【おすすめ】気になる子供の勉強法

子供の成績を上げてくれたWEB学習「スタディサプリ」
 
小学4年生から中学3年生までを対象にしたオンラインサービスで学習できる「スタディサプリ」を実際に使って成績が上がった人の体験談です。1週間の無料体験があり、月額料金は980円(税抜)という費用でもコンテンツが豊富!成績を上げた方法、使い方など詳しくまとめられています。

インフルエンザ予防接種後の発熱の理由と対処法

インフルエンザ予防接種後に発熱することがあります。熱は38℃以上になることがあり、インフルエンザ予防接種でインフルエンザに感染したのではないか、インフルエンザの検査をして欲しいという人がいます。

インフルエンザ予防接種後に発熱する理由と、その際の対処法について紹介します。

スポンサーリンク


インフルエンザ予防接種後に発熱する理由

986-1

インフルエンザワクチン接種後の発熱は、予防接種の副作用・副反応の一種で、発熱や頭痛、寒気、だるさなどの全身反応は予防接種の5~10%の人に見られますが、通常は2~3日で回復します。

インフルエンザ予防接種のワクチンは「不活化ワクチン」を使っていて、ウイルス自体は生きていませんので、インフルエンザに感染することはありません。

予防接種の副作用・副反応は、体内に異物が入ったことで起こる免疫反応の一種で、異物に対抗するための抗体を身体が作っているときの反応の一つです。アレルギー反応を起こしている状態で、インフルエンザワクチンに対しての抗体を体内で作っている状態とも言えます。

インフルエンザ予防接種後に発熱したから、ウイルスに感染したのではないかというのは一概には言えません。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています



インフルエンザと定期接種の同時接種は問題なく一緒にしたほうがいい

インフルエンザ予防接種を受ける時期になり、気になるのが定期予防接種や任意予防接種の同時接種です。同時に複数の予防接種をすることでの危険性や同時接種できないものが無いのか気になり調べてみました。 定期予防接種と任意予防接種 […]



ロキソニンとカロナールの違いを比較【成分・効能・特徴など】

解熱鎮痛剤として、良く飲まれている「ロキソニン」と「カロナール」ですが、それぞれに特徴がありますので、その特徴を分かりやすく比較してみました。 特にインフルエンザ感染時には注意が必要なものですので確認しておきましょう。



授乳中でもインフルエンザ予防接種は受けられる?赤ちゃんへの影響は…

赤ちゃんがいて、まだ授乳中だというママが気になるのは、赤ちゃんへの影響がないかどうかですよね。 授乳中でもインフルエンザ予防接種を受けてもいいのか、赤ちゃんへの影響は無いのかまとめています。



インフルエンザになったときの出勤停止期間は?法律で決まっているの?

インフルエンザに罹(か)ってしまったら、会社に一定期間は行くことができませんので欠席する必要があります。インフルエンザは飛沫感染や接触感染しますので、インフルエンザになってしまったときには、ウィルスが無くなるまでは出勤停 […]



子供へのインフルエンザ治療薬!年齢別にみた抗インフルエンザ薬の投与目安

インフルエンザの感染した場合の治療薬としては、タミフルやリレンザなど4種類の薬があります。 インフルエンザ治療薬の種類別に、子供への使用についてまとめました。



病院の先生に聞いた!受験生がインフルエンザ予防接種を受けるのに一番いい時期とは?

受験生にとって、インフルエンザで受験できなかったという事態だけは避けたいところですよね。 今まで、寝る間も惜しんで勉強して第一希望の学校の入試日前日にインフルエンザになってしまったという話もよく聞きます。 インフルエンザ […]



医師に相談し蕁麻疹治療中にインフルエンザ予防接種を受けた

今年の夏、何が原因なのか分からない蕁麻疹が身体に出るようになったため治療中です。昨年はインフルエンザ予防接種をせずに、感染してしまい、大変な苦しみを体験しました。 蕁麻疹の治療で通院している先生に蕁麻疹の治療中に、インフ […]



子供のインフルエンザには注意!脳症や脳炎という後遺症が残ることがある

インフルエンザで一番重い症状のインフルエンザ脳症・脳炎。特に免疫力の低い幼児や小児がインフルエンザ脳症・脳炎を引き起こすことがあります。 子供がインフルエンザになり、重症化することも考えて予防や治療をしていくことが必要に […]



風邪・インフルエンザの発熱による5つの症状別の下げ方

風邪やインフルエンザで熱が出たときは、前兆期・上昇期・ピーク期・下降期・解熱後の5つに症状を分けて、それぞれの状況にあった熱のコントールをすることで熱を早く下げることができます。 熱が下がらない、ぶり返さないためにも、熱 […]



インフルエンザ予防接種は生後6ヶ月の赤ちゃんから受けることができる!

冬の時期になり、10月・11月になるとインフルエンザが流行り始めてきます。そのため、症状を軽くするためにインフルエンザの予防接種を大人は受けますが赤ちゃんはいつからインフルエンザの予防接種を受けられるのでしょう? 大人で […]



2015年のインフルエンザ予防接種値上げは平均265円

2015年のインフルエンザ予防接種料金は、ワクチンの値段が上がったことから、予防接種費用も値上げされています。 医療機関が製薬会社から仕入れる値段が500円程高くなることから、それに伴いインフルエンザ予防接種料金も高くな […]



インフルエンザで腹痛・下痢の症状が出た時の対処法

インフルエンザの症状としては、高熱や倦怠感・関節痛など全身症状が知られていますが、腹痛や下痢の症状が出ることもあります。 インフルエンザ感染時の腹痛や下痢の症状の対処法とノロウイルスとの症状の違いを確認していきましょう。



子供のインフルエンザ予防接種!違う医院で受けたら腫れた

乳幼児の子供のインフレンザ予防接種をするときは、2回接種しないといけません。 1回目は特に副作用が無かったのに、2回目に注射したあとが腫れてしまいました。1回目は腫れなかったのに、2回目のときに腫れたのはどうしてでしょう […]



インフルエンザと風邪の兆候の見分け方!感染日数別症状経過一覧

寒い時期になり、空気が乾燥してくるので細菌やウイルスの活動が活発になり、風邪やインフルエンザを発症します。でも、風邪もインフルエンザも症状が似ているため、風邪なのか、インフルエンザなのか判断できないことがあります。 そこ […]



インフルエンザ予防接種前の飲酒は適度、接種後は大量飲酒は避ける

働いているとインフルエンザ予防接種の前日や当日に飲み会があり、飲酒しないといけない場合があります。 前日と当日の飲酒については、前日は適度な量に控え、接種当日は大量飲酒を避けるようにするといいです。



インフルエンザ予防接種の注射後は揉んではいけない理由

インフルエンザ予防接種の注射したあと揉みほぐす人がいますが、注射したあとは揉まないようにしましょう。 揉んだほうが早く効くとか、腫れないように揉んだほうがいいという人がいますが、インフルエンザ予防接種の注射したあとは揉ん […]



鼻で打つインフルエンザ予防接種!フルミスト方式と注射の違いを比較

インフルエンザウイルスの予防接種は、注射が怖いという理由で子供だけでなく大人の人も受けない人がいます。 インフルエンザ予防接種は注射しかないと思っていましたが、注射以外にも鼻に噴霧するフルミスト方式というものがありました […]



インフルエンザ感染予防のポイント!手洗い・アルコール消毒・マスク・咳の4つを実践しよう!

毎年、10月~3月に掛けてインフルエンザが流行します。高熱が出たり、倦怠感や関節の痛み、場合によっては重症化する恐れがあります。 インフルエンザの感染を防ぐためには、体内にインフルエンザウィルスが入ってくるのを防ぐことと […]



熱があるとインフルエンザ予防接種を打てない理由

インフルエンザ予防接種を受ける際に問診票でも確認しますし、体温計で熱を測って37.5℃以上あると予防接種を打つことができません。 発熱していると、どうしてインフルエンザ予防接種を受けることが出来ないのでしょう?その理由に […]



インフルエンザの感染時期はいつからピークになるの?

毎年、冬になると流行るインフルエンザですが、何月くらいからインフルエンザになる人が増えてくるのでしょうか。 気を付けないといけないのは冬だけで、他の月はインフルエンザについては、気を付けなくてもいいのか調べてみました。

インフルエンザ予防接種後の発熱の対処法

予防接種後の発熱は副作用・副反応の一つで、身体の防御反応であり、危険性は少ないと言えます。予防接種後に高熱が出た場合には、風邪の時の熱を下げる対処法と同じです。

インフルエンザに感染している可能性は低いので、次のような対処法で熱を下げるといいです。

  • 身体を温めるものを飲む
    血行を良くして、身体を温める働きがある生姜湯を飲んだりして身体を温めるといいです。高熱が出ているときは汗をかくので水分補給にもなります。生姜は、はちみつ生姜レモンやすりおろしリンゴ生姜入り、生姜黒糖湯などがおすすめです。
  • 身体を冷やさないようにする
    手足の末端部分が冷たくなると体調が悪化することがありますので湯たんぽなどで温めるようにします。汗をかいたら服やシーツは変えるようにしましょう。
  • 熱を下げるにはリンパが集まる部分を冷やす
    熱を冷ますときにおでこを冷やしますが、これでは熱は下がりません。首の周り、脇の下、太ももの付け根を冷やすのが効果的です。

また、インフルエンザの感染でなければ、解熱剤を飲むこともできます。ただし、インフルエンザの場合、子供はインフルエンザ脳症になるリスクもあるため、バファリン、ロキソニン、イブプロフェン、ボルタレンなどの解熱剤の使用は避け、成分がアセトアミノフェンの解熱剤を選ぶようにしましょう。

 インフルエンザの時に飲める解熱剤はアセトアミノフェンのみ

 成分がアセトアミノフェンの解熱剤

 インフルエンザ脳症・脳炎とは・・・

免疫力低下を実感!
免疫力を高める方法を実践した結果はコチラ

予防接種後に注意したい症状

インフルエンザ予防接種後に発熱したときに注意したいのは、アナフィラキシーショックの症状が出ていないかを一緒に確認するといいです。

  • 湿疹(しっしん)
  • じんましん
  • 痙攣(けいれん)
  • 運動障害
  • 意識障害
  • 呼吸困難

の症状がある場合には、すぐに医療機関に行って診てもらうようにしましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

子供へのインフルエンザ治療薬!年齢別にみた抗インフルエンザ薬の投与目安

インフルエンザの感染した場合の治療薬としては、タミフルやリレンザなど4種類の薬があります。 インフルエンザ治療薬の種類別に、子供への使用についてまとめました。

病院の先生に聞いた!受験生がインフルエンザ予防接種を受けるのに一番いい時期とは?

受験生にとって、インフルエンザで受験できなかったという事態だけは避けたいところですよね。 今まで、寝る間も惜しんで勉強して第一希望の学校の入試日前日にインフルエンザになってしまったという話もよく聞きます。 インフルエンザ […]

鼻で打つインフルエンザ予防接種!フルミスト方式と注射の違いを比較

インフルエンザウイルスの予防接種は、注射が怖いという理由で子供だけでなく大人の人も受けない人がいます。 インフルエンザ予防接種は注射しかないと思っていましたが、注射以外にも鼻に噴霧するフルミスト方式というものがありました […]

インフルエンザ予防接種前の飲酒は適度、接種後は大量飲酒は避ける

働いているとインフルエンザ予防接種の前日や当日に飲み会があり、飲酒しないといけない場合があります。 前日と当日の飲酒については、前日は適度な量に控え、接種当日は大量飲酒を避けるようにするといいです。

インフルエンザ予防接種 33の副反応と想定される症状まとめ

インフルエンザワクチンを予防接種で注射すると、副反応が出ることがあります。日本では不活化ワクチンが使われているため、予防接種を受けても副反応が出る人は、生ワクチンに比べて少ないです。 それでも、体質などにより副反応(副作 […]

インフルエンザと日本脳炎を同時接種するのは大丈夫?

3歳になる子供がいると、日本脳炎のワクチン接種とインフルエンザの予防接種の時期が重なることがあります。インフルエンザは毎年流行する感染症ですが、日本脳炎は人から人に感染するものではなく蚊によって感染するため、蚊が発生する […]

インフルエンザ2016-2017の都道府県別予防接種平均料金は?

インフルエンザの予防接種料金は、病院や医院によって価格が違います。私の住んでいる地域でも耳鼻科では3500円だけど、小児科に行くと4500円と金額が全く違います。近くの病院のホームページや行きつけの医院に電話してインフル […]

2015年のインフルエンザ予防接種料金が値上がりする!いくら料金が高くなるのか?

2015年のインフルエンザワクチンの料金が値上がりするという話があります。 なぜ、今年は値上げするのはなぜなのかと、いくらぐらい予防接種の料金が値上げになるのかを調べてみました。

インフルエンザやマイコプラズマの第二種感染症の出席停止期間

幼稚園・保育園・小学校・中学校・高校・大学の学校では、学校感染症を防ぐために学校保健安全法第19条で「校長は感染症にかかっており、かかっている疑いがあり又はかかるおそれのある児童生徒等があるときは、政令で定めるところによ […]

インフルエンザ予防接種の副作用!腫れ・かゆみ・発熱・吐き気など・・・

インフルエンザ予防接種をすると副作用ってあるの? よく聞くのは注射あとが腫れたり、痒くなったり、風邪のような症状が出たりすると聞くけど、実際には、どのような副作用があるのか調べてみました。

インフルエンザの流行状況は?集団発生による学級閉鎖速報を確認する方法

インフルエンザの流行状況を各都道府県別に確認することができます。 発生状況や警報・注意報を確認することができ、また、集団発生による学級閉鎖情報を確認することもできますので、まとめてみました。

インフルエンザ予防接種は午前中に打つと効果大!子供は注意が必要

大阪大学やバーミンガム大学などの研究チームによる「インフルエンザ予防接種を打つ時間」についての論文が発表されました。その内容は、インフルエンザウイルスの予防接種を行なう時間は午前中が効果的だという研究結果となっています。 […]

2015年のインフルエンザ予防接種値上げは平均265円

2015年のインフルエンザ予防接種料金は、ワクチンの値段が上がったことから、予防接種費用も値上げされています。 医療機関が製薬会社から仕入れる値段が500円程高くなることから、それに伴いインフルエンザ予防接種料金も高くな […]

医師に相談し蕁麻疹治療中にインフルエンザ予防接種を受けた

今年の夏、何が原因なのか分からない蕁麻疹が身体に出るようになったため治療中です。昨年はインフルエンザ予防接種をせずに、感染してしまい、大変な苦しみを体験しました。 蕁麻疹の治療で通院している先生に蕁麻疹の治療中に、インフ […]

授乳中でもインフルエンザ予防接種は受けられる?赤ちゃんへの影響は…

赤ちゃんがいて、まだ授乳中だというママが気になるのは、赤ちゃんへの影響がないかどうかですよね。 授乳中でもインフルエンザ予防接種を受けてもいいのか、赤ちゃんへの影響は無いのかまとめています。

子供のインフルエンザ予防接種!違う医院で受けたら腫れた

乳幼児の子供のインフレンザ予防接種をするときは、2回接種しないといけません。 1回目は特に副作用が無かったのに、2回目に注射したあとが腫れてしまいました。1回目は腫れなかったのに、2回目のときに腫れたのはどうしてでしょう […]

インフルエンザの時に飲める解熱剤はアセトアミノフェン

インフルエンザに感染したときの高熱を下げるために家にある解熱剤を飲むのはとても危険です。とくにボルタレンやポンタールなどは使用してはいけません。 小児科で処方される解熱鎮痛剤の「アセトアミノフェン」なら、インフルエンザに […]

インフルエンザ予防接種は生後6ヶ月の赤ちゃんから受けることができる!

冬の時期になり、10月・11月になるとインフルエンザが流行り始めてきます。そのため、症状を軽くするためにインフルエンザの予防接種を大人は受けますが赤ちゃんはいつからインフルエンザの予防接種を受けられるのでしょう? 大人で […]

インフルエンザのA型・B型・C型の違いって何?特徴と症状など

インフルエンザウイルスには種類があることを知っていますか?インフルエンザウイルスにはA型・B型・C型の3つがあり、それぞれのウイルスによってインフルエンザに感染したときの症状が違います。A型にはソ連型・香港型・アジア型な […]

インフルエンザ予防接種の注射後は揉んではいけない理由

インフルエンザ予防接種の注射したあと揉みほぐす人がいますが、注射したあとは揉まないようにしましょう。 揉んだほうが早く効くとか、腫れないように揉んだほうがいいという人がいますが、インフルエンザ予防接種の注射したあとは揉ん […]