【おすすめ】気になる子供の勉強法

子供の成績を上げてくれたWEB学習「スタディサプリ」
 
小学4年生から中学3年生までを対象にしたオンラインサービスで学習できる「スタディサプリ」を実際に使って成績が上がった人の体験談です。1週間の無料体験があり、月額料金は980円(税抜)という費用でもコンテンツが豊富!成績を上げた方法、使い方など詳しくまとめられています。

インフルエンザやマイコプラズマの第二種感染症の出席停止期間

幼稚園・保育園・小学校・中学校・高校・大学の学校では、学校感染症を防ぐために学校保健安全法第19条で「校長は感染症にかかっており、かかっている疑いがあり又はかかるおそれのある児童生徒等があるときは、政令で定めるところにより、出席を停止させることができる」と定めています。感染症の種類は多くあり、感染症によって出席停止になる期間が違います。

第二種感染症に指定されているインフルエンザやマイコプラズマなどに感染したときの出席停止期間を一覧表にまとめました。

スポンサーリンク


学校感染症について

2493-1

学校感染症には、第一種・第二種・第三種の感染症に分類されています。

第一種は、感染症予防法の一類及び二類(結核を除く)ものをいい、第一種の感染症にかかった人については、治癒するまで出席停止(規則第19条第1号)

第二種は、飛沫感染するもので、児童生徒や先生等の発症者が多く、学校における流行を広げる可能性が高いものです。第二種の感染症にかかった人については、それぞれ定められた出席停止期間を決めています。ただし、病状により、学校医その他の医師において感染の恐れがないと認めたときはその限りではありません。(規則第19条第2号)

第三種及び結核は、学校教育活動を通じ、学校において流行を広げる可能性のある感染症です。病状により学校医その他の医師において感染のおそれがないと認めるまで出席停止(規則第19条第3号)

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています



インフルエンザB型の特徴|感染時期・潜伏期間・症状・薬

インフルエンザには大きく分けてA型・B型・C型の3つの種類があり、その中でもA型とB型ウィルスが感染力が強く毎年流行するものになります。A型のほうが感染力が強く、毎年流行しますが、B型は毎年流行するのではなく数年おきに流 […]



熱があるとインフルエンザ予防接種を打てない理由

インフルエンザ予防接種を受ける際に問診票でも確認しますし、体温計で熱を測って37.5℃以上あると予防接種を打つことができません。 発熱していると、どうしてインフルエンザ予防接種を受けることが出来ないのでしょう?その理由に […]



インフルエンザに感染いしたかも?潜伏期間にできる7つの予防対策

インフルエンザは飛沫感染するため、「会社の人が感染した」、「家族が感染した」、「学校のクラスの子供が感染した」または感染していたということがあります。 インフルエンザウイルスは、潜伏期間があるため感染してもすぐに症状が現 […]



アルコール消毒がインフルエンザウイルスに効果がある

インフルエンザの予防対策でアルコール消毒をすると良いとよく言われますが、その効果のほどについて疑問に思っている人も多くいます。 アルコール消毒がインフルエンザウイルスに効果があることを調べてみました。



妊婦はインフルエンザ予防接種を受けても大丈夫?

妊娠中のときに心配になるのが胎児への影響があるのか、ないのかということです。 予防接種を受けておかないと、インフルエンザにかかってしまったとき、症状が重くなるのは困るけど、妊娠中にインフルエンザ予防接種を受けていいのかま […]



インフルエンザに感染したら何日間自宅待機しないといけないの?

インフルエンザは感染症の1つです。そのため、インフルエンザに感染したら自宅待機期間があり、この期間は学校も会社も休むことになります。 インフルエンザに感染したら何日間、学校や会社を休まないといけないのかまとめてみました。



インフルエンザ予防接種は生後6ヶ月の赤ちゃんから受けることができる!

冬の時期になり、10月・11月になるとインフルエンザが流行り始めてきます。そのため、症状を軽くするためにインフルエンザの予防接種を大人は受けますが赤ちゃんはいつからインフルエンザの予防接種を受けられるのでしょう? 大人で […]



インフルエンザに感染し出勤停止に!有給休暇を申請してもいいの?

インフルエンザは感染症の1つのため、感染した際の出勤停止日数や有給休暇の取り扱いなどについて記載があると思います。 インフルエンザに感染した際の有給休暇についての対応をまとめました。



インフルエンザの潜伏期間中でも感染力があり移る

家や学校、会社でインフルエンザに感染したという人が増えてくると、発症した人と会ったり、話したりすることがあると、それだけでインフルエンザに感染している可能性があります。 インフルエンザは潜伏期間中でも感染力が強く、また飛 […]



インフルエンザと風邪の症状のココが違う!見分け方のポイント

インフルエンザにかかる人は11月頃から増え始め、ピークは12月~3月頃までに患者数が増えます。 11月~3月の間に、自分がインフルエンザになったとき、「風邪なのか」それとも「インフルエンザなのか」分かりません。そのため、 […]



インフルエンザが流行!症状の解説とかかりやすい人と予防策

インフルエンザは毎年ピークを迎えるのが1月~2月に掛けてピークを迎えますが、インフルエンザの感染は10月頃から4月頃まで感染します。1月になると流行の兆しを見せ、前週よりも病院を訪れたインフルエンザ患者数が2倍以上になっ […]



インフルエンザ予防接種の副作用!腫れ・かゆみ・発熱・吐き気など・・・

インフルエンザ予防接種をすると副作用ってあるの? よく聞くのは注射あとが腫れたり、痒くなったり、風邪のような症状が出たりすると聞くけど、実際には、どのような副作用があるのか調べてみました。



化血研のワクチンに製造不正が発覚!隠蔽体質に避難の声

今回、明らかになったのは化血研が40年前から行なわれている製造に不正が判明しました。2015年9月には、インフルエンザワクチンの製造工程で国が指定する製造方法とは違う方法で作られていたことから出荷差止めになっていました。 […]



インフルエンザの流行状況を確認するなら流行マップ

インフルエンザが流行する時期は、寒くなる10月頃から流行りだして3月頃まで感染する人がいます。現在のインフルエンザの流行状況を確認できる「インフルエンザ流行レベルマップ」があり、患者の発生状況や注意報や警報レベルを確認す […]



インフルエンザ感染予防のポイント!手洗い・アルコール消毒・マスク・咳の4つを実践しよう!

毎年、10月~3月に掛けてインフルエンザが流行します。高熱が出たり、倦怠感や関節の痛み、場合によっては重症化する恐れがあります。 インフルエンザの感染を防ぐためには、体内にインフルエンザウィルスが入ってくるのを防ぐことと […]



インフルエンザ予防接種の料金値上げとワクチン不足で大流行の恐れ

2015年のインフルエンザワクチンが値上げされることにより、予防接種を受ける人はワクチンの仕入れ値が上がった分、予防接種費用も値上げされることになります。 料金が値上げされるだけではなく、インフルエンザワクチンの数が少な […]



インフルエンザの流行状況は?集団発生による学級閉鎖速報を確認する方法

インフルエンザの流行状況を各都道府県別に確認することができます。 発生状況や警報・注意報を確認することができ、また、集団発生による学級閉鎖情報を確認することもできますので、まとめてみました。



インフルエンザの感染時期はいつからピークになるの?

毎年、冬になると流行るインフルエンザですが、何月くらいからインフルエンザになる人が増えてくるのでしょうか。 気を付けないといけないのは冬だけで、他の月はインフルエンザについては、気を付けなくてもいいのか調べてみました。



妊娠中のインフルエンザ予防接種の重症化事例はない!

インフルエンザ予防接種を妊娠中に接種したときの母子だけでなく、お腹の赤ちゃんへの副作用・副反応が気になります。 赤ちゃんにまで影響が出るなら予防接種はしたくないというのが親心。でも、病院や厚生労働省などで情報を調べてみた […]



インフルエンザ予防接種の費用!都道府県別平均費用と一律料金ではない理由

インフルエンザ予防接種に掛かる検査費用は、病院や医院によって料金が違います。 そのため、お母さんたちの間では、「どこの病院で接種したらいくらだったよ」という情報交換をして、安くインフルエンザの予防注射ができる場所を探した […]

第二種感染症による出席停止期間一覧表

病名 出席停止期間の基準
インフルエンザ 発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日を経過するまで
百日咳 特有の咳が消失するまで、または、5日間の適正な抗菌薬療法が終了するまで
麻疹(ましん) 解熱した後3日を経過するまで
流行性耳下腺炎
(おたふくかぜ)
耳下腺、顎下腺又は舌下腺の腫脹が始まった後5日を経過し、かつ
全身状態が良好となるまで
風疹 発疹が消失するまで
水痘
(みずぼうそう)
すべての発疹が痂皮化するまで
咽頭結膜熱 主要症状が消退した後2日を経過するまで
結核
髄膜炎菌性髄膜炎
病状により学校医等において感染のおそれがないと認めるまで
その他の感染症 病状により学校医等において感染のおそれがないと認めるまで

※インフルエンザは、発症した日を0日として登校可能な日が異なりますので、詳しい日付については「 インフルエンザ出勤停止期間一覧表 」をご確認下さい。

※その他の感染症には、感染症胃腸炎・マイコプラズマ肺炎・溶連菌感染症などのことを含めています。

第二種感染症による潜伏期間と主な感染経路

病名 潜伏期間 主な感染経路
インフルエンザ 1~4日 飛沫感染
百日咳 5~21日 飛沫感染
麻疹 7~18日 空気感染
流行性耳下腺炎 12~25日 飛沫感染
風疹 14~23日 飛沫・母児感染
水痘 10~21日 空気感染
咽頭結膜熱 2~14日 飛沫感染
結核 2年以内 空気感染
髄膜炎菌性髄膜炎 3~4日 飛沫感染

免疫力低下を実感!
免疫力を高める方法を実践した結果はコチラ

まとめ

感染者が増えてくると、学級閉鎖や学年閉鎖になることがあります。この判断は校長先生と学校医、保健所などの情報を参考にして選択されています。一定の基準を定めているようです。

その際の判断基準の1つには、潜伏期間も考慮しないといけませんよね。今後、感染者が増える可能性があるのかないのかは学級閉鎖などに大きな影響を与える要素です。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

風邪とインフルエンザの予防・早く治す効果がある乳酸菌L137

風邪やインフルエンザの予防や罹ったときにときに早く治す効果が期待できるのは乳酸菌です。ヨーグルトやチーズなどの乳製品に多く含まれている乳酸菌は、腸内にいる善玉菌と同じで、乳酸菌を摂取することで、善玉菌の働きが活発になり、 […]

インフルエンザ予防接種を打てない人・医師に相談が必要な人の13の条件

インフルエンザの予防接種を打つときに、事前に「インフルエンザ予防接種予診票」を記入します。 質問事項の回答次第では、インフルエンザ予防接種を受けることができない場合がありますので、予防接種を打つときには確認しておきましょ […]

インフルエンザと風邪の症状のココが違う!見分け方のポイント

インフルエンザにかかる人は11月頃から増え始め、ピークは12月~3月頃までに患者数が増えます。 11月~3月の間に、自分がインフルエンザになったとき、「風邪なのか」それとも「インフルエンザなのか」分かりません。そのため、 […]

鼻で打つインフルエンザ予防接種!フルミスト方式と注射の違いを比較

インフルエンザウイルスの予防接種は、注射が怖いという理由で子供だけでなく大人の人も受けない人がいます。 インフルエンザ予防接種は注射しかないと思っていましたが、注射以外にも鼻に噴霧するフルミスト方式というものがありました […]

インフルエンザに感染したら何日間自宅待機しないといけないの?

インフルエンザは感染症の1つです。そのため、インフルエンザに感染したら自宅待機期間があり、この期間は学校も会社も休むことになります。 インフルエンザに感染したら何日間、学校や会社を休まないといけないのかまとめてみました。

インフルエンザの時に飲める解熱剤はアセトアミノフェン

インフルエンザに感染したときの高熱を下げるために家にある解熱剤を飲むのはとても危険です。とくにボルタレンやポンタールなどは使用してはいけません。 小児科で処方される解熱鎮痛剤の「アセトアミノフェン」なら、インフルエンザに […]

インフルエンザ予防接種の費用!都道府県別平均費用と一律料金ではない理由

インフルエンザ予防接種に掛かる検査費用は、病院や医院によって料金が違います。 そのため、お母さんたちの間では、「どこの病院で接種したらいくらだったよ」という情報交換をして、安くインフルエンザの予防注射ができる場所を探した […]

新型インフルエンザと季節性インフルエンザの違いって何か知ってますか?

インフルエンザには、A型・B型・C型の3種類がありますが、その他にも毎年流行する季節性と新しい新型に分けられます この新型インフルエンザと季節性インフルエンザの違いについてまとめています。

医師に相談し蕁麻疹治療中にインフルエンザ予防接種を受けた

今年の夏、何が原因なのか分からない蕁麻疹が身体に出るようになったため治療中です。昨年はインフルエンザ予防接種をせずに、感染してしまい、大変な苦しみを体験しました。 蕁麻疹の治療で通院している先生に蕁麻疹の治療中に、インフ […]

インフルエンザの検査方法!迅速診断法で結果が出るまでの時間は15分以内

インフルエンザに感染したかも知れない時に、病院での診察を受ける時の検査方法や検査結果が出るまでの時間などについて調べてみました。

インフルエンザと日本脳炎を同時接種するのは大丈夫?

3歳になる子供がいると、日本脳炎のワクチン接種とインフルエンザの予防接種の時期が重なることがあります。インフルエンザは毎年流行する感染症ですが、日本脳炎は人から人に感染するものではなく蚊によって感染するため、蚊が発生する […]

インフルエンザの高熱を下げるアセトアミノフェン系解熱市販薬

インフルエンザの熱を下げるのに使用できる市販薬はアセトアミノフェン系の解熱剤です。 家などにあるバファリン、ロキソニンなどの解熱剤はインフルエンザの時に飲むとインフルエンザ脳症・脳炎になる危険性があります。とくに子供が使 […]

インフルエンザに感染いしたかも?潜伏期間にできる7つの予防対策

インフルエンザは飛沫感染するため、「会社の人が感染した」、「家族が感染した」、「学校のクラスの子供が感染した」または感染していたということがあります。 インフルエンザウイルスは、潜伏期間があるため感染してもすぐに症状が現 […]

インフルエンザ予防接種 33の副反応と想定される症状まとめ

インフルエンザワクチンを予防接種で注射すると、副反応が出ることがあります。日本では不活化ワクチンが使われているため、予防接種を受けても副反応が出る人は、生ワクチンに比べて少ないです。 それでも、体質などにより副反応(副作 […]

インフルエンザの熱は?目安は38℃以上!でも熱が出ない・下がる時もある!

インフルエンザに感染すると、熱が38℃以上の高熱が出るのが特徴とされています。 でも、38℃以下のときもあれば、熱が出なかったり、下がったりしてインフルエンザなのかどうなのか判断が難しいときがあります。 10月から3月の […]

インフルエンザウイルスのA型・B型って何?何が違うの?

10月頃から徐々にインフルエンザに感染する人が増え始め、3月頃まで流行します。 このインフルエンザには、A型・B型・C型の3つの種類があり、重い症状のA型とB型ウイルスに対する予防接種を行なっていますが、このA型とB型に […]

13歳以上も2回接種が効果的?インフルエンザ予防接種回数による有効性とは?

厚生労働省のインフルエンザ予防接種に関する情報を見てみると、13歳以上は接種回数1回となっていいます。 そのため、インフルエンザ予防接種は1回で有効性が高いと思っていると思いますが、実は13歳以上、大人も含めて、その考え […]

インフルエンザの流行状況を確認するなら流行マップ

インフルエンザが流行する時期は、寒くなる10月頃から流行りだして3月頃まで感染する人がいます。現在のインフルエンザの流行状況を確認できる「インフルエンザ流行レベルマップ」があり、患者の発生状況や注意報や警報レベルを確認す […]

インフルエンザ予防接種の注射後は揉んではいけない理由

インフルエンザ予防接種の注射したあと揉みほぐす人がいますが、注射したあとは揉まないようにしましょう。 揉んだほうが早く効くとか、腫れないように揉んだほうがいいという人がいますが、インフルエンザ予防接種の注射したあとは揉ん […]

インフルエンザ予防接種の副反応は接種後6時間程から症状が出る

インフルエンザ予防接種を受けたら、「体調が優れない」とか「熱が出てきた」といった副反応を感じたことがあると思います。 予防接種を打った直後から副反応の症状が出る訳ではありません。ある程度の時間が経ってから症状が現れますの […]