【おすすめ】気になる子供の勉強法

子供の成績を上げてくれたWEB学習「スタディサプリ」
 
小学4年生から中学3年生までを対象にしたオンラインサービスで学習できる「スタディサプリ」を実際に使って成績が上がった人の体験談です。1週間の無料体験があり、月額料金は980円(税抜)という費用でもコンテンツが豊富!成績を上げた方法、使い方など詳しくまとめられています。

頭痛を緩和する方法は頭痛の種類によって異なり間違えると逆効果

76-0

頭痛が起こる原因には、いくつかの種類があります。頭痛の種類によって自分で対処することができることもありますし、病院で診てもらう必要があるものもあります。自分の頭痛の症状を確認して、日常生活で起きている頭痛であれば、自分でできる対処法で改善することができます。

ただし、間違った対処法をすると、頭の痛みを緩和するどころか痛みが増すことがあり逆効果になってしまいます。頭痛の種類ごとの原因と特徴、改善方法についてお伝えします。

スポンサーリンク


頭痛の種類によって原因と解消法が異なる

76-0

頭痛の解消法については、その原因によって対処の仕方が変わってきます。もし、ストレスによって頭が痛いということであれば、ストレス解消方法を見つけていくことで、痛みの頻度を減らしていくことができます。気圧の変化によって起こるのであれば、季節の変わり目には自分で用心をしておくことが必要です。

と、頭痛が起こる原因が違うため改善方法も異なります。原因に合った対処法をすることで改善することができますが、間違った方法をすると悪化することがありますので、種類別の原因と特徴、改善方法をまとめました。

スポンサーリンク

頭痛には一次性頭痛と二次性頭痛がある

頭痛に悩まされている人の9割は一次性頭痛で、頭痛がすべての症状で、ほかの疾患などに関係する病ではないと言われています。残りの1割の二次性頭痛は、頭痛が別の疾患により起こっているもので、くも膜下出血や脳腫瘍などが原因で頭痛が起こることがあり、そのままにしておくと危険な状態になる可能性が高い頭痛です。

一次性頭痛であれば、自分で痛みを緩和するための対処法を行なうことが出来ますが、二次性頭痛のときは、病院で診てもらう必要があります。

二次性頭痛に分類される10の疾患 」で、それぞれの症状の特徴と頭痛との関係についてまとめていますので、ご覧ください。

片頭痛が起こる原因と特徴、改善方法

片頭痛の主な原因として、脳の毛細血管が膨らむことで、神経を刺激し、痛みを発症します。改善方法は、膨らんだ毛細血管を押さえることがポイントとなります。

 血管を収縮させる作用があるカフェインは、膨らんでしまった脳の毛細血管を元の状態に戻して原因を取り除くことができます。

 患部を冷やすことによって、血流を穏やかにし、痛みを和らげることができます。しかし、患部に氷などを直接当てるのは危険なため、水にぬらしたタオルなどを絞って使うことがお勧めです。

 刺激に対して敏感になっているため、強い光や音がする場所を避け、暗くて静かで涼しい場所でじっとしていることも効果的です。

緊張型頭痛が起こる原因と特徴、改善方法

肩から首筋にかけてコリが生じているときに頭痛がする場合は、緊張型頭痛の可能性があります。起こる原因としてはデスクワークなどで眼精疲労を起こしている、姿勢が悪い、体の冷え、精神的なストレスなどがあげられます。頭が締め付けられるように痛みが毎日起こります。

 首や肩の凝りから頭痛が起こることが多く、体を動かしたり、痛い部分を温めると痛みが軽減します。

 ストレスを溜めないようにしたり、ストレッチをしたり、ゆっくりとお風呂に入って全身を温めることで血流が良くなり筋肉の緊張がほぐれて痛みを改善します。

群発頭痛が起こる原因と特徴、改善方法

群発頭痛は頭痛の中でも最も激しい痛みを伴い、血管の急激な拡張が原因で起こります。働き盛りの男性に症状が現れることが多いですが、アルコールや喫煙が頭痛を誘発することが分かっています。

 改善方法で最も効果的なのが酸素吸入治療です。痛みが起こったときに、早い段階で酸素を吸入すると症状が和らぐため、市販の「 携帯用酸素缶 」を利用して自分で対処する人が多いです。

 血管収縮作用のあるトリプタンでの治療も有効です。

頭の痛みを解消する方法を間違えると逆効果

頭痛が起こったとき、冷やして痛みを取り除こうとする人が少なくないのですが、それで功を奏する場合と逆効果となってしまう場合があるので注意が必要です。功を奏する場合というのは、片頭痛のように血管が広がり、周囲の神経が刺激されてズキンズキンと痛む場合です。冷やすことで血管が引き締まり痛みが緩和されます。それに対して、肩こりや首筋の張りが原因で視神経が刺激されてギシギシと痛む場合は、筋肉の緊張をほぐすために冷やすのではなく、温める必要があります。

頭痛は血流をコントロールすることが効果的な治し方

「頭が痛い」と悩まされている場合、片頭痛や緊張型頭痛の症状なら、血管を収縮させたり、拡張させたりすることで痛みを自分で緩和することができます。

 片頭痛のときは痛む場所を冷やす
 緊張型頭痛のときは首や肩をほぐしたり温める

片頭痛の症状を温めてしまったり、緊張型頭痛の症状を冷やしてしまったりすると逆効果になってしまいます。

頭痛の種類によって対処法が異なります。片頭痛と緊張型頭痛の違いを確認したいときは、「 片頭痛・緊張型頭痛・群発頭痛の違い 」をご確認下さい

 

自分の頭痛の痛み方はどのような種類の頭痛かを知る

慢性的な頭の痛みに困っている人も多いです。痛みの種類によって、原因や対処方法が違うことも分かったと思います。片頭痛と緊張型頭痛を判断するには、頭痛の特徴を把握することが大切です。

ズキンズキンと頭の片側が脈打つような痛みは、生活リズムの乱れや女性であれば月経などで誘発される片頭痛の特徴です。吐き気を伴うこともあり、一度痛みが出ると2~3日続き、短い期間に頻発することも多いです。患部を冷やし安静にすることで痛みが緩和されるでしょう。

後頭部を中心に頭が締め付けられるような重い痛みは緊張型頭痛の特徴で、パソコンの長時間操作や姿勢の悪さ、ストレスなどによって引き起こされる筋肉の緊張が原因です。ストレッチや患部を温めることで改善を見込めます。

 

まとめ

頭痛の種類によって、自分で痛みを緩和する方法が違います。頭が痛いからといって頭痛薬に頼るのではなく、自分の頭痛の種類をまずは確認して、対処法を知りましょう。

片頭痛と緊張型頭痛であれば、正しい対処法をすることで痛みが和らぎます。痛みが和らげば、仕事や勉強・家事への集中力も高まりますので、正しい対処法で頭痛を緩和するようにしましょう。

スポンサーリンク