【おすすめ】気になる子供の勉強法

子供の成績を上げてくれたWEB学習「スタディサプリ」
 
小学4年生から中学3年生までを対象にしたオンラインサービスで学習できる「スタディサプリ」を実際に使って成績が上がった人の体験談です。1週間の無料体験があり、月額料金は980円(税抜)という費用でもコンテンツが豊富!成績を上げた方法、使い方など詳しくまとめられています。

持病があり薬を服用している人の熱中症!薬によっては熱中症になりやすいので注意

持病を持っていて、薬を飲んでいる人の中には、薬の作用で熱中症を起こしやすくなっていることがあります。

また、体力的にも弱くなっているため、熱中症になりやすいので注意が必要です。

持病があり、薬を服用している人の熱中症の症状や熱中症を起こしやすい薬についてまとめています。

スポンサーリンク


持病があり薬を服用している人が熱中症になりやすい理由とは?

334-0

病気などで体力が落ちている人、持病などで特定の薬を飲んでいる人も熱中症のリスクが高いです。

風邪などで熱がある人や、下痢などで脱水症状を起こしている人も注意が必要です。

薬については、鎮痛剤や睡眠導入剤などの薬には自立神経に影響し、発汗や体温の調整機能を抑える作用を持つものがあります。

また、かぜ薬など、抗コリン作用を持つ薬は発汗を抑制するため、体温が上昇して熱中症を起こしやすくなります。

その他には、狭心症や不整脈の治療に使われるβ遮断剤、降圧剤には、水分や塩分を排出する作用があり、脱水症状を起こしやすくなります。

熱中症に注意したい持病

  • 糖尿病は、高血糖時は多尿になるため、脱水症状を起こしやすくなります。
  • 腎機能に障害がある場合、塩分の摂取制限があり、ナトリウム不足を起こす可能性があります。
  • 広範囲の皮膚疾患がある場合、発汗が不十分になり、熱がこもりやすくなります。
  • 風邪などで発熱している
  • 下痢で脱水症状がある

熱中症に注意したい薬

  • 睡眠導入剤、抗うつ薬、抗不安薬、向精神薬、抗てんかん薬など、精神・神経疾患の薬は、発汗や体温調整機能を抑制する働きがあります。
  • 総合感冒薬、咳止め、胃腸薬、パーキンソン病や頻尿改善薬、乗り物酔いの薬で、抗コリン作用のある薬は、発汗を抑制する働きがあります。
  • 狭心症や不整脈、高血圧に使われる降圧剤、β遮断剤には、水分やナトリウムを体外に排出する働きがあります。

持病や薬の作用によって、熱中症になりやすい体調になっていることがあります。体調が優れない時は、無理せずに休憩するか、病院に行って診てもらいましょう。決して無理してはいけません。

私の父親は高血圧で降圧剤を飲んでウォーキングをしていたら体調が悪くなり、自分で病院に行き、病院で体調が悪化し重度と診断されました。平気だという過信が招いた熱中症、過信は禁物です。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

熱中症だと分かった時の涼しい場所に移動する際の3つのポイント

熱中症になる場所は、デパートや家の近くだけではなく、スポーツや仕事中、または登山やマラソン中などになることもあります。 涼しい場所に移動する際にポイントについてまとめてみます。

体を冷やさないエアコンの使用法と扇風機の上手な使い方で熱中症対策

節電意識が高まり「エアコンを付けない」という人もいますし、「使いたくない」という人もいます。 何も熱中症対策をしないで部屋にいるだけでは、この猛暑の中では、熱中症になってしまう危険性がとても高いです。 実際に高齢者がご自 […]

部活動・スポーツをする人の熱中症チェックリスト!運動する前にまず確認

部活動やスポーツを夏休み期間にする人は、炎天下の中で長時間運動することになるので、熱中症になりやすい環境にいます。 運動すると筋肉が動き熱を発生させるため、体内温度が上がります。 暑さに慣れていない時期や体調が悪い時には […]

熱中症の頭痛!頭痛薬ロキソニンで収まらず吐き気とめまいも!倒れて救急車で病院へ

事務職の女性がお昼時、食事をしに外に行き、戻ってきてから体調を崩してしまいました。 症状は「頭が痛い」ということで、オフィスはエアコンが効いていて涼しいから、お昼時間の間は少し横になって休むということで仮眠室で休憩してい […]

子供の熱中症!発熱・頭痛・おう吐の前に気付こう!保護者は熱中症に警戒を

夏は熱中症になる人が多い季節です。 炎天下で、遊んだり、部活をしたり、スポーツをしたり、運動したりして大量の汗をかき、水分と一緒に塩分が失われ、体温調整がうまく出来なくなってきます。 大人と違い子供、子供と言っても今回は […]

熱中症対策!衣服を緩めて、身体を冷却するための7つのポイント

熱中症になる原因は、身体の熱を上手く放出することができずに体内温度が高くなることから症状がでます。 そのため、熱中症になったら、涼しい場所に移動して、身体を冷やす必要がありますので、そのポイントをまとめています。

赤ちゃん・乳児・幼児の熱中症の初期症状を見逃すな!親の配慮が必要です

赤ちゃんや乳幼児の子供がいる家庭では、暑い夏の時期になると色んなことが心配のタネになりますよね。 その中の1つが熱中症だと思います。 熱中症は、大人だけでなく赤ちゃんや乳幼児も発症するから、気が気ではありません。 赤ちゃ […]

外出する時、熱中症にならないために気を付けるべき6つのポイント

暑い日に、外に出掛けるときに、どんなことに気を付けていますか? 夏になると毎日のように、ニュースで熱中症で病院に運ばれた人が何人増え・・・と熱中症で倒れる人がいます。 運動やスポーツ、工事現場の人だけでなく、行列に並んで […]

熱中症になりやすい人ってどんな人?要注意はこの6人!

熱中症は暑い日に起こりやすいですが、みんなが熱中症になるわけではありませんよね。 熱中症の症状が起こりやすい人がやっぱりいるんです。 年齢、体調、運動や労働環境など、暑さに慣れているから熱中症にならないということはなく、 […]

熱中症が起こりやすい時期と気象条件!ヒートアイランド現象が原因

熱中症が起こりやすい時期は、ジメジメと蒸し暑くなる梅雨入り時期の6月頃から、ニュースなどで熱中症に注意するように報道されますよね。 恐らく、暑い猛暑日はもちろん注意しないといけないと思いますが、熱中症になりやすい時期と気 […]

部屋にエアコンが無い時の熱中症予防のポイントは何?

「エアコンが部屋にない」または「猛暑の中、エアコンが壊れた」という人もいます。 何も熱中症対策をしないで部屋にいるだけでは、この猛暑の中では、熱中症になってしまう危険性がとても高いです。 実際に高齢者がご自身の部屋で熱中 […]

熱中症にならないための服装のポイント!男性と女性でチェック

暑い日でも、会社員の人はスーツ姿で汗だくで外回りをしていたりしますよね。 クールビズという動きも盛んになり、ノーネクタイの会社も増えてきましたが、それでも真夏は暑く、下着もスーツのズボンも汗臭くなってしまいます。 熱を逃 […]

乳幼児の熱中症チェックリスト!重症化は命に関わるため早期に気づくことが大切

赤ちゃんや乳児・幼児は、自分の体調の変化に気が付くのが遅く、言葉が話せない時期には、親がいち早く気がついてあげる必要があります。 そのためには、熱中症が疑われる症状のポイントをあらかじめ把握しておく必要がありますよね。 […]

熱中症になりやすい時間は?この時間帯は子供も大人も注意が必要!

熱中症になりやすい時間帯ってありますか? 実は私、営業に行く時に電車の時間に間に合いそうになく、ほんの3分程度走っただけで熱中症の初期症状のめまいや立ちくらみになってしまいました。 その時は、お昼ごはんのあとだったので1 […]

熱中症にかかる人、かからない人!この違いって何?

毎年夏になると、テレビでよく耳にするのが、熱中症に関するニュースです。 6月から9月の期間は、熱中症にかかる人が多くなり、約5万人もの人が病院に搬送され、中には、亡くなってしまう人もいます。 猛暑日に関係なく、熱中症にか […]

自分で作ってみた!熱中症予防の簡単経口補水液の作り方

暑い日が続き、気がつかない間に脱水状態になってしまっていることがあります。 脱水状態を改善するためには、水分補給が必要不可欠ですが、単なる水を飲むだけでは、脱水状態を改善することはできません。 汗と一緒に塩分も体から排出 […]

熱中症予防!お茶で水分補給は間違い!最適な飲み物とは?

熱中症対策に水分補給をしましょう! 水分を摂るのは大切なことですが、あなたは「何を飲んで」水分補給していますか? もしかしたら、その水分補給は間違っているかも知れませんよ。 熱中症の予防になる飲み物について調べてみました […]

外で働く人の熱中症チェックリスト!仕事だから頑張れでいいの?

外で働く人は熱中症にかかりやすい環境にいることから、熱中症予防や対策に気を配る必要があります。 特に建設関係や農業など、炎天下で仕事をしないといけないため、体調管理も必要になりますし、より熱中症予防に注意を払う必要があり […]

熱中症対策グッズを役立てよう!おすすめアイテムを場所別で活用しよう

暑さを感じ始め、熱中症予防をするなら、備えておきたいアイテムがあります。 外出時や睡眠時、スポーツをする時、部屋にいる時などシーンに合わせて活用したい対策グッズをまとめました。

室内にいても熱中症になる!予防のための快適空間を簡単に作る方法

熱中症になるのは何も外で働いている人だけではありません。 部屋・室内・オフィスなどの屋内にいても熱中症にかかる人が増えています。 熱中症にかかる人の約4割が屋内で発症しているというデータがあるので、室内にいるから安心と思 […]