【おすすめ】気になる子供の勉強法

子供の成績を上げてくれたWEB学習「スタディサプリ」
 
小学4年生から中学3年生までを対象にしたオンラインサービスで学習できる「スタディサプリ」を実際に使って成績が上がった人の体験談です。1週間の無料体験があり、月額料金は980円(税抜)という費用でもコンテンツが豊富!成績を上げた方法、使い方など詳しくまとめられています。

熱中症の再発防止のためにできる4つのこと!これで安心

熱中症になってしまったけど、体調も楽になってきたし大丈夫そう!と自己判断で休まずに運動したりしても大丈夫なのでしょうか?

熱中症は再発することはないの?と思い調べてみたら、再発の危険性があるから、再発防止をする必要があることがわかりましのでまとめました。

スポンサーリンク


熱中症は繰り返しかかる人がいる!

熱中症になったら、症状が軽いからといって安静にしなかったり、翌日から運動をはじめたりすると熱中症を再発する可能性が高くなります。

病院の先生からは、熱中症の軽い症状であっても最低1週間は様子をみて、運動や作業を再開したほうがいいと言われました。

症状が重い人は1週間よりも長い期間で様子をみる必要があり、十分な休養が必要になってくるとのことです。

特に工事現場など仕事に関わる人にとっては、いつまでも休んではいられないという気持ちもあります。

でも、再発すると重症化する恐れもあるため、病院の先生と相談した上で、外での作業にあたる必要があります。

少しずつ体を慣らしていきながら、服装や水分、塩分補給など熱中症予防が大切になってきますね。

熱中症再発防止のために
体力作りと予防が大切です。体温の調整機能を日頃から鍛えておくといいです。

熱中症再発予防のための4つのポイント

 病院の先生と相談し、休養期間と治療を受ける

555-1

熱中症の症状により、入院する必要がある人もいますが、軽症だからといって自己判断で対応するのではなく、先生に相談しましょう。

 体調の様子を見る期間を設ける

561-1

熱中症の症状が軽い場合でも最低は1週間様子を見ることを病院は進めています。運動や外での仕事をはじめる時には病院と相談するようにしましょう。

 体力作りをする

471-0

暑さに負けないような生活習慣にして、適度な運動をして暑さに慣れさせたり、睡眠を十分にとって疲れを摂り、栄誉バランスのよい食事をすることも大切です。

 日常生活の中で熱中症予防する

426-0

暑さ対策として、通気性の良い服装にしたり、水分と塩分を定期的に摂取したりするようにします。体調が悪い時は、無理すると熱中症になるので要注意です。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

乳幼児の熱中症チェックリスト!重症化は命に関わるため早期に気づくことが大切

赤ちゃんや乳児・幼児は、自分の体調の変化に気が付くのが遅く、言葉が話せない時期には、親がいち早く気がついてあげる必要があります。 そのためには、熱中症が疑われる症状のポイントをあらかじめ把握しておく必要がありますよね。 […]

熱中症が起こりやすい時期と気象条件!ヒートアイランド現象が原因

熱中症が起こりやすい時期は、ジメジメと蒸し暑くなる梅雨入り時期の6月頃から、ニュースなどで熱中症に注意するように報道されますよね。 恐らく、暑い猛暑日はもちろん注意しないといけないと思いますが、熱中症になりやすい時期と気 […]

熱中症の救急搬送人数約5万人!症状が重症化すると命の危険がある

熱中症による救急搬送の人数は、年間約5万人にもなると環境省の熱中症予防情報サイトに記載がありました。 7月から8月に掛けてが一番多くなり、夏休みにはいるとさらに熱中症での救急搬送の人数が増えています。 そして、1%ほどの […]

日常生活で注意したい!熱中症予防の4つのポイントとは?

熱中症になった人は、症状の重さから日常生活の中で熱中症予防を積極的に取り入れています。 自分が熱中症にならないと、その怖さが分からないですよね。 日頃から熱中症にならないために気をつけたい4つのポイントをまとめておきます […]

自分で作ってみた!熱中症予防の簡単経口補水液の作り方

暑い日が続き、気がつかない間に脱水状態になってしまっていることがあります。 脱水状態を改善するためには、水分補給が必要不可欠ですが、単なる水を飲むだけでは、脱水状態を改善することはできません。 汗と一緒に塩分も体から排出 […]

高齢者の熱中症!暑さに気付きにくく体温調整や発汗機能が鈍っているから注意

梅雨が明けると、一気に気温が上昇して熱中症になる人が多くなります。 ニュースでも頻繁に熱中症で病院に搬送された人が増えたということを言っていますし、7月・8月は特に暑さも酷くなり注意が必要になってきます。 年齢の高い高齢 […]

部屋にエアコンが無い時の熱中症予防のポイントは何?

「エアコンが部屋にない」または「猛暑の中、エアコンが壊れた」という人もいます。 何も熱中症対策をしないで部屋にいるだけでは、この猛暑の中では、熱中症になってしまう危険性がとても高いです。 実際に高齢者がご自身の部屋で熱中 […]

熱中症の症状!熱けいれん・熱失神・熱疲労・熱射病の症状とは?

重度の熱中症になると、熱けいれん・熱失神・熱疲労・熱射病の症状が現れますというのは、色んなサイトで紹介されていますよね。 でも、それぞれの症状が、どんな時に起こるのか分からなかったので調べてみました。

熱中症の頭痛!頭痛薬ロキソニンで収まらず吐き気とめまいも!倒れて救急車で病院へ

事務職の女性がお昼時、食事をしに外に行き、戻ってきてから体調を崩してしまいました。 症状は「頭が痛い」ということで、オフィスはエアコンが効いていて涼しいから、お昼時間の間は少し横になって休むということで仮眠室で休憩してい […]

熱中症にかかる人、かからない人!この違いって何?

毎年夏になると、テレビでよく耳にするのが、熱中症に関するニュースです。 6月から9月の期間は、熱中症にかかる人が多くなり、約5万人もの人が病院に搬送され、中には、亡くなってしまう人もいます。 猛暑日に関係なく、熱中症にか […]

熱中症は意識確認から!意識がある場合と意識不明の場合では初期対応が違う

意識不明の人をそのまま5時間近く放置して亡くなったという事件がありました。 意識が無い状態の人を放置するという行為自体に疑問を感じますが、なぜ、すぐに救急車を呼ばなかったのか悔やまれますよね。 熱中症の場合、必ず意識確認 […]

熱中症にならないための服装のポイント!男性と女性でチェック

暑い日でも、会社員の人はスーツ姿で汗だくで外回りをしていたりしますよね。 クールビズという動きも盛んになり、ノーネクタイの会社も増えてきましたが、それでも真夏は暑く、下着もスーツのズボンも汗臭くなってしまいます。 熱を逃 […]

今日の熱中症指数は?暑さ指数(WBGT)を活用して熱中症予防

熱中症予防には、「高温注意情報」や「暑さ指数」の情報を活用して対策を取ることが大切になります。 「高温注意情報」と「暑さ指数」の意味を知り、夏場の行動計画に役立てると熱中症予防になります。

熱中症が発生しやすい場所!6割は屋外で4割は屋内で発生

熱中症は外にいる時になると思っていましたが、室内や屋内にいても熱中症になるんですね。 屋外であれば、暑いから体調を崩して熱中症になりやすいということは何となく分かりますが、涼しい部屋でも熱中症になるというのは何故?と疑問 […]

熱中症になりやすい運動とは?スポーツ活動における熱中症予防の5つのポイント

私は若い頃、サッカー部や陸上部、水泳部などに入って運動ばかりしていました。 その頃は、気合で乗り越えろ!みたいなことで水分を飲むのも禁止されていたような時でしたが、その頃でもやっぱり熱中症で倒れる人もいました。 そこで、 […]

熱中症になりやすい人ってどんな人?要注意はこの6人!

熱中症は暑い日に起こりやすいですが、みんなが熱中症になるわけではありませんよね。 熱中症の症状が起こりやすい人がやっぱりいるんです。 年齢、体調、運動や労働環境など、暑さに慣れているから熱中症にならないということはなく、 […]

熱中症になって怖かった!熱中症になるとどんな症状が現れるのか教えて!

熱中症になると、どんな症状があるのか知っていますか? ずっと外にいるし、体調が優れないし、ボーとするから、もしかしたら熱中症かも知れないなぁ。近くのコンビニで飲み物を買って飲んでおこう。 と、水分補給をすることがあります […]

赤ちゃん・乳児・幼児の熱中症の初期症状を見逃すな!親の配慮が必要です

赤ちゃんや乳幼児の子供がいる家庭では、暑い夏の時期になると色んなことが心配のタネになりますよね。 その中の1つが熱中症だと思います。 熱中症は、大人だけでなく赤ちゃんや乳幼児も発症するから、気が気ではありません。 赤ちゃ […]

熱中症に効果的な水分補給のタイミングは?どの位の水分量が最適?

熱中症になる人が多くなる6月上旬から9月下旬までの間は、熱中症予防のために水分補給をしなければいけないということは知っていますよね。 喉が渇いたから水を飲もうでは、タイミングとしては遅いということを知っていますか? 熱中 […]

熱中症の応急処置の時の水分補給の3つのポイント

熱中症の症状には、「意識があるか?」「意識が無いか?」を確認して適切な対応をする必要があります。 そして、応急処置をする時に注意したい水分補給の方法についてまとめました。