【おすすめ】気になる子供の勉強法

子供の成績を上げてくれたWEB学習「スタディサプリ」
 
小学4年生から中学3年生までを対象にしたオンラインサービスで学習できる「スタディサプリ」を実際に使って成績が上がった人の体験談です。1週間の無料体験があり、月額料金は980円(税抜)という費用でもコンテンツが豊富!成績を上げた方法、使い方など詳しくまとめられています。

インフルエンザ予防接種の副作用!腫れ・かゆみ・発熱・吐き気など・・・

886-1

インフルエンザ予防接種をすると副作用ってあるの?

よく聞くのは注射あとが腫れたり、痒くなったり、風邪のような症状が出たりすると聞くけど、実際には、どのような副作用があるのか調べてみました。

スポンサーリンク


インフルエンザ予防接種の副作用とは?

私自身、インフルエンザ予防接種を受けると注射したあとが腫れて、その後、痒みを伴うことがあります。また、風邪の初期症状のようなだるさを感じます。

予防接種は、体内にワクチンなどの異物を入ることで、体内に抗体を作り、感染した際の症状を軽減するためのものです。

副作用とは、予防接種で体内に入った菌に対する抗体を作ろうという働きが身体の中で起こります。そのときの反応で、腫れたり、痒みが出たり、発熱したりといった反応が起こることを副作用、正式には副反応といいます。

注射した場所にできる副作用

  • 腫れる
  • かゆみがある
  • 痛い
  • 熱を持つ
  • 固くなる
  • しびれる

インフルエンザ予防接種を受けると、このような副作用の症状が10%~20%の確率で起こります。症状は2~3日で収まります。

予防接種で全身に出る副作用の症状

886-2

  • 発熱
  • 頭痛
  • 吐き気・嘔吐
  • 倦怠感・だるさ
  • めまい
  • 下痢
  • 関節痛・筋肉痛
  • 寒気
  • 鼻水

インフルエンザ予防接種を受けたことで、以上のような症状が5~10%の確率で起こります。こちらの症状も2~3日で改善されます。

スポンサーリンク

ワクチン接種によるアレルギー性反応の症状

  • じんましん
  • 発疹
  • 湿疹
  • かゆみ

アレルギー反応による副作用も稀に見られ、症状により異なりますが4~5日続くこともあるようです。

インフルエンザワクチンは卵を使って培養されているため、卵アレルギーの人は注意が必要です。ワクチン接種時には、卵成分は除去されているため問題なレベルになっていますが、予防接種を受ける際には、病院に相談するようにしましょう。

インフルエンザ予防接種による副作用の重症化

  • 痙攣
  • 運動障害
  • 肝機能障害
  • 黄疸(おうだん)
  • ぜんそく
  • 脳症・脳炎
  • 脊髄症
  • ギランバレー症候群

非常に稀なケースではありますが、インフルエンザ予防接種の副作用のにより重症化してしまうことがあります。

接種した日は、激しい運動や飲酒は控え、副作用が無いか体調の変化に気を配っておくほうがいいです。

インフルエンザ予防接種の副作用については、厚生労働省のインフルエンザ情報、医療機関サイトのインフルエンザ予防接種に関する副作用の情報からまとめたものです。

スポンサーリンク