【おすすめ】気になる子供の勉強法

子供の成績を上げてくれたWEB学習「スタディサプリ」
 
小学4年生から中学3年生までを対象にしたオンラインサービスで学習できる「スタディサプリ」を実際に使って成績が上がった人の体験談です。1週間の無料体験があり、月額料金は980円(税抜)という費用でもコンテンツが豊富!成績を上げた方法、使い方など詳しくまとめられています。

納豆には血圧を下げる成分が含まれている!血栓溶解剤よりも効果が高い?

プリント

納豆は栄養バランスがよくて健康にもいいとはよく聞きますよね。

でも、発酵食品のためニオイが苦手という人も多いですが、高血圧の人は薬を飲まないで血圧を下げることができる食べ物になるかも知れません。

納豆と血栓溶解剤の効果について比較したデータもあったので紹介します。

スポンサーリンク


ナットウキナーゼが血栓を溶かす働きがある

寒くなる冬になると心臓発作を起こす人が多くなります。温かいところから寒いところに移動すると血管が縮むため、血流が悪くなり、血栓症を引き起こす確率が高くなります。

血栓症にならないために、納豆に含まれている「ナットウキナーゼ」という成分が血栓を溶かす働きをする作用があります。

ナットウキナーゼが血圧を下げる

ナットウキナーゼが血圧を下げるという作用が実験データで分かっています。

ナットウキナーゼは、血栓を溶かす作用があり、その効果の持続時間が4時間から12時間と個人差はあるものの長時間、作用が続くことが分かっています。

納豆は高血圧を改善する働きもあり、納豆50gを4日間食べ続けた結果、血圧降下したというデータがあります。

スポンサーリンク

血栓溶解剤よりもお得で効果的な納豆

629-1全国納豆共同組合連合臨床実験データ参考:毎日50gの納豆を食べた結果、1ヶ月後には血圧が下がっていた

病院で血栓を溶かすためには、血栓溶解剤が処方されます。納豆200gの効果を得るためには、血栓溶解剤を約20万円分も使ったのと同じ効果があるらしいのです。

納豆1パックが約50gで3パック入りで100円で買えますよね。納豆を食べるだけで血圧を下げる働きがあるなら、お得だし、病院に行きたくないという人には、まずは納豆を毎日食べさせて上げるのもいいですね。

納豆を使った血圧を下げるレシピ

長いもと納豆のねばねばサラダ

629-3

長いものシャキシャキ感を楽しめるようにすると食感を楽しめる。

 作り方はコチラ

スポンサーリンク