【おすすめ】気になる子供の勉強法

子供の成績を上げてくれたWEB学習「スタディサプリ」
 
小学4年生から中学3年生までを対象にしたオンラインサービスで学習できる「スタディサプリ」を実際に使って成績が上がった人の体験談です。1週間の無料体験があり、月額料金は980円(税抜)という費用でもコンテンツが豊富!成績を上げた方法、使い方など詳しくまとめられています。

頭痛の原因:一次性頭痛に分類される5つの症状

zutuu

頭痛に悩まされている日本人は4人に1人、約3,000万人の人が頭痛持ちだと言われています。頭痛は、頭痛のみの治療ですむ一次性頭痛と、脳卒中や髄膜炎などが原因で起こる二次性頭痛があります。

今回は、一次性頭痛の特徴や分類、5つの症状についてお伝えします。

スポンサーリンク


一次性頭痛の特徴と分類される5つの症状

zutuu

頭痛が発生していないときは元気で、日常生活も支障なく送ることができますが、いつの日かまた頭痛が発生するということを繰り返す頭痛を慢性頭痛といい、これを一次性頭痛と分類しています。

一次性頭痛の特徴と、片頭痛・緊張型頭痛・群発頭痛・後頭神経痛・薬剤誘発性頭痛の症状についてまとめました。

スポンサーリンク

一次性頭痛とは?

genin

一次性頭痛は、他の疾患と関連しない頭痛のことを指し、その多くは片頭痛、緊張型頭痛、群発性頭痛の3つに分けられます。非常に危険な状態である可能性のある二次性頭痛に対して、一次性頭痛は慢性的に症状が発症する頭痛です。従って、軽度であれば市販の頭痛薬を飲んで症状を緩和することも可能です。

片頭痛とは?

zutuu

片頭痛とは、熱はないのに頭が痛く、吐き気やめまいを起こす症状です。一般的に頭の片側が脈を打つように痛むのが特徴で、痛みが出始めると1日から3日ほど痛みが続きます。

片頭痛は、痛みが出る半日ほど前から、目がチカチカするなどの前兆があります。この時に、薬を服用することで痛みを軽減することができますが、飲む時期を逃してしまうと痛みが和らぎにくくなります。前兆が起こったときは、音や光に敏感になるので、照明を落とした部屋でゆっくりと過ごすことが大切です。

 片頭痛の原因と症状!痛みがくる前兆を見極めるコツ

緊張型頭痛とは?

zutuu1

緊張型頭痛とは、同じ姿勢を長時間続けたり、ストレスや過度な緊張が重なって起こり、仕事でずっとパソコンを使っていたり、長時間の運転を続ける職業の人に多いです。

頭から肩にかけての筋肉が緊張してしまうことで血流が悪くなり、疲労物質である乳酸が排出され溜まることで神経を刺激し、痛みをもたらすと考えられています。

時々痛みが襲ってくる反復性の痛みと、2~3か月間も痛みが続く慢性の痛みがあり、それぞれで治療法や対処法が違ってくることがあります。

 緊張型頭痛になる2つの原因と症状

群発頭痛とは?

zutuu1

群発頭痛はある一定の時期に集中的に起きる頭痛です。

季節の変わり目などの時期に、1ヶ月から2ヶ月の間毎日頭痛が続きます。しばらくすると頭痛は消えますが、ある程度の期間が経ったあと、再び頭痛を繰り返します。20代から40代の男性に多いとされている頭痛です。

痛みは、目の周りの神経をえぐり取られるような痛さと形容されます。あまりの痛さに自殺を考える人もいるほどです。治療法としては薬物治療や酸素吸入などがあり、ほかには神経ブロック療法も功を奏することがあります。

 群発頭痛の主な症状・痛みの特徴・原因

後頭神経痛とは?

zutuu2

頭皮の後頭部から頭頂部にかけて、ビリッと一瞬 電気が走るような痛みを数秒から数時間単位で繰り返し、一度痛み出すと数日から数週間継続します。

痛みは、ズキズキと我慢できないくらい後頭部が痛みます。痛みのないときは、痛みを感じた同じ場所に、じわっとしたしびれ感があります。痛み以外の他の症状はありません。肩こりや首のこりが強いときに起こりやすい神経痛の痛みなので、筋肉をほぐしたり、疲れやストレス発散することで症状を解消することができます。

神経痛が原因で起こる頭痛なので、治療には抗てんかん剤が用いられますが、眠気が出やすいという弱点があります。

薬剤誘発性頭痛とは?

768-2

頭痛薬を頻繁に飲んでいると、それが原因となって頭痛が引き起こされることがあります。この頭痛を薬剤誘発性頭痛と呼び、頭痛持ちの人の一定数が、この疾患にかかっています。激しい痛みを感じる前に予防的に飲んでしまうような状態です。

頭痛薬を月10回以上、3ヶ月間続けているときは、頼ってしまっている状態になっていますので、一旦飲むのを控えるか相談したほうがいいです。

 

まとめ

一言で頭痛と言っても、これだけの頭痛の種類があります。それぞれ、頭痛の症状や特徴が異なります。痛みの出方や発症しやすい年齢や性別、痛む時間・期間も違います。もちろん、頭痛の原因も異なるので、対処法も異なります。

まずは、自分の頭痛の痛み方を確認して、どのタイプの頭痛なのかを知ることが重要になります。どのタイプの頭痛なのか確認するなら「 頭痛の症状の違いの見分け方 」で確認してみるといいです。

スポンサーリンク