【おすすめ】気になる子供の勉強法

子供の成績を上げてくれたWEB学習「スタディサプリ」
 
小学4年生から中学3年生までを対象にしたオンラインサービスで学習できる「スタディサプリ」を実際に使って成績が上がった人の体験談です。1週間の無料体験があり、月額料金は980円(税抜)という費用でもコンテンツが豊富!成績を上げた方法、使い方など詳しくまとめられています。

花粉症予防のマスクの効果!3つのタイプ別の特徴まとめ

1314-2

花粉症の時期になるとマスクを手放せない人も多いです。マスクを購入する際に、どの様な種類が適しているのか、どんな特徴があるのか分からずに適当に選んでいましたが、マスクにも種類があり、効果が違います。

花粉症対策に必需品となるマスクは、基本的な形状に加え、保湿・消臭効果などの付加価値が付いたタイプなど様々な種類がありますので、マスクの効果とタイプ別特徴をまとめました。

スポンサーリンク


花粉症予防のマスクの効果

1314-2

マスクにどれほどの効果があるのか調べてみました。花粉症対策としては、原因となる花粉が体内に入らないようにするのが一番大切です。マスクを付けているときは、付けていない時に比べて約7~8割以上カットでき、高機能のものになると、鼻・口に入る花粉を約95%カットできるマスクもあります。

すでに花粉症の人は悪化しないように予防でき、花粉症を発症していない人は花粉症を防ぐための対策になります。

しかし、顔にピタッとフィットしていないと意味がありませんので、自分の顔に合うものを選び、鼻などに隙間が開かないようにする必要があります。あまり効果が実感できていないという人は、マスクの付け方またはマスクの種類を見直してみましょう。マスクのタイプには3つありますので紹介します。

スポンサーリンク

マスクのタイプ別特徴一覧

平面型 プリーツ型 立体型
料金 安い 普通 高い
素材 ガーゼ 不織布 不織布
保湿性 高い 普通 普通
フィット感 隙間多い 隙間少ない 隙間ほとんど無い
圧迫感 有り 無し 無し
口元空間 無い 少ない 多い
化粧移り 多い 普通 少ない

それぞれの詳細について、以下にまとめています。

マスクのタイプ:平面型

市場に多く流出しているのが平面型です。こちらは鼻や頬の部分に隙間が出来やすく、話すとズレやすいというというデメリットがありますが、コストパフォーマンスに優れているメリットがあります。

平面型を選ぶ際には、鼻の部分にワイヤーが入っていて、隙間が出来にくいモノを選びます。また、花粉の付いたマスクは毎日交換することが必要です。

マスクのタイプ:プリーツ型

プリーツ型は、見た目の良さ、口とマスクの隙間に程よい空間がある構造で息苦しくなく、女性のメイクが移りにくい・落ちにくいといったメリットがあります。

プリーツ型はアコーディオン状の構造で、口を優しく包み込む形状なので、しっかりウイルスや花粉をブロックしながら、締め付け過ぎない使用感なので、話しやすいといったことが特徴です。

様々な種類があり、使われているシートに香りのカプセルが配合されていたり、フィルターに使用するシートを使うよりブロック機能が高いタイプや、保湿性の高いシートなど花粉症やインフルエンザ対策に効果的なものが多数あります。

マスクのタイプ:立体型

花粉症対策グッズのマスクの中でも人気が高いのが立体型マスクです。このマスクは、通常のものに比べて立体になっているため、顔にフィットしやすく隙間ができにくい特徴があり、花粉の侵入をより防ぐことが可能になっています。その形状から、口元にスペースがあるため、呼吸がしやすいといったメリットもあります。

立体型マスクは子供用から大人用、そして女性用まで様々な種類があり、より自分に合ったサイズの商品を選ぶことができます。女性らしいピンクやラベンダーなどの色合いの商品や、香りのついた商品まで販売されているため花粉症に悩まされる時期でも、こうした商品を選ぶことによってマスクをしていても、より明るく過ごすことができます。

立体型のマスクは密着性は良いというメリットがありますが、1枚当たりの値段が高いというデメリットがあります。

マスクを選ぶときのチェックポイント

1.素材や機能性をチェックする(購入前)
2.形・サイズをチェックする(購入前)
3.顔との間に隙間ができないか確認する(購入後)
4.耳にかけてみて耳が痛くならないか確認する(購入後)
5.呼吸がしやすい確認する(購入後)
6.ゴワゴワしたり不快感がないか確認する(購入後)

日常生活の中でマスクを使うタイミング

家・・・掃除、家庭菜園、勉強・学習、寝るとき
会社・学校・・・オフィス内、教室
外出時・・・人混み、電車・バスなどの移動中、花粉・PM2.5・黄砂の飛散時、保湿・保温

 

まとめ

花粉症におすすめのマスクのタイプは、マスクと顔の隙間が出来にくい立体型がおすすめです。フィルター性能と通気性のバランスが良いため、長時間着用していても息苦しさを感じずに、日常生活を送ることができます。

花粉症用マスクのほかに、インフルエンザ対策用に医療用マスク、サージカルマスクと呼ばれるマスクもありますが、これは感染防止用マスクで見た目や息苦しさなどがあるため花粉対策としてマスクを着用するときは、立体型またはプリーツ型で十分効果を発揮してくれます。

スポンサーリンク