【おすすめ】気になる子供の勉強法

子供の成績を上げてくれたWEB学習「スタディサプリ」
 
小学4年生から中学3年生までを対象にしたオンラインサービスで学習できる「スタディサプリ」を実際に使って成績が上がった人の体験談です。1週間の無料体験があり、月額料金は980円(税抜)という費用でもコンテンツが豊富!成績を上げた方法、使い方など詳しくまとめられています。

インフルエンザの高熱を下げる!市販解熱剤バファリン等を飲んでいいの?

768-1

インフルエンザに感染して38℃以上の高熱が出てつらいから熱を下げるために、市販の解熱剤バファリン、ロキソニン、ボルタレンを飲んでもいいの?

それとも、市販の解熱剤は飲まないほうがいいの?という疑問があり、調べてみました。

スポンサーリンク


インフルエンザの時に解熱剤を飲むと重症化の恐れがある

764-1

インフルエンザに感染すると38℃以上の高熱が数日間続きます。その時に病院に行って、きちんと診断してもらうことが大切ですが、風邪だと思って解熱剤を飲んでしまっていることありませんか?熱が下がらずになぜ効かないんだろうと・・・。

熱を下げたい一心で、バファリン、ロキソニン、ボルタレンなどの解熱剤を飲むのは危険です。

インフルエンザに感染している場合、解熱剤の種類によっては、インフルエンザ脳炎やインフルエンザ脳症になったり、肝機能に障害がでるライ症候群になることがあります。

 インフルエンザ脳症・脳炎とは?

スポンサーリンク

飲んでいい解熱剤はアセトアミノフェンだけ!

768-2

サリチル酸系製剤、ジクロフェナクナトリウムを含む製剤、メフェナム酸製剤をインフルエンザに感染しているときに飲むとインフルエンザ脳炎・脳炎を悪化させる恐れがあります。

そのため、アスピリン・ロキソニン・ボルタレンなどは禁忌と言われています。使用してはいけないということです。

インフルエンザに感染しているときに飲んでいい解熱剤はアセトアミノフェン(またはイブプロフェン)のみです。カロナール、ピリナジン、座薬のアンヒバ、アルピニーになります。

解熱剤の箱の裏に書かれている成分にアセトアミノフェンと書かれているものを探すか、薬局の薬剤師に相談するといいです。

 アセトアミノフェン系解熱剤

インフルエンザの時に飲んで安全な解熱剤
日本小児学会は、「インフルエンザにおける解熱剤の使用については、慎重に行なうこと、そしてしようするのであれば、安全性が高いアセトアミノフェンを」と推奨しています。

10月~3月の高熱には注意!

768-1

インフルエンザが流行する10月~3月の期間に38℃以上の高熱が出た時には、市販の解熱剤を服用するのは止めましょう。

医療機関を受診して、診断してもらうことが一番安全で安心です。どうしても、解熱剤を飲むときには、なるべくアセトアミノフェン系の解熱剤を使用しましょう。

スポンサーリンク