【おすすめ】気になる子供の勉強法

子供の成績を上げてくれたWEB学習「スタディサプリ」
 
小学4年生から中学3年生までを対象にしたオンラインサービスで学習できる「スタディサプリ」を実際に使って成績が上がった人の体験談です。1週間の無料体験があり、月額料金は980円(税抜)という費用でもコンテンツが豊富!成績を上げた方法、使い方など詳しくまとめられています。

頭痛を誘発する代表的な食べ物の4つの成分

chocolat

頭が痛くなる原因に食べ物があります。食べ物には様々な栄養素が含まれていて、食べることで色々な作用を身体に起こしますが、症状が改善されることもあれば、悪化することもありますので、頭痛がするときは食べ物にも注意が必要です。

頭痛を誘発する代表的な食べ物に含まれるポリフェノール・チラミン・グルタミン酸ナトリウム・アスパラギン酸の4つの成分についてお伝えします。

スポンサーリンク


頭痛を誘発する成分と食べ物

chocolat

頭痛には様々な種類があります。血管が収縮したまま、拡張したままになってしまったりすることで痛みが発生します。血管が拡張しているところに更に血管を拡張させる作用のある食べ物を食べたりすると悪化してしまいます。

頭痛を誘発する成分は4つあり、代表的な食べ物も一緒に紹介します。

スポンサーリンク

ポリフェノール

wain

ポリフェノールは抗酸化作用があり、動脈硬化や脳梗塞を防ぐと言われていますが、じつは頭痛を引き起こす成分です。

ポリフェノールを摂取すると、急激に血管が拡張されます。頭の血管は急激に拡張や収縮を繰り返すと、痛みを引き起こしやすい性質を持っていますので、ズキズキと脈打つような痛みの片頭痛のときには摂取を控えましょう。

ただし、緊張型頭痛のときは、原因が筋肉が緊張して血液の巡りが悪くなることから起きる頭痛なので、抗酸化作用によって血液の巡りが改善されて痛みが治まります。

片頭痛(ズキズキ痛む頭痛)・・・摂取すると痛みがひどくなる

緊張型頭痛(締め付けるように痛む頭痛)・・・摂取すると痛みが緩和する

ポリフェノールを多く含む食べ物

赤ワイン、チョコレート、すもも、プルーン、納豆、味噌などがあります。

チラミン

coffee

チラミンという成分には、血管を収縮する作用があります。急激に頭の血管が縮まってしまうため、痛みを感じやすくなります。食べ物の中には、チラミンを多く含んでいるものがありますので、頭痛持ちの人は避けたほうがいいです。

片頭痛(ズキズキ痛む頭痛)・・・摂取すると痛みが緩和する

緊張型頭痛(締め付けるように痛む頭痛)・・・摂取すると痛みがひどくなる

チラミンを摂取し過ぎると、片頭痛のときでも痛みを増すことがあります。チラミンが体内に蓄積されることで神経刺激作用により頭痛がひどくなります。

チラミンを多く含む食べ物

チーズ、ワイン、ビール、コーヒー、カジキ、ニシン、タラコ、スジコ、そら豆、鶏レバー、イチジク、ピクルスなどがあります。

グルタミン酸ナトリウム

capramen

グルタミン酸ナトリウムは、うまみ調味料の成分のことで、MSGと表示されることもあります。この添加物は血管を広げる働きを持っているため、痛みを引き起こしてしまいます。

カップ麺やインスタント食品やスナック菓子などに多く含まれています。頭痛の予防のためだけではなく、バランスの取れた食生活を送るためにも、これらの食品は出来るだけ避けるようにしたほうが健康にいいです。

グルタミン酸ナトリウムを多く含む食べ物

カップ麺、インスタント食品、スナック菓子などがあります。

アスパラギン酸

1250-5

アスパラギン酸は、カロリーをカットしたダイエット用の甘味料に含まれている成分です。アミノ酸の一種で利尿作用があり、アンモニアを身体の外に排出して中枢神経を保護する働きがあります。

そして、脂肪の燃焼を助ける働きがあり、血管拡張作用があるため頭痛を引き起こしやすいです。ダイエットをしている人は、無意識のうちにアスパラギン酸を摂り過ぎている可能性が高いので、充分に注意する必要があります。

グルタミン酸ナトリウムを多く含む食べ物

枝豆、そら豆、もやし、レンコン、さとうきび、牛肉、鶏肉などがあります。

 

まとめ

頭の痛みに悩まされているなら、食べるものにも注意が必要です。痛みを増す成分を知らずに食べていると頭痛が治りません。ツボを刺激したり、ストレスを解消したりして予防対策していることが無駄になってしまいます。

食べ物は、身体の中から体調を改善してくれるものですが、悪化させてしまうこともあります。特に珈琲やチョコレートは日常的に摂取していることが多いと思いますので、量を減らすか、飲まないようにして様子を見るといいです。

スポンサーリンク