【おすすめ】気になる子供の勉強法

子供の成績を上げてくれたWEB学習「スタディサプリ」
 
小学4年生から中学3年生までを対象にしたオンラインサービスで学習できる「スタディサプリ」を実際に使って成績が上がった人の体験談です。1週間の無料体験があり、月額料金は980円(税抜)という費用でもコンテンツが豊富!成績を上げた方法、使い方など詳しくまとめられています。

花粉症でくしゃみ・咳が出るときに喉を潤す保湿方法6選

1225-9

花粉症になってしまうと、呼吸器官に影響が出てしまうことが多く、くしゃみや咳・喉の痛みなど、様々なことに悩まされている人が多くいます。そんな喉の症状をを防いでいくためにも、しっかりと対策をとっていかなければなりません。

花粉症でくしゃみ・咳が出るときに喉を潤す6つの保湿方法をお伝えします。

スポンサーリンク


花粉症の咳を抑えるための喉の保湿

1225-9

毎年やってくる花粉の季節。花粉症にかかっている人にとっては、非常に辛い季節です。毎日、必ず飛散している状況をテレビの天気予報などで私は確認しています。その度に、花粉症用マスクで保護して、ナイロン系のアウターなど着るものにも注意したりしています。

花粉症の症状の1つの喉の症状。喉の粘膜がやられてしまい、喉まで痛くなったり、イガイガしたりしたときに、症状を緩和するための喉の保湿を実践しています。

スポンサーリンク

のど飴で喉の保湿をする

nodoame

喉の痛みなどを感じるときは、喉の保湿を行なる必要があります。簡単な喉の保湿方法としてのど飴を利用します。のど飴の種類によってはかなりの効果があるものもあり、個人的におすすめするのは、「 はなのど飴 」です。

喉が痛いときにも和らげてくれ、喉の症状を落ち着かせることができます。フルーツ味など舐めやすいものもありますので、いくつかのお気に入りの飴を見つけて喉の保湿をするようにするといいです。

喉スプレーで喉の保湿をする

nodosupurei

喉がヒリヒリしたりして、喉の粘膜が炎症を起こしてしまったときには、喉スプレーで喉の保湿をしましょう。喉スプレーは携帯するのにも優れていますので、バッグなどに入れておけば外出時でも使うことができます。

喉の炎症を抑え、潤いを与えることで、ウイルスの繁殖を抑えることが出来ます。あまり症状が酷いときは飲み薬などに頼る必要がありますが、日々の生活の中で花粉症による喉の違和感を軽減する対策として「 喉スプレー 」はおすすめです。

加湿器で喉の保湿をする

932-1

室内にいるときには加湿器を使って喉を潤すといいです。加湿器は、長時間部屋の保湿を行ってくれますので喉の保湿を簡単に行えます。さらに、部屋の湿度を上げることで花粉が水分を含み床に落ちるため、室内に飛んでいる花粉を減らしていくこともできますので、花粉症を抑えるのに加湿器はとても重宝します。

喉の保湿を行なうことで、翌日も快適に目覚めることができますので、睡眠不足だという人は加湿器を利用してみるのをおすすめします。

うがいで喉の保湿をする

1225-9

外から帰宅したらうがいをします。このうがいは、喉の洗浄だけではなく、喉の保湿効果もあります。水道水でうがいするのではなく、うがい薬を使ってうがいすることで、喉の炎症を緩和してくれる効果が期待できます。

マスクで喉の保湿する

1314-2

つらい喉の症状の対策には、喉を保湿することで症状を緩和することができ、方法の1つとしてマスクをすることです。マスクは、花粉症の人は日中は着用していることが多いですが、寝るときには外してしまうことがあります。寝るときにも、マスクを付けて寝るのもおすすめです。

鼻づまりなどによって、睡眠中に口呼吸になっていることがあり、喉の乾燥を悪化させるため、マスクを着用して寝ることによって就寝中でも喉を保湿することができ、翌朝の喉の症状はかなり楽になります。

温かい飲み物で喉の保湿する

女性_ほっとタイム02

喉の症状が出ているときは温かい飲み物を飲み、喉の保湿を心がけます。温かい飲み物は身体を温めるだけでなく、蒸気が出るので、その蒸気を吸い込むことによって、喉や鼻の粘膜を潤すことができます。

花粉によってアレルギー反応が出ているときは、免疫力も低下しているため、冷たいものを飲むと体温が下がり、免疫力がさらに低下してしまいます。また、血の巡りも悪くなるので冷え性を起こすこともあります。「 花粉症に効くとされるお茶やハーブ 」には香りや蒸気にも効果があります。より効果を得るには温かくして飲むと良いです。

 

まとめ

花粉症でくしゃみや咳だけではなく、喉の痒みも発生します。今も、喉の奥を舌で掻きながら、鼻のかみ過ぎで鼻をヒリヒリさせながら、目のかゆみを我慢しながら過ごしていますが、自分でできる対処法を実践しながら、症状を緩和しています。

全ての対処法を実践する必要は無いと思いますが、自分の生活習慣にあったものを選び、継続して行なうことが症状を軽くすることにつながります。

スポンサーリンク