【おすすめ】気になる子供の勉強法

子供の成績を上げてくれたWEB学習「スタディサプリ」
 
小学4年生から中学3年生までを対象にしたオンラインサービスで学習できる「スタディサプリ」を実際に使って成績が上がった人の体験談です。1週間の無料体験があり、月額料金は980円(税抜)という費用でもコンテンツが豊富!成績を上げた方法、使い方など詳しくまとめられています。

花粉症の時期の肌荒れ!かゆみ・乾燥・化粧のりが悪いという皮膚の症状

1547-1

花粉症といえば目のかゆみや鼻水、鼻づまり、くしゃみといった症状を思い浮かべますが、じつはそれだけではありません。肌が荒れたり、かゆみがでるなどの皮膚トラブルも、花粉症が原因となっていることが多いのです。

花粉の飛散時期の、肌のかゆみ・肌の乾燥・化粧のりが悪いといった皮膚症状は、花粉による肌荒れが原因の可能性があります。

スポンサーリンク


花粉が原因で起こる肌のかゆみの症状

1547-1

花粉症皮膚炎として最近知られるようになった、肌のかゆみの症状。花粉症ではないという人も決して無縁ではありません。

花粉は目や鼻といった部位だけでなく、肌にも悪影響を及ぼします。くしゃみなどの症状がでていない人でも、花粉が飛散している時期になると肌の調子が悪いという人は、花粉が原因の可能性があります。

外出時には、直接花粉にさらされないような服装を心掛けるなど、一定の対策が必要ですし、アトピーなど、すでに何らかのアレルギー体質である人は特に注意しましょう。

スポンサーリンク

花粉症の症状には「肌の乾燥」がある

943-1

毎年悩まされる人も多い花粉症ですが、一般的によく知られている代表的な「鼻水・鼻づまり・くしゃみ」の症状の他に、「肌の乾燥」も引き起こすことがあります。

花粉によってアレルギーを起こすのは、鼻の粘膜だけではありません。花粉症を持っている人は、肌に花粉が付着することによって皮膚が炎症を起こし、肌が乾燥したり、かゆみなどの症状が出るようになります。

皮膚の表面が荒れると、そこにますます花粉が付着するようになり、症状がさらに悪化していき、悪循環を繰り返してしまいます。

防ぐためには、スキンケアを入念に行なうこと、外から帰ってきた後はすぐに花粉を落とす、洗顔をする時はいつも以上に優しく行ない、しっかりと皮膚を保湿することが大切です。

化粧のりが悪いのは花粉症の症状が肌にでている

1084-1

花粉の季節は空気が乾燥しており、肌の水分量が減っているので、外部からの刺激を受けやすい状態です。花粉症などのアレルギー体質ではない場合でも、皮膚に付着した花粉が刺激となって肌荒れを起こし、化粧のりが悪い状態になります。

花粉による化粧のりの悪さを防ぐためには、花粉をできるだけ付着させないようにすることが大切なため、外から帰った後はすぐに洗顔し、化粧水で水分を与えた後にクリームなどの油分で保湿して皮膚のバリア機能を高めることが重要です。

 

まとめ

花粉症の症状は、鼻水や目のかゆみだけではなく、皮膚にも起こり、アトピー性皮膚炎などの敏感肌の人はかゆみや赤みがでやすくなります。さらに鼻をかむ回数が増えることやマスクによる摩擦によって皮膚にダメージを受けます。

花粉の飛散時期に、肌がカサカサしたり、いつも肌を掻いていたり、かゆみを感じる時には、花粉による肌の炎症が原因の可能性がありますので、花粉を払い落として、肌の保湿対策をしっかりと行なっておきましょう。

花粉症には、肌の症状以外にも他の症状が現れます。肌以外の症状について知りたい方は、「 花粉症の8つの部位と10の症状 」をご覧ください。

スポンサーリンク