【おすすめ】気になる子供の勉強法

子供の成績を上げてくれたWEB学習「スタディサプリ」
 
小学4年生から中学3年生までを対象にしたオンラインサービスで学習できる「スタディサプリ」を実際に使って成績が上がった人の体験談です。1週間の無料体験があり、月額料金は980円(税抜)という費用でもコンテンツが豊富!成績を上げた方法、使い方など詳しくまとめられています。

スギとヒノキの花粉症の違いを症状・飛散時期・大きさ・薬で比較

1520-1

花粉症の原因となる代表的なものはスギとヒノキです。花粉症に悩まされている人は4人に1人という多さです。すでに国民病と言えるスギ花粉とヒノキ花粉の違いについて調べてみました。

スギ花粉症とヒノキ花粉症の違いについてまとめました。

スポンサーリンク


スギとヒノキの花粉症の症状に違い

1455-1

スギ花粉とヒノキ花粉の症状に大きな違いはありません。主な花粉症の症状としては、くしゃみ・鼻水・鼻づまりのほかに、目のかゆみ・充血・涙目の症状が現れ、重症化すると微熱・倦怠感・皮膚のかゆみ・喉のイガイガ感など、全身症状がみられるようになります。

スギ花粉とヒノキ花粉で症状に大きな違いはありませんが、スギ花粉は鼻炎症状がひどく、ヒノキ花粉は目のかゆみ・充血がひどくなる傾向があります。

一般的な症状は、どちらも鼻水やくしゃみ・鼻づまりといった鼻炎に加え、目の周りが炎症を起こしたり痒くなる例も多く、見分けるのが難しいという特徴があります。個人の体質に応じて症状の重さは異なりますが、スギ花粉に強く反応している場合は鼻炎が酷くなる傾向となっており、逆にヒノキ花粉に反応しているときは鼻炎よりも目の痒みが出やすい点で違いがあります。

スポンサーリンク

スギとヒノキの花粉の飛散時期

1520-1

スギとヒノキの飛散時期には、重なる時期がありますが、ピーク時期でいうと

・スギ花粉のピークは2月~4月
・ヒノキ花粉のピークは3月~5月

スギ花粉は、夏の時期にこそ飛散量が少なくなりますが、ほぼ1年中花粉が飛んでいます。それに比べてヒノキ花粉は、2月~6月までと短い期間になっています。

花粉の大きさがが違う

花粉症対策としてマスクをしますが、マスクのパッケージにはpm2.5のカット率99%以上などと書かれたりしています。スギ花粉とヒノキ花粉、そしてpm2.5の大きさの違いを調べてみました。

・スギ花粉の大きさは20~40ミクロン
・ヒノキ花粉の大きさは30~40ミクロン
・PM2.5の大きさは2.5ミクロン

PM2.5よりも、はるかに花粉のほうが大きいので、PM2.5を防ぐことができるマスクであれば、かなりの量を体内に取り込むのを防ぐことができます。

スギとヒノキの花粉症に効果のある薬

薬剤師の人に、スギとヒノキの花粉症で使用する薬が違うのか聞いてみました。

花粉症の薬に関しては、スギやヒノキだけでなく、ヒノキ・スギ以外の花粉症にも効くため、花粉によって使い分ける必要はありません。症状によって使い分けて下さい。

とのことでした。

花粉症の症状別としては、鼻づまりタイプ・くしゃみと鼻水タイプ・目のかゆみや充血タイプの3つに分けられます。

 

まとめ

花粉症の人は、スギとヒノキの両方に反応してしまう可能性が高いといわれますが、その割合はおよそ7割。花粉の構造が似ているだけで別物なので、どちらかにしか反応しない状況も十分に考えられますので、自分がどの花粉にアレルギーを持っているのかを知りたいときには、病院で検査して調べましょう。

花粉症の自分でできる手軽な対策としては、マスク、眼鏡、花粉を寄せ付けない衣服、衣服の部屋干しなどが挙げられますが、ハーブティーも効果があるといわれています。ペパーミントやカモミール、アイブライトなど花粉症の症状を和らげてくれるハーブティーを積極的に取り入れ、つらい季節を少しでも快適に乗り切りましょう。

スポンサーリンク