【おすすめ】気になる子供の勉強法

子供の成績を上げてくれたWEB学習「スタディサプリ」
 
小学4年生から中学3年生までを対象にしたオンラインサービスで学習できる「スタディサプリ」を実際に使って成績が上がった人の体験談です。1週間の無料体験があり、月額料金は980円(税抜)という費用でもコンテンツが豊富!成績を上げた方法、使い方など詳しくまとめられています。

手の紫外線対策に手袋が効果的!おすすめの色と肌荒れ対策

tenokou

年齢が出るといわれている首元と手の甲ですが、紫外線がうっかり当たりやすい場所でもあります。うっかり日焼けが積み重なって他の肌と比べて光老化してしまい、しわが深くなったりシミが出てきたり美容にとっては大敵な症状が出てきてしまいます。日焼け止めをこまめに塗ればよいのでしょうが、物に擦れたり洗ったりすると落ちてしまいやすい場所です。そこで手袋を着用すれば手軽に紫外線対策ができます。どのような手袋が紫外線対策に良いのかをお伝えしていきます。

スポンサーリンク


手の甲のシミ・シワが気になる!紫外線対策

tenokou

年齢を重ねていくと気になり始める手の甲のシミやシワですが、若い頃にはそんなに気になることはありません。でも30代・40代・50代となっていくと、手の甲のシミ・シワがとても気になり始めます。このシミやシワは紫外線によるもので、特に女性は料理や洗い物などをすることが多く、手に付けた日焼け止めも落ちやすく、キッチンは明るい場所に作られていることが多く、日焼けしやすいと言えます。

また、パソコン作業や読書などをするとき、窓に近い場所で作業するなら部屋・室内にいても紫外線の影響を受けてしまいますので、こまめに手の紫外線対策を行なっておく必要があります。

スポンサーリンク

手の紫外線対策は手袋がおすすめ

shigaisen-14

紫外線対策に日焼け止めをしたのはよいですが、手を洗う機会はいくらでもあります。そのたびに日焼け止めを塗りなおさないといけないので、手は意外と紫外線にさらされやすい場所です。そのせいか、紫外線が当たり続けやすく年齢が出やすいのが手の甲と言われています。年齢を気にする女性にとって手は、紫外線対策をきっちりした方が良い部分です。

洗濯ものを干すときについうっかり紫外線対策をし忘れてしまうもの。そんなときは手袋を利用するのが手軽で簡単です。手を洗っても落ちませんし、邪魔になったら外してバックの中に入れておけば邪魔になりません。かわいいアームカバーや上品なものなどおしゃれなものがたくさん売られているので、その日のファッションに合わせて変えていくのも楽しいです。

紫外線予防になる色は黒!白はダメ!

shigaisen-7

紫外線透過率という数値があります。数字が小さいほど紫外線に対する防御力が高いのです。白い布の紫外線透過率は約20%で黒い布の紫外線透過率は約1.7%というデータがあります。このことから、紫外線対策に有効なのは黒い色だということがわかります。暑い季節に黒だとちょっと重い感じがします。帽子に服にアームカバー、サングラスと全部黒でそろえるのも良いですが、もう少しおしゃれを楽しみながら紫外線をカットしたいところです。

UV加工されている布・生地でしたら、どの色でも紫外線カット率は変わらないようです。紫外線透過率1%以下や紫外線カット率100%と書かれている紫外線対策グッズでしたら、ほとんどの紫外線を防いでくれ、おしゃれも楽しめて一石二鳥です。

紫外線対策と手荒れ対策を忘れずに

uvcare-2

手は色々な刺激にさらされる場所です。手を洗えば石鹸を利用しますし、食器を洗えば洗剤で手の皮脂が落ち、乾燥してガサガサになりやすいです。日焼けした後も肌が荒れる傾向にあります。うっかり日焼けをしやすい部分だけに気を付けたい場所です。手と同じくらい外気に触れるお顔は化粧などでしっかり紫外線対策をされていることが多いと思います。最悪日焼けしてもコンシーラーで隠せますし、ファンデーションをカバー力の高いものに変える方法もあります。

しかし、手にファンデーションは塗れません。服についてしまいますし、すぐに落ちてしまいます。ですから、日頃の紫外線対策でしっかりと守ってあげたい部分です。洗顔の後は化粧水や乳液、美容液で顔をケアしていると思います。手にも保湿クリームなどでケアをしてあげることが大切です。乾燥はしわの原因にもなりますし、日焼け止めが乗りにくくなりますから保湿成分が入ったものがおすすめです。

まとめ

手の甲は、ひと目につきやすい場所です。顔と違い化粧などで、隠すことが難しい場所なので、日焼けしないように手袋や日焼け止めクリームなどを使って紫外線予防する必要があります。手の甲の美白にも、気を付けるようにするなら、美白クリームや美白効果のあるUVケア商品などのハンドクリームを合わせて使うことをおすすめします。

手の甲のシミは薄くなりにくいですし、シワも紫外線により深いものになると、手だけが老けて見えてしまう結果になります。化粧品でごまかすことも出来ませんので、美容整形などでシミを消したり、シワを伸ばしたりするとなると高額なものとなってしまいますので、しっかりと紫外線対策と美白を行なっておくことが重要です。

スポンサーリンク