【おすすめ】気になる子供の勉強法

子供の成績を上げてくれたWEB学習「スタディサプリ」
 
小学4年生から中学3年生までを対象にしたオンラインサービスで学習できる「スタディサプリ」を実際に使って成績が上がった人の体験談です。1週間の無料体験があり、月額料金は980円(税抜)という費用でもコンテンツが豊富!成績を上げた方法、使い方など詳しくまとめられています。

外出する時、熱中症にならないために気を付けるべき6つのポイント

477-1

暑い日に、外に出掛けるときに、どんなことに気を付けていますか?

夏になると毎日のように、ニュースで熱中症で病院に運ばれた人が何人増え・・・と熱中症で倒れる人がいます。

運動やスポーツ、工事現場の人だけでなく、行列に並んでいる人も熱中症で気分が悪くなり、病院に搬送されることも多くあります。

外出するときに、熱中症になりにくくするためのポイントを抑えておきましょう。

スポンサーリンク


外出時に工夫したい熱中症予防

日中の暑い中、ウォーキングやジョギングをしている人がいます。

それも、炎天下の中、木陰も無く、直射日光をまともに受けているのを見るだけで、私が熱中症になるのではないかと思うくらい。

仕事や用事で炎天下の中、出掛けたりしなければ行けない時でも、建物の中を通ったり、木陰を通ったりと炎天下にさらされないような場所を選んで移動しましょう。

 日中で最も暑くなる正午から午後3時の時間帯は、できれば外出を避けるといいです。

暑さを避けるための6つのポイント

女性や赤ちゃんや乳幼児、子供は、日差しを避けるためのアイテムを活用するのもいいです。

男性はスーツ姿に帽子・・・は、ちょっと似合わないですから、木陰を歩くなどの工夫が必要ですよね。

帽子をかぶりましょう

477-1

最も日差しを浴びる頭を保護するには、帽子は欠かせません。

風通しの良い麦わら帽子がおすすめです。

日傘を持ちましょう

Print

帽子をかぶりたくない人は、日傘をさしましょう。

黒い日傘は、紫外線対策にもなります。

扇子やうちわを持って行きましょう

477-3

暑い場所やムシムシする場所では、コンパクトに持ち運べる扇子やうちわを携帯しておくと、こまめにあおいで涼むことができます。

ベビーカーにはひさしをつめましょう

477-4

赤ちゃんや乳幼児と外に出かける時は、ベビーカーのひさしを付けて出掛けましょう。

涼める場所を見つけておきましょう

477-5

暑さを回避することができる場所を見つけておくといいです。

デパートや書店、ショッピングモールなどエアコンが効いている場所で、体温を下げるといいです。

建物や木陰を歩きましょう

477-6

外を歩く時は、日陰になっている場所や地下街、地下通路を通っていくといいです。

 

スポンサーリンク