【おすすめ】気になる子供の勉強法

子供の成績を上げてくれたWEB学習「スタディサプリ」
 
小学4年生から中学3年生までを対象にしたオンラインサービスで学習できる「スタディサプリ」を実際に使って成績が上がった人の体験談です。1週間の無料体験があり、月額料金は980円(税抜)という費用でもコンテンツが豊富!成績を上げた方法、使い方など詳しくまとめられています。

ヨモギ花粉症の時期と症状の特徴・対策・食物アレルギーリスクがある12種類

1436-1

キク科のヨモギの花粉による花粉症は8月~10月にかけて発症します。キク科のブタクサによる花粉症を発症する人が多くいますが、ヨモギも花粉症の原因となります。ヨモギは、道端や空き地・公園・側道・堤防などの場所にたくましく自生しています。

ヨモギ花粉症の時期・症状の特徴・対策方法・食物アレルギーリスクがある12種類の食べ物についてお伝えします

スポンサーリンク


ヨモギ花粉症の発症時期

1436-1

ヨモギはキク科の多年草で、日本の各地で見ることのできる植物です。その花粉は、秋に花粉症を引き起こすアレルギー源として知られています。

症状は、くしゃみ・鼻水・鼻詰り・目のかゆみなどが挙げられますが、食物アレルギー反応が発生することでも知られており、食べ物には注意が必要です。

花粉の飛散時期は夏から秋にかけての8月から10月の3ヶ月の間になります。

ヨモギ花粉が飛散する地域別の期間

1436-2

花粉名 地域 飛散期間 ピーク時
ヨモギ属
キク科
北海道 8月~9月 9月
東北 8月~10月 9月
関東 8月~11月 8月~9月
東海 8月~10月 9月
関西 8月~11月 9月
九州 8月~10月 9月

スポンサーリンク

ヨモギ花粉症の代表的な症状

ヨモギが原因となって引き起こされる症状は、くしゃみ・鼻水・鼻づまり・目のかゆみなど、他の植物の花粉が原因となる場合と基本的には同じです。

ただ、ヨモギは食物アレルギーとの関連性が高いとされており、花粉症と食物アレルギーが併発してしまう危険性があります。深刻な事態を招かないためにも、ヨモギ花粉に対する予防対策対策が必要です。

ハンノキ花粉症の特徴的な症状は、

 目のかゆみ
 くしゃみ
 鼻水
 鼻づまり
 食物アレルギー

ヨモギ花粉症で行える簡単な薬以外の対策

ヨモギの花粉は飛距離があまりありません。室内にヨモギ花粉を入れないためには、帰宅時に服に付着した花粉を払い、空気清浄機なども併用すれば、高い確率で室内の花粉を抑えられます。

外出時は、ヨモギが生えている場所を極力避けながら、マスクやメガネを使うことで、花粉に備えることができます。

花粉症の症状を和らげる効果が期待できる、てん茶やヨーグルトなど花粉症によい食べ物がいくつかあります。ヨモギにアレルギーがある人は食物アレルギーも併発しやすいため、食べ物で対策を行うときには注意が必要です。

ヨモギ花粉症に効果的な市販薬

ヨモギ花粉症の症状がひどく、辛さに悩んでいるのであれば市販薬が効果的です。

ヨモギの花粉症は、くしゃみやせきなどの症状が出てきます。それに加えて、鼻水や涙も出てきて生活に支障を与える状態になってしまいます。花粉が体内に入ってくることで、目のかゆみだけでなく、喉もかゆくなってしまうものです。

市販薬を服用することで、かゆみなどの症状を抑えることができ、せきやくしゃみも少なくなり、症状が緩和されます。仕事中や接客中などに、くしゃみが止まらず、鼻水も止まらないという状態はとてもつらいものです。

花粉症の症状で日常生活を送ることが難しいときには、悩み続けるのではなく、市販薬を使うことも考えるといいです。

症状 商品名 特徴
鼻水
鼻づまり
レガーテ
点眼薬K
病院で使われている花粉症治療と同じ成分
コールタイジン
点鼻液a
ステロイドを含む点鼻薬
パブロン
点鼻クイック
効果が強いため症状がひどいときにおすすめ
目のかゆみ アイリス
AGガード
メントールが入っていてスッキリする
ザジテンAL メントールが入っていない医療用と同じ成分
ロート
アルガード
プレテクト
病院での花粉症治療にも使われている成分
鼻炎
内服
アレグラFX
第二世代
効果○、価格○、眠気少
ストナリニZ
第二世代
効果○、価格○、眠気有
スカイナーAL
第二世代
効果○、価格○、眠気有

食物アレルギーを発症しやすいヨモギ花粉症

食用として、餅や団子に混ぜて食べたり、ヨモギの持つ薬効の高さからお灸のもぐさに使用したり、漢方薬の材料に使われることがある植物ですので注意が必要です。

また、口腔アレルギー症候群(OAS)という食物アレルギーを発症しやすくなります。リンゴやモモ、バナナなどのバラ科やウリ科の食べ物が口の粘膜に接触すると、花粉症と同じような症状の他に、下痢や腹痛、じんましんが出ることもあります。

原因は、花粉症のアレルゲンと食品の物質が共通しているためと考えられていて、アレルギーに気付かないまま大量に摂取してしまうと、アナフィラキシーを起こしてショック状態になることもあります。

ヨモギ花粉に反応する人は、次の果物を含む食べ物を食べることで花粉症と同じ反応が現れてしまいます。

 セロリ
 ニンジン
 パセリ
 セリ
 コリアンダー
 三つ葉
 香菜
 アシタバ
 ウイキョウ
 ピーナッツ
 リンゴ
 メロン

口腔アレルギー症候群の主な症状

植物摂取後15分以内に局所または全身症状が現れます。

局所・・・口・唇・喉などの口腔粘膜にかゆみ・ピリピリ感・イガイガ感・腫れの症状

全身・・・じんましんなどの皮膚症状・気管支喘息症状・アナフィラキシーショックの症

 

まとめ

花粉症は春によく起こる症状と思われがちですが、秋にもさまざまな植物の花粉が原因で症状が引き起こされます。秋の花粉症の原因となる代表的な植物にヨモギがあります。スギなどと同じように鼻水が止まらなくなったり、目のかゆみやくしゃみなどの諸症状が出ます。

飛散時期ははっきりしているので、その時期にしっかりと対策をすることで症状などを軽減することが可能です。特にヨモギはスギやヒノキに比べると花粉が飛ぶ距離は短いので、近づかないことと、マスクなどで保護すること、そして、帰宅後は服から花粉を落とし、シャワーを浴びて、自宅に花粉を持ち込まないことを意識すれば、その影響を軽減させることが可能です。

 秋の花粉症の原因となり8月から10月頃に花粉が飛散します。

 道路脇、公園、河川敷などに生息しています。

 スギなどの樹木に比べて花粉の飛散距離は短いですが近づかないことで症状を抑えられます。

 果物や野菜など共通抗原性があり、OSAを併発することがあります。

スポンサーリンク