【おすすめ】気になる子供の勉強法

子供の成績を上げてくれたWEB学習「スタディサプリ」
 
小学4年生から中学3年生までを対象にしたオンラインサービスで学習できる「スタディサプリ」を実際に使って成績が上がった人の体験談です。1週間の無料体験があり、月額料金は980円(税抜)という費用でもコンテンツが豊富!成績を上げた方法、使い方など詳しくまとめられています。

インフルエンザ予防接種の副作用!腫れたときは冷やす

946-1

インフルエンザ予防接種を受けた後に、注射を打ったところが赤く腫れたり、かゆくなったりすることがあります。

パンパンに腫れることもあり、初めての方はビックリするかも知れませんが、しっかりと冷やすことで腫れやかゆみの症状は改善されます。

スポンサーリンク


予防接種の腫れやかゆみは副作用の一種

946-1

インフルエンザ予防接種を受けた後に、腫れたり、痒くなったりすることがありますが、これはアレルギー反応の一種で副作用(副反応)の1つです。

10%~20%の人に、腫れやかゆみの副作用が見られるようです。

  • 腫れは2~4日ほど
  • 痒みは1~3日ほど

で症状が改善されることが多いです。個人差があるため、1週間ほど続く人もいるようです。

スポンサーリンク

注射のあとが腫れたり痒みがでたら冷やす

腫れる人は、パンパンに腫れてしまう人もいますし、一緒に痒みを伴う人もいます。そのときには、腫れたり、かゆみのある部分をタオルで冷やしたり、冷えピタなどを貼って冷やすといいです。

予防接種を受ける際に、先生から説明があると思います。腫れたときやかゆみが発生した時には冷やして下さいと。

大人であれば、痛みや痒みが少しぐらい出ても我慢することができますが、子供だと心配になることがあります。そのときには冷やして様子を見るようにしましょう。

腫れやかゆみが肩や肘のほうまで広がったり、体の他の部位にアレルギー反応が起きている場合には、医療機関で診てもらうようにしましょう。医師に見てもらったほうが安心することができますから。

スポンサーリンク