【おすすめ】気になる子供の勉強法

子供の成績を上げてくれたWEB学習「スタディサプリ」
 
小学4年生から中学3年生までを対象にしたオンラインサービスで学習できる「スタディサプリ」を実際に使って成績が上がった人の体験談です。1週間の無料体験があり、月額料金は980円(税抜)という費用でもコンテンツが豊富!成績を上げた方法、使い方など詳しくまとめられています。

紫外線対策をしなかった5つの理由|うっかり日焼けした私の経験

shigaisen-9

紫外線対策をしているけど、なぜか日焼けしているということがありませんか?それは、少しだから大丈夫という甘えがどこかにあるからです。ちょっとの外出だから、日焼け止め対策をしないまま出掛ける、洗濯物を干すときの少しだけの時間だし日焼け止めを塗るのも面倒・・・と油断していると焼けていたということがあります。皆さんもありがちなうっかり日焼けした理由についてお伝えします。

スポンサーリンク


うっかり日焼けした私の失敗談

shigaisen-9

昔のヨーロッパでは日に焼けた肌は労働者で貴族階級は色が白いことがステータスでした。現在では白い肌は清楚で美しいですが、美容の問題だけでなく健康の問題からも紫外線を浴び過ぎない方が良いとされています。1920年代にココ・シャネルによって小麦色の肌が流行しました。健康的で元気な印象のある肌ですが、紫外線がシミやそばかす、乾燥だけでなく皮膚がんや白内障の原因となると聞くと怖いです。いつも紫外線対策はしているのに日焼けしてしまった経験からこんな時も対策しないといけないと思いました。

スポンサーリンク

曇っていたから

kumori

太陽がサンサンと降り注いでいると紫外線対策しないといけないと思いますが天気の悪い日、特に曇っている日なんて油断してそのまま外出してしまいます。これで日焼けしたことがあります。紫外線は目に見えないんです。太陽の光の中には目に見えるものと見えない光があり、お肌に影響がある紫外線というのは見えない光に分類されます。

そして、曇っていても快晴の時と比べても紫外線量が60%もあり、晴れの日の半分以上もあるんです。特に薄曇りの日は日陰があるから大丈夫なんて思っていたら大変。晴れの日と比べて紫外線量が80%以上もあります。もうほとんど晴れの日と変わりません。知らなかったとはいえ半分以上の紫外線がある中を平気で歩いていたのが信じられません。もちろん日焼けして首をかしげることになりました。太陽の光で紫外線があると思ってはダメなんです。

涼しかったから

プリント

5月くらいなんて気持ちの良い天気が続いてお散歩日和です。近所のお散歩からちょっとした公園でウォーキングなんて気持ちの良い季節ですね。風が気持ち良い木漏れ日の中のお散歩なんて素敵で気分もアップです。紫外線は夏の暑い時期だけ気を付けていれば大丈夫なんて思っていた私はまんまと鼻の頭を赤くしました。汗で化粧も落ちていたんです。

紫外線に注意しないといけない時期って4月くらいからなんです。7月、8月くらいで大丈夫って思っていました。しかも9月、10月くらいまで注意が必要なんです。結構長いですよね。涼しくても春くらいから紫外線は多くなってくるので、涼しくなってきたからといって紫外線対策をさぼるとまんまと日焼けすることになってしまいます。涼しい時期は要注意です。

部屋にいたから

ribingu

出掛けるから日焼けするんですよ。うっかり半袖で日焼けしてしまうし気持ちよくお出かけすれば鼻の頭は赤くなるんですから、もう自宅警備にいそしむしかないでしょう。紫外線なんてものは家の中にはないんです。と思っていました。やっぱり違いました。家の中は日陰だし、太陽だってガラス越しですから安全なんて勝手な思い込みでした。ガラスって紫外線をそのまま通してしまうそうです。家の中で日向ぼっこよろしくごろごろしていたらガッツリ肌が小麦色に。ちょっとでも紫外線を防げないのかしらと思って調べてみました。

紫外線にはUVAとUVBという種類があってUVBはガラスを通り抜けないようです。しかし、UVAはガラスを通しても外にいる時の60%程の紫外線が部屋の中に入ってきてしまいます。曇りの日と同じくらいの効果です。曇りでも日焼けしますからガラス越しでも日焼けしてしまうんです。ちなみにですが、UVAはお肌を黒くしてUVBは赤くてひりひりする日焼けになりますが、部屋にいてもUVAが入ってくるので、ヒリヒリしたあと結局黒くなるのですから両方遮らなければ意味がないのです。

日陰にいたから

shigaisentaisaku

真夏の暑い日、外に出かけてから帽子を忘れたことがありました。もう頭が熱くて熱くて。少ない日陰を子供のころにやった影を踏まれると鬼になる影ふみよろしく日陰をさまようゾンビのよう、いえ忍者のように日陰を選んで歩きました。それこそ電柱の細い影の中にも安息を見いだせましたよ。暑さは和らぐから紫外線も遮ってくれているだろうと安易に思っていました。

紫外線には、太陽から直接届く直接光と大気の中の小さい粒に当たって反射する反射光とアスファルトから跳ね返ってくる紫外線があるみたいです。この中の太陽から直接やってくる紫外線は障害物で遮られて大丈夫なようです。でも安心できないのは跳ね返ってくる紫外線。これは日向にいるときと変わらないくらい浴びてしまっているんです。太陽からの直接くる紫外線だけ防げても完全ではありません。日陰でもやってくる紫外線は侮れませんね。

洋服を着ていたから

shigaisen-10

半袖を着て、外に出たら腕は焼けますが服を着ていた部分は白いので服を着ていれば紫外線は大丈夫って思ったとしてもおかしくないですよね。でも、服を着ているのに日焼けすることってあるんです。柄物の服を着て紫外線を浴びると柄模様と同じ日焼けをすることがあるんです。それって生地の種類だったり、色によって紫外線を防御できる率が違うから起きることなんです。それじゃあ無地しか着れないなんて悲しいですよね。でも、大丈夫です。

UVカット加工された洋服でしたら紫外線を防いでくれます。上に羽織る洋服をUVカット加工にしたら大分違います。物によっては洗濯しているうちにUVカット加工が薄れてきてしまうようなので数年に一度は買い換えたほうがいいですが。UVカット加工の何が嬉しいって柄の日焼けをしないことは勿論のこと、紫外線を一番防ぐのって黒だといわれているので結局黒い服を買ってしまいます。UVカット加工ならどの色でも紫外線を防止してくれますので、好きな色を着ても大丈夫なんですよ。

まとめ

紫外線を浴びることでビタミンDが活性化され、これが骨をつくるときに必要なものであることに変わりありません。わずかな紫外線でもビタミンDの活性化には十分で、紫外線のメリットはこれしかありません。

あとは皮膚がん、老化、白内障など人にとってよい作用はありません。紫外線は百害あって一利なしと考えて、子供からお年寄りまで、できる限り当たらないようにすることが賢明です。

スポンサーリンク