【おすすめ】気になる子供の勉強法

子供の成績を上げてくれたWEB学習「スタディサプリ」
 
小学4年生から中学3年生までを対象にしたオンラインサービスで学習できる「スタディサプリ」を実際に使って成績が上がった人の体験談です。1週間の無料体験があり、月額料金は980円(税抜)という費用でもコンテンツが豊富!成績を上げた方法、使い方など詳しくまとめられています。

運動する人の熱中症対策!外気温だけでなく体内の熱にも注意が必要

311-2

運動やスポーツによる熱中症は、10代に多く見られます。

部活動や趣味でのウォーキングやマラソン、登山などの最中に熱中症になる人が多くいます。

運動やスポーツをする人の熱中症対策と予防についてまとめています。

スポンサーリンク


運動やスポーツをする人が熱中症になりやすい理由とは?

運動すると全身の筋肉が動き、体内に大量の熱が発生するため、体温が上昇します。

この時、体温を下げるために大量の汗をかいて体温を下げようとしますが、この時に、水分補給を怠ると脱水症状が起こりやすく、熱中症の危険性が高くなります。

運動すると体内に熱が発生するから、気温が高くなくても熱中症になりやすい。

気温にして24℃を超えた時点から熱中症が増えています。そのため、真夏だけでなく、梅雨の期間や梅雨明けの気温の急上昇には注意が必要です。

暑さにまだ慣れていない時期は、大人でも体温調整が十分に機能せず熱中症になってしまいます。

311-1

運動・スポーツ別 熱中症発生傾向

屋外で活動する野球、ラグビー、サッカーなどが熱中症になる人が多く、室内で活動する剣道や柔道も熱中症になる人が多いですね。

これは、部屋の中でも高温多湿状態になっていることと、剣道は防具を付けて動くことでさらに体内の熱を上げてしまいますが、防具を外して休憩しないことも熱中症発生の原因になっています。

登山やマラソンでも熱中症になる人がいますので、体調管理と水分補給そして休憩をとり、熱中症対策が必要になります。

スポンサーリンク

運動する人の熱中症対策と予防法

  • 水分補給をしっかりとする
    汗を大量にかき失った塩分を補給することが必要です。スポーツドリンクやイオン飲料、食塩水などを飲むようにします。飲み物は5~15℃に冷やしておく。
  • 運動やスポーツを1時間以上する時は
    4~8%の糖質を含んだものを摂取するといいです。糖分が体のエネルギーになります。
  • 体を暑さに慣らしていく
    暑さに体が慣れるまで、1週間程掛かると言われています。暑さに慣れないうちは、軽めの運動で、短時間から徐々に体を慣らしていきましょう。
  • 運動する時は吸湿性のある通気性の良い素材を選ぶ
    できるだけ薄着で、直射日光は避けるようにしましょう。炎天下の場合には、帽子をかぶるといいです。
  • 体調が悪くなったらすぐに中止する
    少しでも体調が悪いなと思ったら、指導者に伝えて運動を中止しましょう。

運動する人の熱中症の予防

クラブ活動等での熱中症は指導者などが予防する必要がある
  • 15~20分間隔で水分補給を計画的に摂りましょう。
  • 屋外では帽子を被りましょう。
  • 服装は緩めの、ゆったりとした服を着るなどしましょう。
  • 指導者などは積極的、計画的に休憩を取りましょう。
  • 体調の変化を見逃さないようにしましょう。
  • 体調不良の時は無理させずに休憩しましょう。

スポンサーリンク