【おすすめ】気になる子供の勉強法

子供の成績を上げてくれたWEB学習「スタディサプリ」
 
小学4年生から中学3年生までを対象にしたオンラインサービスで学習できる「スタディサプリ」を実際に使って成績が上がった人の体験談です。1週間の無料体験があり、月額料金は980円(税抜)という費用でもコンテンツが豊富!成績を上げた方法、使い方など詳しくまとめられています。

インフルエンザB型の特徴|感染時期・潜伏期間・症状・薬

インフルエンザには大きく分けてA型・B型・C型の3つの種類があり、その中でもA型とB型ウィルスが感染力が強く毎年流行するものになります。A型のほうが感染力が強く、毎年流行しますが、B型は毎年流行するのではなく数年おきに流行します。C型はというと感染力が弱く、感染しても症状が風邪程度と軽く話題になることはありません。冬の季節に大流行するインフルエンザウイルスB型の特徴を感染時期・潜伏期間・症状・薬別にまとめました。

スポンサーリンク


インフルエンザウイルスB型の感染経路・時期

856-1

インフルエンザウィルスB型は、毎年流行するようなものではなく数年ごとに流行するウィルスです。といっても、全くB型インフルエンザに罹らないのかというとそういうことではありません。A型が流行している中でも、B型に感染する人もいますので、B型ウイルスに感染しないということではなく、大流行する年が数年に一度ということです。A型は、鶏や豚にも感染するためウイルスが変異するので、体内の抗体が働かずに大流行します。

インフルエンザウィルスB型の特徴は、

・人から人へしか感染しない

・ウィルスの変異のスピードが遅い

という点で、人がいないと増殖できないのと、ウィルスの変異がゆっくりなので、抗体があるうちは感染しても免疫力があります。ゆっくり変化するので、変化して抗体が対応できない年にB型が大流行します。

インフルエンザに罹る時期は、冬の乾燥する季節に発症し10月~3月まで。インフルエンザB型の感染者が増えるのが1月~3月頃です。前半の10月~1月頃まではA型ウィルスに罹る人が多いです。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています



インフルエンザの高熱を下げる!市販解熱剤バファリン等を飲んでいいの?

インフルエンザに感染して38℃以上の高熱が出てつらいから熱を下げるために、市販の解熱剤バファリン、ロキソニン、ボルタレンを飲んでもいいの? それとも、市販の解熱剤は飲まないほうがいいの?という疑問があり、調べてみました。



インフルエンザの検査方法!迅速診断法で結果が出るまでの時間は15分以内

インフルエンザに感染したかも知れない時に、病院での診察を受ける時の検査方法や検査結果が出るまでの時間などについて調べてみました。



医師に相談し蕁麻疹治療中にインフルエンザ予防接種を受けた

今年の夏、何が原因なのか分からない蕁麻疹が身体に出るようになったため治療中です。昨年はインフルエンザ予防接種をせずに、感染してしまい、大変な苦しみを体験しました。 蕁麻疹の治療で通院している先生に蕁麻疹の治療中に、インフ […]



インフルエンザ予防接種の副作用!腫れたときは冷やす

インフルエンザ予防接種を受けた後に、注射を打ったところが赤く腫れたり、かゆくなったりすることがあります。 パンパンに腫れることもあり、初めての方はビックリするかも知れませんが、しっかりと冷やすことで腫れやかゆみの症状は改 […]



インフルエンザ予防接種の料金値上げとワクチン不足で大流行の恐れ

2015年のインフルエンザワクチンが値上げされることにより、予防接種を受ける人はワクチンの仕入れ値が上がった分、予防接種費用も値上げされることになります。 料金が値上げされるだけではなく、インフルエンザワクチンの数が少な […]



インフルエンザと風邪の兆候の見分け方!感染日数別症状経過一覧

寒い時期になり、空気が乾燥してくるので細菌やウイルスの活動が活発になり、風邪やインフルエンザを発症します。でも、風邪もインフルエンザも症状が似ているため、風邪なのか、インフルエンザなのか判断できないことがあります。 そこ […]



インフルエンザの感染時期はいつからピークになるの?

毎年、冬になると流行るインフルエンザですが、何月くらいからインフルエンザになる人が増えてくるのでしょうか。 気を付けないといけないのは冬だけで、他の月はインフルエンザについては、気を付けなくてもいいのか調べてみました。



妊娠中のインフルエンザ予防接種の重症化事例はない!

インフルエンザ予防接種を妊娠中に接種したときの母子だけでなく、お腹の赤ちゃんへの副作用・副反応が気になります。 赤ちゃんにまで影響が出るなら予防接種はしたくないというのが親心。でも、病院や厚生労働省などで情報を調べてみた […]



ロキソニンとカロナールの違いを比較【成分・効能・特徴など】

解熱鎮痛剤として、良く飲まれている「ロキソニン」と「カロナール」ですが、それぞれに特徴がありますので、その特徴を分かりやすく比較してみました。 特にインフルエンザ感染時には注意が必要なものですので確認しておきましょう。



インフルエンザの時に飲める解熱剤はアセトアミノフェン

インフルエンザに感染したときの高熱を下げるために家にある解熱剤を飲むのはとても危険です。とくにボルタレンやポンタールなどは使用してはいけません。 小児科で処方される解熱鎮痛剤の「アセトアミノフェン」なら、インフルエンザに […]



インフルエンザで腹痛・下痢の症状が出た時の対処法

インフルエンザの症状としては、高熱や倦怠感・関節痛など全身症状が知られていますが、腹痛や下痢の症状が出ることもあります。 インフルエンザ感染時の腹痛や下痢の症状の対処法とノロウイルスとの症状の違いを確認していきましょう。



インフルエンザウイルスのA型・B型って何?何が違うの?

10月頃から徐々にインフルエンザに感染する人が増え始め、3月頃まで流行します。 このインフルエンザには、A型・B型・C型の3つの種類があり、重い症状のA型とB型ウイルスに対する予防接種を行なっていますが、このA型とB型に […]



インフルエンザの流行状況は?集団発生による学級閉鎖速報を確認する方法

インフルエンザの流行状況を各都道府県別に確認することができます。 発生状況や警報・注意報を確認することができ、また、集団発生による学級閉鎖情報を確認することもできますので、まとめてみました。



病院の先生に聞いた!受験生がインフルエンザ予防接種を受けるのに一番いい時期とは?

受験生にとって、インフルエンザで受験できなかったという事態だけは避けたいところですよね。 今まで、寝る間も惜しんで勉強して第一希望の学校の入試日前日にインフルエンザになってしまったという話もよく聞きます。 インフルエンザ […]



インフルエンザに感染したときの治療費は約4,000~5,000円

インフルエンザに感染したかも知れない場合、医療機関に行って症状を見てもらいます。 その際にインフルエンザだと診断されたときに掛かる治療費は約4,000円~5,000円程度になります。



妊婦はインフルエンザ予防接種を受けても大丈夫?

妊娠中のときに心配になるのが胎児への影響があるのか、ないのかということです。 予防接種を受けておかないと、インフルエンザにかかってしまったとき、症状が重くなるのは困るけど、妊娠中にインフルエンザ予防接種を受けていいのかま […]



インフルエンザ予防接種前の飲酒は適度、接種後は大量飲酒は避ける

働いているとインフルエンザ予防接種の前日や当日に飲み会があり、飲酒しないといけない場合があります。 前日と当日の飲酒については、前日は適度な量に控え、接種当日は大量飲酒を避けるようにするといいです。



インフルエンザの潜伏期間中でも感染力があり移る

家や学校、会社でインフルエンザに感染したという人が増えてくると、発症した人と会ったり、話したりすることがあると、それだけでインフルエンザに感染している可能性があります。 インフルエンザは潜伏期間中でも感染力が強く、また飛 […]



インフルエンザ予防接種の注射後は揉んではいけない理由

インフルエンザ予防接種の注射したあと揉みほぐす人がいますが、注射したあとは揉まないようにしましょう。 揉んだほうが早く効くとか、腫れないように揉んだほうがいいという人がいますが、インフルエンザ予防接種の注射したあとは揉ん […]



インフルエンザ予防接種を受けて予防できる確率は約60~90%

インフルエンザ予防接種を受けたら、インフルエンザウイルスに感染しないという訳ではありません。予防接種なので、体内に抗体を作って耐性を整えることが目的です。 インフルエンザの予防接種を受けたら、どれだけの確率で発症を防ぐ効 […]

インフルエンザウィルスB型の潜伏期間

785-0

B型インフルエンザの感染力は強く、感染から潜伏期間を過ぎて症状が発症するまで1日~2日掛かります。潜伏期間は1日~2日です。潜伏期間は、症状がありませんが、感染力があります。

感染経路は、飛沫感染と接触感染です。

飛沫感染とは、インフルエンザに感染している人が咳やくしゃみをすることでウイルスが飛び、他の人の口や鼻から体内に入り込むことです。

接触感染とは、感染した人が咳やくしゃみを手で押さえた後に、スイッチやドアノブ、パソコン、スマホ、食器類などを触り、それらに付着することで、他の人に手にウィルスが付いて、口や鼻などに触れて体内に入り込むことです。

インフルエンザB型の症状

571-0

インフルエンザB型の症状は、風邪の症状に似ている点が多く、インフルエンザなのか風邪なのか判断が難しいです。自己判断で、風邪だろうと判断して実はインフルエンザだったということになると、自分がウイルスをばら撒く感染源になりますので、冬の時期に風邪かなと思ったら病院に行って診察してもらい、風邪なのかインフルエンザなのか判断してもらうことが大切です。

インフルエンザB型の症状

38度以上の熱(微熱しか出ないこともある)・頭痛・鼻水・のどの痛み・咳・関節痛・筋肉痛・胃炎・上気道炎・気管支炎・さむけ・悪寒・痰がからむ・頭痛・全身のだるさ・倦怠感・腰痛・下痢・腹痛

インフルエンザA型とも症状は似ていますが、B型は下痢や腹痛などの消化器系の症状があります。また、熱が出ないまたは微熱が続くというのも1つの特徴です。

免疫力低下を実感!
免疫力を高める方法を実践した結果はコチラ

インフルエンザB型のときに処方される薬

977-2

病院で診てもらい、インフルエンザB型だと診断されたとき、抗インフルエンザ薬としては4つあります。

飲み薬・・・タミフル
吸入薬・・・リレンザ・イナビル
点滴・・・ラビアクタ

タミフルに関しては服用後に異常行動を取ることがあるとして、ハイリスク患者と判断されるときには使用を控えるようになっています。

抗インフルエンザ薬を処方するタイミングは、発症してから48時間以内、2日以内に服用することが望ましく、それ以降になると抗インフルエンザ薬を服用しても効果があまり変わらないとされています。2日以内服用することで症状の回復が早くなるため、早めの受診が必要です。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ロキソニンとカロナールの違いを比較【成分・効能・特徴など】

解熱鎮痛剤として、良く飲まれている「ロキソニン」と「カロナール」ですが、それぞれに特徴がありますので、その特徴を分かりやすく比較してみました。 特にインフルエンザ感染時には注意が必要なものですので確認しておきましょう。

インフルエンザ予防接種の注射後は揉んではいけない理由

インフルエンザ予防接種の注射したあと揉みほぐす人がいますが、注射したあとは揉まないようにしましょう。 揉んだほうが早く効くとか、腫れないように揉んだほうがいいという人がいますが、インフルエンザ予防接種の注射したあとは揉ん […]

インフルエンザ予防接種 33の副反応と想定される症状まとめ

インフルエンザワクチンを予防接種で注射すると、副反応が出ることがあります。日本では不活化ワクチンが使われているため、予防接種を受けても副反応が出る人は、生ワクチンに比べて少ないです。 それでも、体質などにより副反応(副作 […]

インフルエンザ予防接種前に確認しておくべき5つのポイント

インフルエンザが流行する10月~3月の時期には、マスクや手洗いなどの予防対策を行なう必要がありますが、感染力が強く、学校や会社、家族などまわりの人がインフルエンザに感染すると、自分も感染する確率が高くなります。インフルエ […]

子供のインフルエンザ予防接種!違う医院で受けたら腫れた

乳幼児の子供のインフレンザ予防接種をするときは、2回接種しないといけません。 1回目は特に副作用が無かったのに、2回目に注射したあとが腫れてしまいました。1回目は腫れなかったのに、2回目のときに腫れたのはどうしてでしょう […]

インフルエンザ治療薬の効果と副作用は?タミフル・リレンザ・イナビル・ラピアクタ

インフルエンザに感染して、病院で処方される治療薬は4種類です。 タミフル・リレンザ・イナビル・ラピアクタですが、それぞれ内服薬・吸入薬・点滴薬などの違いの他、副作用についても報告されている分についてまとめました。

インフルエンザの検査方法!迅速診断法で結果が出るまでの時間は15分以内

インフルエンザに感染したかも知れない時に、病院での診察を受ける時の検査方法や検査結果が出るまでの時間などについて調べてみました。

インフルエンザウイルスの潜伏期間と感染力|冬に流行する理由

インフルエンザウイルスは、症状が出ていないけど感染している潜伏期間があります。インフルエンザウイルスの感染力は強く、発症する前の潜伏期間でも感染力があるとされています。毎年、インフルエンザは乾燥する冬場に感染が大流行する […]

インフルエンザに感染いしたかも?潜伏期間にできる7つの予防対策

インフルエンザは飛沫感染するため、「会社の人が感染した」、「家族が感染した」、「学校のクラスの子供が感染した」または感染していたということがあります。 インフルエンザウイルスは、潜伏期間があるため感染してもすぐに症状が現 […]

風邪とインフルエンザの予防・早く治す効果がある乳酸菌L137

風邪やインフルエンザの予防や罹ったときにときに早く治す効果が期待できるのは乳酸菌です。ヨーグルトやチーズなどの乳製品に多く含まれている乳酸菌は、腸内にいる善玉菌と同じで、乳酸菌を摂取することで、善玉菌の働きが活発になり、 […]

インフルエンザ予防接種を打てない人・医師に相談が必要な人の13の条件

インフルエンザの予防接種を打つときに、事前に「インフルエンザ予防接種予診票」を記入します。 質問事項の回答次第では、インフルエンザ予防接種を受けることができない場合がありますので、予防接種を打つときには確認しておきましょ […]

インフルエンザA型の潜伏期間・症状・熱・出勤/出席停止期間

インフルエンザa型に感染してしまったとき、気になったのが「いつまで出勤できないの?」っていうことです。来客もあるし、会議もあるし、終わらせないといけない仕事もあるしと思うと、そんなにゆっくりと休んでいる場合ではありません […]

インフルエンザ予防接種の費用!都道府県別平均費用と一律料金ではない理由

インフルエンザ予防接種に掛かる検査費用は、病院や医院によって料金が違います。 そのため、お母さんたちの間では、「どこの病院で接種したらいくらだったよ」という情報交換をして、安くインフルエンザの予防注射ができる場所を探した […]

13歳以上も2回接種が効果的?インフルエンザ予防接種回数による有効性とは?

厚生労働省のインフルエンザ予防接種に関する情報を見てみると、13歳以上は接種回数1回となっていいます。 そのため、インフルエンザ予防接種は1回で有効性が高いと思っていると思いますが、実は13歳以上、大人も含めて、その考え […]

インフルエンザ予防接種を受ける前と後で知っておくべき8つのこと

寒い冬の時期、10月から3月頃に掛けてインフルエンザが流行します。インフルエンザを受ける人もいれば、受けない人もいると思います。受けるときでも、受けないときでもインフルエンザ予防接種を行なうときに疑問に思うことをまとめて […]

インフルエンザ予防接種を受けて予防できる確率は約60~90%

インフルエンザ予防接種を受けたら、インフルエンザウイルスに感染しないという訳ではありません。予防接種なので、体内に抗体を作って耐性を整えることが目的です。 インフルエンザの予防接種を受けたら、どれだけの確率で発症を防ぐ効 […]

インフルエンザの時に飲める解熱剤はアセトアミノフェン

インフルエンザに感染したときの高熱を下げるために家にある解熱剤を飲むのはとても危険です。とくにボルタレンやポンタールなどは使用してはいけません。 小児科で処方される解熱鎮痛剤の「アセトアミノフェン」なら、インフルエンザに […]

インフルエンザやマイコプラズマの第二種感染症の出席停止期間

幼稚園・保育園・小学校・中学校・高校・大学の学校では、学校感染症を防ぐために学校保健安全法第19条で「校長は感染症にかかっており、かかっている疑いがあり又はかかるおそれのある児童生徒等があるときは、政令で定めるところによ […]

インフルエンザ予防接種の料金値上げとワクチン不足で大流行の恐れ

2015年のインフルエンザワクチンが値上げされることにより、予防接種を受ける人はワクチンの仕入れ値が上がった分、予防接種費用も値上げされることになります。 料金が値上げされるだけではなく、インフルエンザワクチンの数が少な […]

風邪・インフルエンザの発熱による5つの症状別の下げ方

風邪やインフルエンザで熱が出たときは、前兆期・上昇期・ピーク期・下降期・解熱後の5つに症状を分けて、それぞれの状況にあった熱のコントールをすることで熱を早く下げることができます。 熱が下がらない、ぶり返さないためにも、熱 […]