

締め付ける頭痛の痛みの原因は緊張型頭痛!特徴と4つの対処法

頭が痛くなると、仕事や勉強・家事などに集中することができなくなります。頭全体にズッシリと痛いときには、痛み止めを飲んでも痛みが数時間は緩和されないことが多く、頭を抱えて痛みを我慢することが多いです。 頭を締め付けられるよ […]

頭痛を誘発する代表的な食べ物の4つの成分

頭が痛くなる原因に食べ物があります。食べ物には様々な栄養素が含まれていて、食べることで色々な作用を身体に起こしますが、症状が改善されることもあれば、悪化することもありますので、頭痛がするときは食べ物にも注意が必要です。 […]

頭痛・吐き気・耳鳴りから考えられる3つの症状

頭痛に悩んでいるという人は、頭が痛いという症状だけではなく、その他の症状にも悩まされていることがあります。頭痛と一緒に現れる代表的な症状として、耳鳴りや吐き気があります。 頭痛・吐き気・耳鳴りの3つの症状から考えられる3 […]

6つの頭痛の症状から考えられる33の病気の種類

頭痛持ちの人は日本だけでも4人に1人もいます。その頭痛が、他の病気を伴わない片頭痛・緊張型頭痛・群発頭痛であれば問題ありません。でも、頭痛を伴う他の病気の可能性がもちろんあります。 頭痛という症状から考えられる病気の種類 […]

高血圧が原因の頭痛!5つの対処法と4つの痛み別治し方

高血圧が原因で頭痛の症状が出ることがあります。高血圧は、少しくらい血圧が高くても気にする人は少ないですが、血圧が高いということは血管のそれだけ負荷が掛かっている状態が長く続いていることになります。 高血圧は後頭部周辺に痛 […]

頭痛の種類を診断するときの心得11ヶ条

頭痛の原因は様々あり、痛む症状にも違いがあります。でも、頭痛だからと特に気にせずに日常生活を送っている人が大半です。時々だった頭痛の頻度が頻繁に起こるようになったり、痛みがひどくなってきくると気になり始めます。 頭痛は今 […]

眼精疲労が引き起こす頭痛の原因と7つの対処法

日常生活の中で目を酷使することが多く眼精疲労の状態になっていませんか?パソコン作業をずっとしていたり、本を読んだり、テレビを見たりすると疲れ目の状態になります。目が乾いたり、ゴロゴロとした異物感を感じたり、焦点が合わせに […]

頭痛の原因:片頭痛の原因と症状!痛みがくる前兆や予兆を見極めるコツ

頭痛が発生するときに、何らかの前兆があります。頭痛を繰り返しているうちに感覚的なものが備わり、頭が痛くなるなぁと思う感覚がありますが、正しい頭痛の原因と症状、前兆や予兆についてお伝えします。

頭痛の原因:一次性頭痛に分類される5つの症状

頭痛に悩まされている日本人は4人に1人、約3,000万人の人が頭痛持ちだと言われています。頭痛は、頭痛のみの治療ですむ一次性頭痛と、脳卒中や髄膜炎などが原因で起こる二次性頭痛があります。 今回は、一次性頭痛の特徴や分類、 […]

原因不明の頭痛!全身症状・主な症状・他の症状から疑われる病気をチェック

頭痛がひどいけど、痛みの原因が不明だということがあります。ただし、頭痛が発生しているということは、どこかに異常が起きているために発症していることに間違いありません。頭痛が現れたときには、身体のどこかに異常が起きているはず […]

頭痛と微熱が続くときの症状と対処法・注意すべき病気

頭痛が続くときに、微熱があっても特に気になることは少ないです。風邪の前兆かなと思う程度だと思います。このときに高熱が出るようであれば、病院で診てもらうこともありますが37.5度程度の微熱だと、様子を見ることが多いと思いま […]

緊張型頭痛は姿勢が悪いのも原因!凝りの原因になる姿勢の治し方

緊張型頭痛は、姿勢の悪さが痛みの原因になります。悪い姿勢の人は緊張型頭痛が起こりやすいと言えます。頭が痛いということだけではなく、疲れも溜まりやすく肉体的・精神的に疲労が取れないことが多いです。 頭痛の原因は姿勢にもあり […]