【おすすめ】気になる子供の勉強法

子供の成績を上げてくれたWEB学習「スタディサプリ」
 
小学4年生から中学3年生までを対象にしたオンラインサービスで学習できる「スタディサプリ」を実際に使って成績が上がった人の体験談です。1週間の無料体験があり、月額料金は980円(税抜)という費用でもコンテンツが豊富!成績を上げた方法、使い方など詳しくまとめられています。

妊娠中のインフルエンザ予防接種の重症化事例はない!

952-1

インフルエンザ予防接種を妊娠中に接種したときの母子だけでなく、お腹の赤ちゃんへの副作用・副反応が気になります。

赤ちゃんにまで影響が出るなら予防接種はしたくないというのが親心。でも、病院や厚生労働省などで情報を調べてみたら、日本国内では、妊娠中の人がインフルエンザ予防接種を受けて重症化した例は無いとのことです。

スポンサーリンク


日本と海外のインフルエンザワクチン接種での重症化

952-1

妊娠中でもインフルエンザ予防接種を受けても大丈夫だとされている一方で副作用が出たりするから接種しないほうがいいという情報も目にすることがあります。

海外の事例では妊娠している人がインフルエンザワクチンを接種すると、重症化リスクが高いということが言われていますが、日本では妊娠中の人がインフルエンザ予防接種を受けたことで重症化の事例はありません。

海外と日本のインフルエンザワクチンには1つ大きな違いがあります。それは海外は生ワクチンが主流なのに対して、日本は不活化ワクチンを使っていることです。

海外の生ワクチンはインフルエンザワクチンが生きていますが、日本の不活化ワクチンはインフルエンザは生きていないという大きな違いがあり、この差がワクチン接種時の重症化リスクを無くしていると言われています。

スポンサーリンク

予防接種は妊娠初期・中期・後期に関係なく受けられる

妊娠中は、初期・中期・後期の3つに分けられますが、妊娠中にインフルエンザ予防接種を受けるには、いつ受けたほうがいいのか気になりますよね。

結論からいうと、妊娠中の予防接種は初期・中期・後期どの期間でも受けることができます。また、厚生労働省は妊娠中の方は優先的に摂取することを勧めています

それは、インフルエンザに感染したときに症状を少しでも軽くすることで身体への負担を軽減することができるからです。自分の身体とお腹の赤ちゃんのことも考えて、妊娠中の人は進んで予防接種を受けるようにしましょう。

スポンサーリンク