顔に使える日焼け止めの種類と選び方|おすすめはコチラ

顔に塗る日焼け止めは、汗や皮脂によるメイク崩れを防ぐためにパウダーが配合されていたり、肌の色を明るく見せる効果があるものなどがあります。化粧下地にも使えるようになっている日焼け止めも多くあります。

顔用に使えるおすすめの日焼け止めを、製品名・特長・紫外線防止効果・紫外線防止成分・落とし方についてまとめました。

顔に使える日焼け止めの種類と選び方

ビオレ さらさらUV アクアリッチ BBエッセンス 】

1.特長

1本で強力紫外線カット+肌色補正するBBタイプのUVエッセンスです。SPF50+なのに、重い圧迫感がありません。くすみや色ムラを補正し、どんな肌色も明るくきれいに整えてくれます。

2.紫外線防止効果

SPF50+
PA++++

3.紫外線防止成分

紫外線散乱剤
紫外線吸収剤

4.落とし方

メイク落としなどで落とす

ビオレ さらさらUV アクアリッチ 美白エッセンス

1.特長

1本で強力紫外線カット+美白もできるエッセンスです。SPF50+なのに、重い圧迫感がありません。メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防いでくれます

2.紫外線防止効果

SPF50+
PA++++

3.紫外線防止成分

紫外線散乱剤
紫外線吸収剤

4.落とし方

メイク落としなどで落とす

ビオレ さらさらUV パーフェクトブライトミルク

1.特長

毛穴・くすみもカバーできるUVミルクです。光補正パウダー配合で肌を明るく整えて、肌の凹凸や毛穴、くすみをカバーしてくれる1本です。

2.紫外線防止効果

SPF50+
PA++++

3.紫外線防止成分

紫外線散乱剤
紫外線吸収剤

4.落とし方

メイク落としなどで落とす

ビオレ さらさらUV パーフェクトフェイスミルク

1.特長

肌がテカらず、皮脂くずれを防ぐUVミルクです。さらっとした軽いつけ心地で、重い圧迫感がありません。皮脂吸収パウダー配合で、テカらず、化粧くずれしない日焼け止めです。

2.紫外線防止効果

SPF50+
PA++++

3.紫外線防止成分

紫外線散乱剤
紫外線吸収剤

4.落とし方

メイク落としなどで落とす

キュレル UVミルク 】

1.特長

セラミドケアしながら紫外線から肌を守ります。軽いつけ心地で肌が潤う乳液タイプで、乾燥性敏感肌の人におすすめです。

2.紫外線防止効果

SPF30
PA++

3.紫外線防止成分

紫外線散乱剤

4.落とし方

キュレル ジェルメイク落としがおすすめ

キュレル UVクリーム 】

1.特長

セラミドケアしながら紫外線から肌を守ります。ベタつかずしっとり感が続くクリームタイプの日焼け止めです。乾燥性敏感肌の人におすすめです。

2.紫外線防止効果

SPF30
PA++

3.紫外線防止成分

紫外線散乱剤

4.落とし方

キュレル ジェルメイク落としがおすすめ

キュレル 美白UVミルク 】

1.特長

セラミドケアしながら紫外線から肌を守ります。美白もできるUVカット乳液タイプの日焼け止めです。乾燥性敏感肌の人におすすめです。

2.紫外線防止効果

SPF30
PA++

3.紫外線防止成分

紫外線散乱剤

4.落とし方

キュレル ジェルメイク落としがおすすめ

まとめ

顔に日焼け止めを塗るときは、しっかりと保湿を行ない、クリームタイプのものを使うと塗りやすいです。

顔に日焼け止めを塗る手順としては、

・日焼け止めを適量、手に取る

・顔の左右のほほ、おでこ、鼻、あごにおおまかにつける

・日焼け止めを伸ばす

・顔、全体になじませる

という塗り方でいいです。ほほと鼻は日焼けしやすいので少し多めに、または二度塗りしておくといいです。