【おすすめ】気になる子供の勉強法

子供の成績を上げてくれたWEB学習「スタディサプリ」
 
小学4年生から中学3年生までを対象にしたオンラインサービスで学習できる「スタディサプリ」を実際に使って成績が上がった人の体験談です。1週間の無料体験があり、月額料金は980円(税抜)という費用でもコンテンツが豊富!成績を上げた方法、使い方など詳しくまとめられています。

顔や身体にできた赤ニキビの治し方とケア方法

996-1

ニキビが悪化して赤く腫れてしまった赤ニキビは、痛みを伴ったり、かゆみを伴うため、この段階になると本格的に治したいと思うようになる人が多くなります。

赤ニキビの炎症を抑えて、肌のケアをきちんとすることが早期に治すことができるケア方法です。

スポンサーリンク


赤ニキビを早期に治すケア方法

996-1

赤ニキビは毛穴が炎症を起こしている状態のため、まずは炎症を抑える必要があります。この炎症を抑えないと、ニキビが悪化して膿んでしまい、黄ニキビになってしまいます。

スポンサーリンク

ニキビの炎症を抑える

ニキビの炎症を抑えるのに塗り薬を塗ります。顔にできたアクネ菌による炎症の場合と身体にできたマラセチア菌では、塗る薬は異なります。

顔ニキビ 身体ニキビ
原因 アクネ菌 マラセチア菌
皮膚科で処方される主な外用薬 アダパレン(ディフェリン)
クリンダマイシン(ダラシンTゲル)
ナジフロキサシン(アクアチムクリーム)
外用抗菌薬
市販薬 ペアアクネクリームW
テラ・コートリル
クレアラシル

外用薬(塗り薬)を表でまとめてみました。

アクネ菌が原因の顔ニキビの場合は、医療機関だけではなく、薬局などでも購入することができる市販薬がありますので、そちらを使ってみるのもいいです。

マラセチア菌が原因の身体ニキビの場合は、カビの一種のため、医療機関で診てもらい適切な対処をすることが望ましいです。

紹介した塗り薬は炎症を抑えるための薬なので、塗るだけでニキビが治るわけではありません。炎症を抑えながら肌ケアすることも大切になります。

ニキビが出来にくい肌ケアをする

ニキビ周辺の汚れや細菌を除去するために、丁寧に洗顔しますが低刺激のものを使うようにしましょう。

ニキビは肌の柔軟性が失われ、皮脂の分泌が多い状態になると出来やすくなります。肌の柔軟性を取り戻すために、ターンオーバーを促進するビタミンCを含んだ化粧水や美容液で肌ケアすることも大切です。

ビタミンCは食べ物やサプリメントから摂取しても効果があります。

スポンサーリンク