【おすすめ】気になる子供の勉強法

子供の成績を上げてくれたWEB学習「スタディサプリ」
 
小学4年生から中学3年生までを対象にしたオンラインサービスで学習できる「スタディサプリ」を実際に使って成績が上がった人の体験談です。1週間の無料体験があり、月額料金は980円(税抜)という費用でもコンテンツが豊富!成績を上げた方法、使い方など詳しくまとめられています。

花粉症予防に効果的なおすすめのヨーグルトの効果と摂取方法

1218-4

花粉症はくしゃみ、鼻水、鼻詰まりなどの症状が引き起こされ、ひどい症状の人の中には熱を発症することもありますが、花粉症を効果的に予防する食べ物としてヨーグルトが挙げられます。ヨーグルトが症状を緩和するのに効果的ということを聞きます。

ヨーグルトが花粉症予防に良いと言われる理由、効果、食べるタイミング、食べる量などについてお伝えします。

スポンサーリンク


ヨーグルトが花粉症予防に効くという理由

1218-4

ヨーグルトは腸内環境を整えるのに最適な食べ物として女性に人気があります。これは、ヨーグルトに含まれている乳酸菌の働きによるもので、乳酸菌には様々な種類と効果があります。花粉症に良いとされているのは免疫力を高めることができる乳酸菌R-1やLG21・L92などです。

乳酸菌が含まれているヨーグルトが花粉予防に良いとされている効果・乳酸菌・いつ食べる?・食べ方・食べる量についてまとめました。

スポンサーリンク

花粉症予防にはヨーグルトが効果的

yogurt

ヨーグルトが花粉症予防に良いとされているのには、含まれている乳酸菌に理由があります。乳酸菌は、腸内環境を整えて、免疫細胞の働きを活性化させることから、免疫力が向上し、花粉などのアレルギー症状を緩和できるように体質改善することができます。

継続して食べ続けることによって、体質改善の効果が望めます。でも、花粉症の時期だけヨーグルトを食べるということではなく、継続して食べることによって予防が期待できます。個人差があるので体質改善ができる人とできない人との差があります。

体に何の変化が見られなくても、ヨーグルトは体のバランスを整えてくれるものですので、継続して食べることで症状の緩和が期待できます。即効性はありませんが、日頃の食事にヨーグルトを1つ加えることで簡単予防ができるます。

乳酸菌が花粉症予防になる

gennkinaonnanoko

ヨーグルトには、たっぷりの乳酸菌が含まれていて、腸の中で非常に良い働きをしてくれます。花粉症になりやすい体には、さまざまな原因がありますが、免疫力の低下もその中の一つです。

乳酸菌は、花粉症にかかる原因ともなる免疫力の低下を防ぐ力があります。免疫機能がしっかりと保たれることによって、体は健康になり、病気にかかりにくくないます。健康維持・美容維持・免疫力アップ・体質改善になるため、積極的に摂取するといいです。

ヨーグルトはいつ食べる?それは食後

yogurt1

ヨーグルトに含まれる乳酸菌は胃酸に弱く、胃酸が活発になっている空腹時に食べてしまうと、乳酸菌が胃酸によって消滅してしまい腸まで届かず、乳酸菌の効果が期待できませんので、胃酸の薄まっている「食後に食べる」ということが大切です。

ヨーグルトを食べるときに甘みが欲しくて白砂糖を加える人もいると思いますが、白砂糖を加えると、腸内の善玉菌を減らすことになってしまいますので、甘くしたいときは、はちみつやサトウキビから作った黒砂糖を加えるようにします。

ヨーグルトの効果的な食べ方

yogurt2

単にヨーグルトを食べるだけでは効果は期待できません。効果的な食べ方として、まず気をつけたいのが、ヨーグルトは食後に食べることです。空腹時は胃酸の量が多く、乳酸菌等が生きたまま腸に届かなくなってしまいます。

さらに乳酸菌は寿命の長くないので、毎日食べ続ける必要があります。花粉症予防効果を期待するなら、遅くても花粉が飛散する2週間前から食べ始め、一定期間は毎日摂取することが必要になります。

食後のデザートとして、フルーツに掛けて食べたり、サラダなどの食材に混ぜて食べるなどして、毎日摂取できるようにしましょう。

花粉症予防になるヨーグルトを食べる量

yogurt3

花粉症に効果的な善玉菌としてL-92乳酸菌、フェカリス菌1073、R-1乳酸菌、ビフィズス菌BB536が挙げられていますので、効果を期待したい人は、これらを含むヨーグルトを食べるようにします。

食べる量は1日100~200gが望ましいとされています。最低でも1か月半~2か月は食べ続けないと効果がでないと言われていますので、花粉が飛散する時期を考えて食べるようにしましょう。スギ花粉なら、1月頃からは食べ始めるといいです。

花粉症は、体の免疫システムが過剰反応して起こるものです。つまり異物である花粉の侵入に対し、排除しようとする過剰な反応が、鼻水やくしゃみといった症状になります。この免疫システムを上手くコントロールする手助けになるのが、ヨーグルトに含まれる乳酸菌等の善玉菌です。

 

まとめ

花粉症を予防する食べ物は色々とありますが、そのなかでも効果が高いとされているのがヨーグルトです。

ヨーグルトは、食べるとすぐに効果が現れるものではなく、毎日継続して食べることで効果を感じられるようになります。花粉が飛び始める2ヶ月前から2週間前当たりから食べ始めるといいと言われていますが、乳酸菌は腸内環境を整え、健康・美容・便秘などにも効果が期待できるので、毎日食べるようにしておくといいです。

即効性はありませんので、花粉症になってから食べ始めても今シーズン中に効果を実感することは難しいので、予防対策として事前に食べる習慣にしておくといいです。

スポンサーリンク