【おすすめ】気になる子供の勉強法

子供の成績を上げてくれたWEB学習「スタディサプリ」
 
小学4年生から中学3年生までを対象にしたオンラインサービスで学習できる「スタディサプリ」を実際に使って成績が上がった人の体験談です。1週間の無料体験があり、月額料金は980円(税抜)という費用でもコンテンツが豊富!成績を上げた方法、使い方など詳しくまとめられています。

花粉症による湿疹・皮膚炎の症状・対策・治療方法

1029-1

花粉症は、特定の時期に飛沫する花粉によって起こるアレルギー症状のことで、鼻水やくしゃみ、目のかゆみや充血などが主な症状とされていますが、花粉症を発症することで皮膚炎の症状を起こしてしまうこともあります。

花粉が皮膚や肌に付着することで起こる湿疹や皮膚炎の症状、自分でできる対策、治療方法についてお伝えします。

スポンサーリンク


花粉症の症状の皮膚炎

1029-1

飛沫している花粉が付着しやすい、まぶたや頬骨、顎から首にかけて皮膚がカサカサした感じになり、かゆみや赤みなどの湿疹が起こります。この時に皮膚をかいたり、こすったりしてしまうと症状が悪化してしまいます。

スポンサーリンク

花粉症の症状が皮膚炎としてでたときの対策

1543-1

花粉が付着したと思ったら、清潔なハンカチやタオルなどを軽く濡らしてふき取るようにしたり、洗顔をするようにして、皮膚についた花粉を落とすようにしましょう。洗顔ができない場合には、冷やしたタオルなどを肌にあてるとかゆみなどを抑えることができます。

痒みがひどいときは、まず冷やすことが必要です。かゆみや赤みなどの湿疹の症状が軽い時には自分でできる肌の保湿などをして予防・対策するといいです。

花粉症の症状である皮膚炎の治療

972-1

くしゃみや鼻水、目のかゆみなどの症状のほか、かゆみや鼻をかむことなどの摩擦を繰り返すことで皮膚炎を起こしてしまうこともありますし、季節の変わり目では、気候や温度変化が大きいため肌も乾燥してしまい、皮膚のバリア機能が低下しやすいため皮膚炎も起こしやすいです。

花粉症によって起こる皮膚炎や湿疹の治療としては、ひどい場合には、ステロイド系の薬を塗るといいです。症状が軽いときには、低刺激で保湿効果の高いクリームを使うといいです。肌のバリア機能が低下して起こることですので、低刺激な敏感肌用のスキンケア用品を使うと効果的です。

症状がひどいときは、皮膚科に行って診てもらうようにしましょう。

 

まとめ

花粉症の時期に肌が荒れる人は、実は花粉症による皮膚炎である可能性があります。よく聞く症状は目のかゆみ、鼻水などですが、肌が荒れる人も存在します。そういう人は、もともとアレルギー体質であったり、アトピー持ちだったりします。また、冷え性の人も皮膚に影響がでてくる場合があります。

皮膚炎や湿疹が発症したときに、一番しなければいけないのは、花粉が飛び始める前に対策を施すことです。お肌が荒れていると、当然ながら花粉にも負けてしまいます。お肌を保護する膜をきちんと整えておくことが大切です。

肌荒れの原因はストレス、食生活のみだれなどもあります。また、紫外線にさらされ続けたり、寒暖の差で皮膚が荒れてしまうこともあります。自分の肌荒れの原因をよく考え、花粉にさらされる前にお肌を整えておいてください。

花粉症には、湿疹・皮膚炎の症状以外にも他の症状が現れます。湿疹・皮膚炎以外の症状について知りたい方は、「 花粉症の8つの部位と10の症状 」をご覧ください。

スポンサーリンク