【おすすめ】気になる子供の勉強法

子供の成績を上げてくれたWEB学習「スタディサプリ」
 
小学4年生から中学3年生までを対象にしたオンラインサービスで学習できる「スタディサプリ」を実際に使って成績が上がった人の体験談です。1週間の無料体験があり、月額料金は980円(税抜)という費用でもコンテンツが豊富!成績を上げた方法、使い方など詳しくまとめられています。

高血圧の改善に効く!食事改善の食材はかぼちゃ!抗酸化作用で血圧の上昇を防ぐ

高血圧を改善するための食事に取り入れたい食材の「かぼちゃ」。

かぼちゃにはビタミンが豊富に含まれていて、体内の活性酸素による血管の酸化を防ぎ、高血圧や動脈硬化を防ぐ役割りがあります。

スポンサーリンク


かぼちゃが高血圧や動脈硬化を防ぐ

かぼちゃには、日本かぼちゃと西洋かぼちゃがありますが、どちらも家庭の食卓に並ぶ食材ですよね。

栄養価が高く、食物繊維やビタミンC、ビタミンE、カロテンを多く含む食材です。

活性酸素から身体を守るビタミンE

ビタミンEは、身体の中に発生する活性酸素による血管の酸化の進行を抑える効果があります。

活性酸素は血液中のコレステロールにより酸化が進み、血管の壁に張り付き、血管が硬くなり動脈硬化になって血圧が上がる原因になります。

ビタミンEは、酸化を抑えるため、動脈硬化の進行を防ぎ、血圧が上がるのを抑える働きがあります。

肥満予防の効果もあるかぼちゃ

かぼちゃには、豊富な栄養素が含まれています。カリウムや亜鉛などのミネラル、ビタミンC・B1・B2も多く含まれています

ビタミンB1・B2は肥満予防に効果があり、それぞれ、ビタミンB1は糖質を、ビタミンB2は脂質をエネルギーに換える働きがあります。

ファーストフードやコンビニ弁当を食べるなら、かぼちゃ料理の入ったものを選ぶのも1つの選択肢です。

かぼちゃは食物繊維も多いため、便秘解消にもなりますし、余分なコレステロールの排出にもなります。

かぼちゃには動脈硬化を防止するβ-カロテンが多い

585-1

かぼちゃに含まれているβカロテンの量(100g中)は、

  • 皮には、7,190μg
  • 実には、2,640μg
  • わたには、5,440μg

も入っています。

βカロテンは動脈硬化を防止するビタミンAに変化します。

種類 西洋かぼちゃ 日本かぼちゃ
カロテン(μg) 4000 730
ビタミンC(mg) 43 16
ビタミンE(mg) 4.9 1.8
食物繊維(g) 3.5 2.8

かぼちゃを使った高血圧・動脈硬化を防ぐ食事

かぼちゃの味噌汁

585-2

かぼちゃのごま酢あえ

585-3

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

キャベツが高血圧予防・改善に効果あり!様々な健康効果に期待できる

キャベツには、ビタミンC、カルシウム、ビタミンK、ビタミンU、食物繊維が豊富に含まれており、その他にβ-カロテンやカリウム、葉酸や発がん性物質を抑制する効果が期待できるジチオールチオニンという成分も含まれています。 血圧 […]

血圧の上下の差が大きいのは良いの?悪いの?どの位の差が適正値?

私は健康診断の時に、上の血圧が150、下の血圧が91で高血圧ですねって先生から言われました。 去年までは、上の血圧が150を超えることなんてなく、いきなり高血圧と言われてもピンときません。 血圧を毎日測っていたら、血圧の […]

血圧が高い人はカルシウムの取り過ぎに注意!1日の摂取量を守ろう

カルシウムは、骨や歯を形成するのに必要なミネラルで骨など含まれているのが99%、心臓や筋肉の収縮、神経伝達、血液凝固などの細胞に含まれているのが1%と言われています。 このカルシウムの働きについて調べてみました。

酢には血圧降下の作用がある!天然の降圧剤としての作用と実験結果

黒酢やもろみ酢、黒酢にんにくなど血圧安定作用、血液サラサラに。 血圧を下げる働きがあるとされていますが、お酢が血圧を下げる作用をする仕組みと実験データがありましたので簡単にまとめてみました。

高血圧が原因の頭痛!5つの対処法と4つの痛み別治し方

高血圧が原因で頭痛の症状が出ることがあります。高血圧は、少しくらい血圧が高くても気にする人は少ないですが、血圧が高いということは血管のそれだけ負荷が掛かっている状態が長く続いていることになります。 高血圧は後頭部周辺に痛 […]

血圧を下げる薬の目的!降圧薬の副作用と合併症の一覧表

高血圧を治療するのに薬を処方され飲まないといけないことがありますよね。 私はまだ、薬を飲むまではいっていませんが、パンフレットをもらったきたら、血圧を下げる薬や副作用など詳しく書かれていたので、一部をまとめて紹介したいと […]

ドロドロ血液をサラサラ血液に変えることで血圧上昇を防ぐ4つのポイント

血液がドロドロの状態になると、血液を全身に送るためには、力が必要になります。そうすると、血圧が上がる原因になります。 ドロドロ・ネバネバ血液にある原因は4つ。 その4つの原因と改善するためのポイントをまとめました。

【血圧を測る時の位置】手首と腕のどっち?右でも左でも同じなの?

家庭用血圧計を電器屋さんに見に行ったら、色んな種類の血圧計がありました。 血圧計の種類によっては、血圧を測る時の位置が違うんですね。簡単に測れるタイプの血圧計がいいのかなぁと思ったけど、そうでもないみたい。 それに、血圧 […]

血圧が高いのを放っておくとどんな症状が出てきますか?

血圧が高いと言われても、自覚症状がある訳ではないし、今すぐに症状が出るわけでもないなら、放っておいてもいいんじゃない。 と、思ってしまうのは私だけですか? 先生に、この本音を話してみたら、放置する危険度、リスクの高さにつ […]

肥満も高血圧の原因に関係している!適正な食事の量は?

太っている人、つまりは肥満の人は、体に係る負担が大きく骨や関節への負担により、腰痛やひざ痛などを起こしやすいです。 また、高尿酸血症や痛風、脂肪肝、無呼吸症候群など様々なリスクがあると言われています。 今日は、肥満と高血 […]

血圧が正常値でも仕事中は約4割の人が高血圧になっている!仕事場での血圧を下げる3つの方法

健康診断や自宅、病院などで血圧を測っても上下ともに正常値だから安心だと思っている人の約4割の人が、会社で働いているときの血圧が高血圧になっていることがあります。 働いているときに、激しい頭痛や頭が重い、倦怠感を感じたら高 […]

納豆には血圧を下げる成分が含まれている!血栓溶解剤よりも効果が高い?

納豆は栄養バランスがよくて健康にもいいとはよく聞きますよね。 でも、発酵食品のためニオイが苦手という人も多いですが、高血圧の人は薬を飲まないで血圧を下げることができる食べ物になるかも知れません。 納豆と血栓溶解剤の効果に […]

血圧を下げる作用の持続性があるいわしに含まれるペプチド成分

血圧を下げる効果があるペプチドがいわしには含まれています。 いわしペプチドは、血圧降下作用はもちろんのこと、いわしペプチドを摂取しなくても血圧が急に上がらないという実験データがありました。 ペプチド成分の効果やいわしペプ […]

【血圧の正しい測り方】横になって測るの、それとも座って測るの?

この間、病院に行った時に横になって血圧を測っている人がいました。 私はいつも病院でも座って測っていましたが、その人はベッドに横になったまま測っていました。 血圧を測るときに、【横になって測る】のと、【座って測る】のとでは […]

干ししいたけが血圧を下げる!研究機関による検証結果と効果・おすすめレシピ

研究機関の実験によると、干ししいたけの戻し汁やしいたけを毎日食べた高血圧の人が、血圧が下がったというデータがあります。 実験結果と干ししいたけの働きについてまとめています。

血圧が高い原因は病気が引き金になっていることがある!その病気とは?

高血圧になる原因には、原因が分からない本能性高血圧と原因が分かっている二次性高血圧があります。 二次性高血圧の場合は、原因が分かります。 高血圧を引き起こしている病気について確認してみます。

腹式呼吸で30~40mmHg血圧を下げる!高血圧を改善する朝晩5分が大切

血圧を下げるのに薬を飲みたくない、薬を飲まずに血圧を下げたいというにもおすすめなのが、腹式呼吸です。 この腹式呼吸をすることで、血圧を下げてくれる自律神経をコントロールすることができ、さらには冷え性の改善やストレスを緩和 […]

健康診断で上の血圧が150で血圧が高いと言われた!血圧の正常値はいくつ

健康診断で血圧を測ったら上が150でした。 先生から「血圧が少し高いですから、定期的に測ることをおすすめします」と言われました。 今まで、健康診断で血圧が高いと言われたことが無かったから、「上の血圧が150って高いの?」 […]

【食塩6g未満が目標】高血圧を予防・改善する食事のポイントは減塩

1日の食塩の量を6g未満と、塩分を控えめにすると物足りなさがどうしても残ってしまいます。 一気に食生活を変えると、物足りなさから、過食になったり、他のモノを食べたりして、減塩の意味が無くなることもあるそうです。 少しずつ […]

【血圧の正しい測り方】いつ測るの?測る位置は?シャツの上からでも大丈夫?

病院の先生に血圧が高いと言われて、家庭でも血圧を測るようにとも言われました。 今まで、血圧計を使ったことが無く、使い方が良く分からないけど、適当な時間に、適当に腕を突っ込んで測ってました。 でも、正しく血圧を測るための測 […]