【おすすめ】気になる子供の勉強法

子供の成績を上げてくれたWEB学習「スタディサプリ」
 
小学4年生から中学3年生までを対象にしたオンラインサービスで学習できる「スタディサプリ」を実際に使って成績が上がった人の体験談です。1週間の無料体験があり、月額料金は980円(税抜)という費用でもコンテンツが豊富!成績を上げた方法、使い方など詳しくまとめられています。

インフルエンザに感染いしたかも?潜伏期間にできる7つの予防対策

753-1

インフルエンザは飛沫感染するため、「会社の人が感染した」、「家族が感染した」、「学校のクラスの子供が感染した」または感染していたということがあります。

インフルエンザウイルスは、潜伏期間があるため感染してもすぐに症状が現れる訳ではありません。

そのため、感染しているかもしれない潜伏期間中にできる発症前予防方法がありますので紹介します。

スポンサーリンク


インフルエンザウイルスの潜伏期間

インフルエンザウイルスに感染して発症するまでの期間は、1~5日程度の潜伏期間があります。感染してからインフルエンザの症状が現れるまでの期間で一番多いのは2~3日です。

インフルエンザの潜伏期間中でも、家族や周辺の人に飛沫感染させてしまいます。潜伏期間中でもインフルエンザに感染していることに変わりがないからです。

咳をしたり、咳を手で塞いでしたときには手にインフルエンザ菌が付着しているので、その手で色んな物に触れることで周囲に感染していきます。

スポンサーリンク

感染したかも知れないときの予防法

インフルエンザはある程度の菌が体内で増殖しないとインフルエンザ検査キット「迅速判断キット」で判定することができません。

そのため、家族や感染した人と接触していた場合には、予防のためにも次の7つのことをしておくといいです。

1.手洗いとうがい

841-1

当たり前のことですが、入念に手洗いとうがいをしておきましょう。手洗いは爪の間と手首も洗います。そして、うがいは喉まできちんと洗浄するようにしましょう。

2.部屋の空気を換気する

841-2

部屋の中にインフルエンザウイルスが浮遊していることも考えられますので、外の空気と入れ替えて綺麗な空気を部屋に取り込みましょう。1時間~2時間に1回は換気するのがいいです。

3.加湿器で湿度を50~60%にする

841-3

ウイルスは低温・低湿の乾燥を好みます。加湿器などを使って室内の温度と湿度を適度に保つようにしましょう。

4.室温を20℃前後に暖める

841-4

インフルエンザウイルスは、温度15℃~18℃、湿度40%以下の低温・低湿を好みます。人が快適に思う20℃前後に室温を維持するのが大切です。

5.水分を摂る

841-5

粘膜についたインフルエンザウイルスは20分で体内に侵入します。こまめに水分を摂取することで、粘膜への侵入を水際で防ぎます。

また、体内の水分が不足すると、粘膜からウイルスが侵入しやすくなってしまいます。

6.バランスの取れた食事で栄養を摂る

691-3

栄養バランスの取れた食事は、ウイルスへの抵抗力を付けるのと一緒に体力を高めることで感染しにくくします。

7,睡眠をしっかりと取る

691-0

身体の免疫力と体力を回復させるために睡眠はとても大切なことです。インフルエンザウイルスの感染力に対抗するために、十分に睡眠を取るようにしましょう。

スポンサーリンク