【おすすめ】気になる子供の勉強法

子供の成績を上げてくれたWEB学習「スタディサプリ」
 
小学4年生から中学3年生までを対象にしたオンラインサービスで学習できる「スタディサプリ」を実際に使って成績が上がった人の体験談です。1週間の無料体験があり、月額料金は980円(税抜)という費用でもコンテンツが豊富!成績を上げた方法、使い方など詳しくまとめられています。

花粉症に悩む人は肌荒れも!肌保湿のための3つのケア方法

1418-1

花粉症になると目や鼻の症状だけではなく、肌荒れに悩む人も多くいます。でも、肌荒れで皮膚科に行くことは少なく、セルフケアをしている人がほとんどです。目や鼻をこすることで、肌がヒリヒリしたり、粉っぽくなったりします。

目をこすったり、鼻をかんだりすることで肌に負担がかかり肌荒れが起こりますので、肌荒れの対策方法についてお伝えします。

スポンサーリンク


花粉症から肌荒れを防ぐための方法

1418-1

特に女性は、肌荒れが気になると思います。自分でケアしている人が多いと思いますが、花粉症のかゆみから発生する肌荒れの症状を緩和するためのケア方法です。

敏感肌にはセラミド配合、目の周りのカサカサ肌のケア方法、食事療法で肌荒れ予防で適切にケアして花粉症時期の肌荒れを乗りきましょう。

スポンサーリンク

花粉症で起こる肌荒れや敏感肌対策にセラミドがおすすめ

花粉が原因で起こる肌荒れは花粉皮膚炎と呼ばれていて、目のまわりや鼻の下、ひどくなると首のあたりまで炎症やかゆみが広がります。頻繁に鼻をかんだり皮膚を掻いてしまうと、免疫力が低下して外部刺激に弱い敏感肌になるため、さらに症状が進むといった悪循環に陥ります。

花粉症による肌荒れや敏感肌対策には、細胞の水分保持力を高めて乾燥しがちな肌に潤いを与えるようにします。表皮に存在するセラミドは高い保湿力を持つ成分で、乾燥肌対策として利用されています。肌に存在している成分なので刺激が少なく、免疫力の低下した肌にも安心して使用できます。

 セラミドを多く含むオールインワンゲルでケアするのがおすすめ

外に出る時はマスクや花粉症用のメガネなどで、花粉から肌を守るようにして、洗顔後のお手入れにはセラミドが配合されたローションやクリームで保湿効果を高めて、乾燥から肌を守るといった対策があります。

花粉症による目の周りの肌荒れやカサカサ対策

花粉症は重度になると目の周りが腫れてくることがあります。さらに皮膚がかゆくなることで擦りすぎてしまい肌荒れを引き起こしたり、カサカサの状態になることがあります。

花粉症による目の周りの肌荒れ対策としては、刺激の少ない化粧品と乳液を使って保湿をすることです。男性であっても、保湿をしておいたほうが肌を綺麗にすることができます。

メイクをするときもメイク用品は、油の多いものは花粉がくっつきやすくなってしまうため、薄化粧もしくはすっぴんのほうが良いです。ただし、すっぴんのときは、紫外線の防御がなくなってしまうため、最低限、日焼け止めは塗るようにします。

目元の皮膚は薄く、花粉症で目の周りをこすると黒ずんでしまったり、小じわの原因になってしまいます。顔全体の保湿をしたあとに「 アイクリーム 」を重ねて付けることで保湿効果が高くなり、色素沈着・くまの予防になります。

食事療法で乳酸菌を摂れば肌荒れと花粉症の対策になる

食事の内容は健康維持に非常に関係しています。病気の予防や改善のためには食事療法が欠かせません。花粉症や肌荒れといった症状も飲み薬や塗り薬などだけに頼るのではなく食事の内容に気をつければ十分予防対策になります。

例えば、ヨーグルトなどに含まれている乳酸菌は花粉予防によい食べ物です。花粉症は目や鼻に花粉が侵入したことで起こるのは間違いありませんが、体内に、特に腸に入った花粉も原因のひとつです。

ヨーグルトの乳酸菌が腸の調子を整えてくれるのは非常に有効な花粉症対策になります。また腸内環境がよくなれば肌荒れなどの症状の改善にもつながります。即効性があるわけではないので、食事療法として継続することが大切になります。

 

まとめ

花粉症は、3大症状と呼ばれる鼻水・鼻づまり・目のかゆみだけを気にしてしまいます。実際に目をこすりすぎてヒリヒリ痛かったり、鼻をかみすぎて痛くても、花粉症のときは仕方ないと考えて、何のケアもしない人が多いです。

肌荒れのケアをきちんとしないと、カサカサ肌になったり、こすったあとが黒ずんでしまったりします。こうなってしまうと花粉での痒みと肌荒れの痒みのダブルパンチになってしまい、四六時中かゆく、目の周りの腫れも伴い、外に出ることも出来なくなってしまいます。

花粉症対策と一緒に、肌荒れ対策もきちんとしておくことで、症状の悪化を防ぐことができます。

スポンサーリンク