【おすすめ】気になる子供の勉強法

子供の成績を上げてくれたWEB学習「スタディサプリ」
 
小学4年生から中学3年生までを対象にしたオンラインサービスで学習できる「スタディサプリ」を実際に使って成績が上がった人の体験談です。1週間の無料体験があり、月額料金は980円(税抜)という費用でもコンテンツが豊富!成績を上げた方法、使い方など詳しくまとめられています。

知っておきたい熱中症予防!夏を乗り切るための食事対策のポイント

115-2

真夏日が何日も続く夏。

照りつける陽ざしが強く、外だけではなく、部屋にいても暑さを感じ熱中症になる人も多くいます。

熱中症は、規則正しく、バランスの良い食事をすることで暑さに負けない体づくりも予防のポイントになります。

スポンサーリンク


体の中から熱中症対策

食事は体の健康を支えるための基本です。

食事を抜いてダイエットをしたり、朝食を食べないという人も多いですが、食事を抜くと栄養が脳や体に十分に行き渡らず、だるさを感じたり、頭がボーッとしたり、新陳代謝が悪くなったりと気温の変化に体が対応出来なくなる恐れがあります。

食事は1日3食、決まった時間に規則正しく食べることが「熱中症にならないための体づくりの基本」です。

六大栄養素をバランス良く食べよう!
暑い夏になると、そうめんや冷やし中華など冷たい麺類を多く食べることが多いと思いますが、栄養が糖質に偏ってしまうためオススメできません。様々な栄養素をまんべんなく摂ることが健康の秘訣です。

  • 糖質
  • タンパク質
  • 脂質
  • ビタミン
  • ミネラル
  • 食物繊維

この6つが六大栄養素です。主食、主菜、副菜をそろえることで栄養バランスのとれた食事になります。

熱中症になりにくい体を作るのに意識して食べたいのが、血液や体の組織に必要となるタンパク質で、疲労回復にも効果があります。

さらに、体調を整えるビタミンやミネラル、食物繊維が豊富な野菜や果物を食べるといいです。

夏バテ気味の人、高齢者、子供には、きちんとした栄養バランスのとれた食事を摂ることが大切です。

熱中症になりにくい体づくり!食事のポイント

426-1

3食決まった時間に食べましょう。

426-2

良質なタンパク質を食べましょう。

豚肉、ハム、うなぎ、卵などを多く食べるといいです。

426-3

野菜や果物を欠かさずに食べましょう。

野菜や果物から水分補給もできますし、体調を整え、免疫力を高めてくれます。夏野菜はきゅうり、トマト、トウモロコシ、オクラなどが有名ですね。

426-4

嗜好品に頼らない。

115-2

体調を整えるために、理想的な食事は和食です。

梅干しなどに含まれているクエン酸、塩分、ミネラルは乳酸の発生を抑え、疲労回復に効果があります。

 

スポンサーリンク