【おすすめ】気になる子供の勉強法

子供の成績を上げてくれたWEB学習「スタディサプリ」
 
小学4年生から中学3年生までを対象にしたオンラインサービスで学習できる「スタディサプリ」を実際に使って成績が上がった人の体験談です。1週間の無料体験があり、月額料金は980円(税抜)という費用でもコンテンツが豊富!成績を上げた方法、使い方など詳しくまとめられています。

子供の熱中症!発熱・頭痛・おう吐の前に気付こう!保護者は熱中症に警戒を

夏は熱中症になる人が多い季節です。

炎天下で、遊んだり、部活をしたり、スポーツをしたり、運動したりして大量の汗をかき、水分と一緒に塩分が失われ、体温調整がうまく出来なくなってきます。

大人と違い子供、子供と言っても今回は、小学生・中学生・高校生の乳幼児以外を対象とした熱中症の症状や対策・予防についてまとめています。

スポンサーリンク


子供が熱中症になりやすい理由とは?

子どもの場合には、体温の調整機能が発達していく時期ではありますが、「自分は大丈夫」という気持ちが優っていて、子ども自身が熱中症の自覚が無いことが多いです。

体温が上昇し、汗を大量にかいていることも、分かっていないことも多いので、熱中症の症状が見過ごされてしまいがち。

親も、「うちの子ども、汗っかきなのよねぇ」なんて思っているだけのことが多く、熱中症の症状が重症化して初めて気が付くことが多いのです。

保護者は熱中症への警戒を怠らないようにしましょう!

保護者または大人が見逃したくない熱中症の症状
子供は脱水状態や熱中症になりやすいので、次の症状が見られる場合には水分補給や涼しい場所で休憩させるようにしましょう。

  • 手足がしびれる
  • めまい、立ちくらみがする
  • 筋肉が痛い
  • 気分が悪く、ボーとする
  • 頭がガンガンと痛む
  • 吐き気がする
  • 体がだるい
  • 意識が何となくおかしい

このような症状が見られる時には、すぐに水分補給をして、涼しいところで休ませる必要があります。

子供は、少しくらい体調が悪くても大丈夫と思って、夢中になって遊んでしまいますが、何か様子がおかしいと思ったら、水分補給と休憩をさせましょう。

子供の熱中症対策と予防法

  • 自主的に水分補給をする
    暑い炎天下で動く時には、15分~20分に1回はスポーツ飲料や食塩水を飲むようにしましょう。飲み物は5~15℃に冷やしておくと、体の中から冷やし体温を下げる効果があります。
  • 暑い日の部活やスポーツは無理をしない
    気温が30℃以上、湿度が60%以上の時は、体温が上がり熱中症になりやすい環境です。激しい運動は控えるか、15~20分おきに休憩と水分補給をとりましょう。集団行動だと個人が自由な行動を取りにくいので、指導者や保護者が熱中症予防を行なう必要があります。
  • 服装は速乾性、通気性が良いものを選ぶ
    外で遊ぶ時もそうですが、特に運動する時は大量の汗をかき、体の熱を奪って体温を下げてしまいます。体温調整をサポートするためにも速乾性、通気性の良い素材のものを選びましょう。特に野球のキャッチャーや剣道などは専用の防具を外して休憩するようにしましょう。
  • 全校集会や遠足などで体調が悪くなったらすぐに助けを求める
    暑い日の遠足や全校集会では熱中症になりやすい状況です。子供の体調を確認して、水分補給やめまいや吐き気、顔色が悪かったりしたら保健室で手当を受けるなどの対応が必要です。体育館や講堂でも熱中症の危険がありますので、指導者や保護者は子どもたちの体調に気を配りましょう。
  • 栄養バランスのとれた規則正しい食生活
    朝は眠いから食べないとか偏食の子供が多く見られます。また、暑い日が続くと清涼飲料水やアイスなど冷たい物を多くとってしまいます。栄養バランスに偏りが無いか、食欲が減退していないか子供の体調を確認するようにしましょう。
  • 睡眠をしっかりと取り疲れを翌日に残さない
    暑さと夏休みで生活が不規則になりがち。寝不足になると疲れが取れず、日中に力が入らないという悪循環に陥ります。成長期の子供の疲労回復は成長ホルモンの分泌がピークになる夜10時から深夜2時なので、この時間にしっかりと睡眠するようにしましょう。

子供の熱中症のチェックリストも活用するといいです。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています



熱中症になって病院に運ぶ時に注意したいこと!

熱中症の症状がみられた場合、意識があるか・ないかを確認することと、嘔吐や吐き気が無いかを確認することが大切になります。 このような症状の時は、無理やり水を飲ませたりすると気管に入ってしまい危険な状態になる可能性があるため […]



熱中症が発生しやすい場所!6割は屋外で4割は屋内で発生

熱中症は外にいる時になると思っていましたが、室内や屋内にいても熱中症になるんですね。 屋外であれば、暑いから体調を崩して熱中症になりやすいということは何となく分かりますが、涼しい部屋でも熱中症になるというのは何故?と疑問 […]



これって熱中症?熱中症の初期症状について教えて

熱中症で病院に運ばれる人っているけど、熱中症になる前に前兆ってやっぱりあるんですよね。 私も、暑い日にはのどが渇いたり、めまいがしたりすることがあるからそんな時は熱中症の前兆かなと思って水分を摂って少し休むけど、熱中症の […]



熱中症の症状!熱けいれん・熱失神・熱疲労・熱射病の症状とは?

重度の熱中症になると、熱けいれん・熱失神・熱疲労・熱射病の症状が現れますというのは、色んなサイトで紹介されていますよね。 でも、それぞれの症状が、どんな時に起こるのか分からなかったので調べてみました。



熱中症になりやすい人の特徴と体質|チェックシートで予防対策

夏になると暑い日が続くと熱中症の症状を起こす人がいますが、それ程、暑くなくても熱中症になる人もいます。年齢や体調、水分のとり方、住居環境、運動や労働のほかに病気を持っている人や暑さに慣れていない人など、いくつかの条件が重 […]



熱中症になりやすい運動とは?スポーツ活動における熱中症予防の5つのポイント

私は若い頃、サッカー部や陸上部、水泳部などに入って運動ばかりしていました。 その頃は、気合で乗り越えろ!みたいなことで水分を飲むのも禁止されていたような時でしたが、その頃でもやっぱり熱中症で倒れる人もいました。 そこで、 […]



日常生活で注意したい!熱中症予防の4つのポイントとは?

熱中症になった人は、症状の重さから日常生活の中で熱中症予防を積極的に取り入れています。 自分が熱中症にならないと、その怖さが分からないですよね。 日頃から熱中症にならないために気をつけたい4つのポイントをまとめておきます […]



水分補給で飲んでる飲み物は熱中症対策になってる?最適な飲み物とは?

暑い日は、自分が思っている以上に汗をかいています。 運動したり、スポーツしたり、工事現場や営業で外回りで汗をかいたという実感がありあすが、プールや水遊びをしている子供も汗をかいています。 熱中症にかからないためにも、定期 […]



持病があり薬を服用している人の熱中症!薬によっては熱中症になりやすいので注意

持病を持っていて、薬を飲んでいる人の中には、薬の作用で熱中症を起こしやすくなっていることがあります。 また、体力的にも弱くなっているため、熱中症になりやすいので注意が必要です。 持病があり、薬を服用している人の熱中症の症 […]



熱中症の応急処置の時の水分補給の3つのポイント

熱中症の症状には、「意識があるか?」「意識が無いか?」を確認して適切な対応をする必要があります。 そして、応急処置をする時に注意したい水分補給の方法についてまとめました。



今日の熱中症指数は?暑さ指数(WBGT)を活用して熱中症予防

熱中症予防には、「高温注意情報」や「暑さ指数」の情報を活用して対策を取ることが大切になります。 「高温注意情報」と「暑さ指数」の意味を知り、夏場の行動計画に役立てると熱中症予防になります。



熱中症にならないための体質改善!暑さに慣れるための簡単な方法

暑さに弱い人っていますよね。 事務職の人は特に、日中の暑い時に外に出ることが無く、たまに銀行や買い物で外に出て帰って来ただけで、体調を崩したり、暑さにやられて、熱中症の初期症状にかかったりします。 ある女性から、「熱中症 […]



熱中症が起こりやすい時期と気象条件!ヒートアイランド現象が原因

熱中症が起こりやすい時期は、ジメジメと蒸し暑くなる梅雨入り時期の6月頃から、ニュースなどで熱中症に注意するように報道されますよね。 恐らく、暑い猛暑日はもちろん注意しないといけないと思いますが、熱中症になりやすい時期と気 […]



赤ちゃん・乳児・幼児の熱中症の初期症状を見逃すな!親の配慮が必要です

赤ちゃんや乳幼児の子供がいる家庭では、暑い夏の時期になると色んなことが心配のタネになりますよね。 その中の1つが熱中症だと思います。 熱中症は、大人だけでなく赤ちゃんや乳幼児も発症するから、気が気ではありません。 赤ちゃ […]



熱中症予防!お茶で水分補給は間違い!最適な飲み物とは?

熱中症対策に水分補給をしましょう! 水分を摂るのは大切なことですが、あなたは「何を飲んで」水分補給していますか? もしかしたら、その水分補給は間違っているかも知れませんよ。 熱中症の予防になる飲み物について調べてみました […]



熱中症対策!衣服を緩めて、身体を冷却するための7つのポイント

熱中症になる原因は、身体の熱を上手く放出することができずに体内温度が高くなることから症状がでます。 そのため、熱中症になったら、涼しい場所に移動して、身体を冷やす必要がありますので、そのポイントをまとめています。



部活動・スポーツをする人の熱中症チェックリスト!運動する前にまず確認

部活動やスポーツを夏休み期間にする人は、炎天下の中で長時間運動することになるので、熱中症になりやすい環境にいます。 運動すると筋肉が動き熱を発生させるため、体内温度が上がります。 暑さに慣れていない時期や体調が悪い時には […]



熱中症になりやすい時間は?この時間帯は子供も大人も注意が必要!

熱中症になりやすい時間帯ってありますか? 実は私、営業に行く時に電車の時間に間に合いそうになく、ほんの3分程度走っただけで熱中症の初期症状のめまいや立ちくらみになってしまいました。 その時は、お昼ごはんのあとだったので1 […]



熱中症対策グッズを役立てよう!おすすめアイテムを場所別で活用しよう

暑さを感じ始め、熱中症予防をするなら、備えておきたいアイテムがあります。 外出時や睡眠時、スポーツをする時、部屋にいる時などシーンに合わせて活用したい対策グッズをまとめました。



運動する人の熱中症対策!外気温だけでなく体内の熱にも注意が必要

運動やスポーツによる熱中症は、10代に多く見られます。 部活動や趣味でのウォーキングやマラソン、登山などの最中に熱中症になる人が多くいます。 運動やスポーツをする人の熱中症対策と予防についてまとめています。

子供の熱中症の予防

295-1

年齢別で見た熱中症の発生場所別患者数の割合を見ると、7歳から18歳は男女ともに運動中に熱中症になっている割合が多いことが分かります。

やっぱり、外で遊んだり、部活やスポーツをしている時に熱中症になる確率が高いことが伺えますね。

子供の熱中症対策と予防
  • 15~20分に1回休憩を取り、スポーツ飲料や食塩水(1リットルの水に食塩1~2g加えたもの)を飲む。
  • 水分は一気に飲むのではなく、1回100mlずつ飲む。
  • 運動する時は帽子を被り、速乾性、通気性の良い服装にする。
  • お菓子やインスタント麺などの偏食を避け、栄養バランスの良い食事をする。
  • 消化機能が低下して食欲が落ちると冷たい炭酸飲料やアイスが食べたくなりますが、食べ過ぎには注意。
  • 夜更かしをさせないで、規則正しい生活をおくる。
  • 計画的に睡眠を取るようにし、疲労回復のために夜10時から深夜2時の時間は睡眠を確保する。

熱中症は、汗っかきだからでは済まされない症状です。熱中症で亡くなられる人もいるため、過信は禁物。夏休みの間の健康管理は親がきちんと管理してあげましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

熱中症にならないための服装のポイント!男性と女性でチェック

暑い日でも、会社員の人はスーツ姿で汗だくで外回りをしていたりしますよね。 クールビズという動きも盛んになり、ノーネクタイの会社も増えてきましたが、それでも真夏は暑く、下着もスーツのズボンも汗臭くなってしまいます。 熱を逃 […]

熱中症になりやすい時間は?この時間帯は子供も大人も注意が必要!

熱中症になりやすい時間帯ってありますか? 実は私、営業に行く時に電車の時間に間に合いそうになく、ほんの3分程度走っただけで熱中症の初期症状のめまいや立ちくらみになってしまいました。 その時は、お昼ごはんのあとだったので1 […]

水分補給で飲んでる飲み物は熱中症対策になってる?最適な飲み物とは?

暑い日は、自分が思っている以上に汗をかいています。 運動したり、スポーツしたり、工事現場や営業で外回りで汗をかいたという実感がありあすが、プールや水遊びをしている子供も汗をかいています。 熱中症にかからないためにも、定期 […]

熱中症が起こりやすい時期と気象条件!ヒートアイランド現象が原因

熱中症が起こりやすい時期は、ジメジメと蒸し暑くなる梅雨入り時期の6月頃から、ニュースなどで熱中症に注意するように報道されますよね。 恐らく、暑い猛暑日はもちろん注意しないといけないと思いますが、熱中症になりやすい時期と気 […]

熱中症に!スポーツジムから帰ってきたら激しい頭痛に吐き気・寒気で動けず

健康のために毎日、スポーツジムに通って運動不足を解消しています。 体力もそこそこ付いてきて、楽しく通っていましたが通い始めて1ヶ月、暑い夏を迎えて、いい汗を今日もかいたと家に帰って来ました。 家に帰ってきてから、ちょっと […]

熱中症になったらどうすればいいの?応急処置・対処法を教えて!

熱中症になった時に、どんな対処をしないといけないのか知っていますか? 日陰や涼しい場所に移動して、体を冷やしたらいいんでしょ! 確かにそうですが、熱中症の初期症状の時と熱けいれん、熱失神、熱疲労、熱射病と症状が進むにつれ […]

乳幼児の熱中症チェックリスト!重症化は命に関わるため早期に気づくことが大切

赤ちゃんや乳児・幼児は、自分の体調の変化に気が付くのが遅く、言葉が話せない時期には、親がいち早く気がついてあげる必要があります。 そのためには、熱中症が疑われる症状のポイントをあらかじめ把握しておく必要がありますよね。 […]

運動する人の熱中症対策!外気温だけでなく体内の熱にも注意が必要

運動やスポーツによる熱中症は、10代に多く見られます。 部活動や趣味でのウォーキングやマラソン、登山などの最中に熱中症になる人が多くいます。 運動やスポーツをする人の熱中症対策と予防についてまとめています。

熱中症予防!お茶で水分補給は間違い!最適な飲み物とは?

熱中症対策に水分補給をしましょう! 水分を摂るのは大切なことですが、あなたは「何を飲んで」水分補給していますか? もしかしたら、その水分補給は間違っているかも知れませんよ。 熱中症の予防になる飲み物について調べてみました […]

熱中症対策!衣服を緩めて、身体を冷却するための7つのポイント

熱中症になる原因は、身体の熱を上手く放出することができずに体内温度が高くなることから症状がでます。 そのため、熱中症になったら、涼しい場所に移動して、身体を冷やす必要がありますので、そのポイントをまとめています。

これって熱中症?熱中症の初期症状について教えて

熱中症で病院に運ばれる人っているけど、熱中症になる前に前兆ってやっぱりあるんですよね。 私も、暑い日にはのどが渇いたり、めまいがしたりすることがあるからそんな時は熱中症の前兆かなと思って水分を摂って少し休むけど、熱中症の […]

持病があり薬を服用している人の熱中症!薬によっては熱中症になりやすいので注意

持病を持っていて、薬を飲んでいる人の中には、薬の作用で熱中症を起こしやすくなっていることがあります。 また、体力的にも弱くなっているため、熱中症になりやすいので注意が必要です。 持病があり、薬を服用している人の熱中症の症 […]

熱中症の症状!熱けいれん・熱失神・熱疲労・熱射病の症状とは?

重度の熱中症になると、熱けいれん・熱失神・熱疲労・熱射病の症状が現れますというのは、色んなサイトで紹介されていますよね。 でも、それぞれの症状が、どんな時に起こるのか分からなかったので調べてみました。

熱中症だと分かった時の涼しい場所に移動する際の3つのポイント

熱中症になる場所は、デパートや家の近くだけではなく、スポーツや仕事中、または登山やマラソン中などになることもあります。 涼しい場所に移動する際にポイントについてまとめてみます。

自分で作ってみた!熱中症予防の簡単経口補水液の作り方

暑い日が続き、気がつかない間に脱水状態になってしまっていることがあります。 脱水状態を改善するためには、水分補給が必要不可欠ですが、単なる水を飲むだけでは、脱水状態を改善することはできません。 汗と一緒に塩分も体から排出 […]

赤ちゃん・乳児・幼児の熱中症の初期症状を見逃すな!親の配慮が必要です

赤ちゃんや乳幼児の子供がいる家庭では、暑い夏の時期になると色んなことが心配のタネになりますよね。 その中の1つが熱中症だと思います。 熱中症は、大人だけでなく赤ちゃんや乳幼児も発症するから、気が気ではありません。 赤ちゃ […]

熱中症にならないための体質改善!暑さに慣れるための簡単な方法

暑さに弱い人っていますよね。 事務職の人は特に、日中の暑い時に外に出ることが無く、たまに銀行や買い物で外に出て帰って来ただけで、体調を崩したり、暑さにやられて、熱中症の初期症状にかかったりします。 ある女性から、「熱中症 […]

室内にいても熱中症になる!予防のための快適空間を簡単に作る方法

熱中症になるのは何も外で働いている人だけではありません。 部屋・室内・オフィスなどの屋内にいても熱中症にかかる人が増えています。 熱中症にかかる人の約4割が屋内で発症しているというデータがあるので、室内にいるから安心と思 […]

今日の熱中症指数は?暑さ指数(WBGT)を活用して熱中症予防

熱中症予防には、「高温注意情報」や「暑さ指数」の情報を活用して対策を取ることが大切になります。 「高温注意情報」と「暑さ指数」の意味を知り、夏場の行動計画に役立てると熱中症予防になります。

熱中症対策グッズを役立てよう!おすすめアイテムを場所別で活用しよう

暑さを感じ始め、熱中症予防をするなら、備えておきたいアイテムがあります。 外出時や睡眠時、スポーツをする時、部屋にいる時などシーンに合わせて活用したい対策グッズをまとめました。