【おすすめ】気になる子供の勉強法

子供の成績を上げてくれたWEB学習「スタディサプリ」
 
小学4年生から中学3年生までを対象にしたオンラインサービスで学習できる「スタディサプリ」を実際に使って成績が上がった人の体験談です。1週間の無料体験があり、月額料金は980円(税抜)という費用でもコンテンツが豊富!成績を上げた方法、使い方など詳しくまとめられています。

雨の日でも花粉症の症状がひどい理由と対策法

1414-1

雨の日は花粉の飛散量が減り、症状が楽になると思いマスクや薬を飲まないでいると大変なことになってしまいます。

晴れている日に比べれば、雨の日は飛んでいる花粉量は少ないですが、花粉は飛んでいますし、部屋や衣類に付着している花粉が残っていることが多いので、花粉症の症状が悪化してしまうことがあり、雨の日だから安心と気を抜かないほうがいいです。

雨の日でも花粉症がひどく、悪化する理由と対策ほうについてお伝えします。

スポンサーリンク


雨の日に花粉症の症状がひどい理由

1414-1

春先になり、過ごしやすい季節になってくると襲ってくるのが花粉症です。様々なつらい症状が出るこの病気ですが、一般的には晴れの日より雨の日の方が花粉の飛散量が少ないため、症状が収まる傾向にあると思われています。

花粉症に悩む人の中には、むしろ雨が降っている日のほうが症状が悪化するという人もいます。これには理由があり、気圧が関係していると言われています。

天気が悪い日は気圧が下がるため、人間の身体の中ではヒスタミンと呼ばれる物質が分泌されます。このヒスタミンが雨の日に花粉症の症状がひどくなる原因です。ヒスタミンは私達の身体の中でアレルギー反応を起こすため、ヒスタミンがたくさん分泌される雨の日は必然的に症状が悪化します。

スポンサーリンク

雨の日でも花粉が飛んでいる

一般的には、夜景なんかもそうですが、雨が降ると空気中にある塵やホコリ・花粉などが雨で流されキレイになり、雨上がりの夜景や青空が綺麗に見えます。花粉も同じで、雨で飛散しないことから症状が軽くなると思っている人が多くいます。

しかし、雨の日も花粉症がひどいという人がいます。酷くなる理由は、気圧が下がることで体内のヒスタミンの分泌量が多くなり、雨でも飛散していたり、部屋や衣服に残っている微量の花粉に反応して症状がひどくなります。

ヒスタミンが多く分泌されることにより、花粉だけでなく、ハウスダストや他のアレルギー物質にも過敏に反応するとこから、花粉症と似た症状となり雨の日のほうが花粉症がひどいという状態になります。

雨の日でも花粉症がひどい!ハウスダストが理由かも?

1414-2

花粉症といえば、花粉の飛散量が多くなる晴天の日のほうが、ひどい症状になるものですが、雨の日でも症状がひどい人は、ハウスダストにもアレルギー反応があるかも知れません。

雨の日に症状が出やすくなる理由は、花粉症とは別のアレルギー疾患を原因とする可能性があります。それは、ハウスダストアレルギーです。

ハウスダストアレルギーの主な原因物質としては、寝具などに発生したダニの死骸が挙げられます。このダニが温暖・多湿な環境を好むため、特に春先や秋口など各種花粉症が出やすい時期に、同様のアレルギー症状が見られることが多くなります。

たとえば寝具によく掃除機をかけるなどの対処法で症状を改善することができます。

雨の日でも花粉症がひどい場合の対策

 

雨の日でも、鼻水・鼻づまり・くしゃみの症状があるときの対策としては、雨だからと油断せず常にマスクを着用し、ジャスミンティーやカテキンを含む緑茶などを飲むことで症状を軽くする効果が期待できます。花粉症の症状は寝ているときに悪化しやすいため、睡眠時の対策を心がけておくことで症状をより軽くできます。

 

まとめ

一般的に雨の日は晴れているときよりも空気中における花粉の飛散量が少なく、濡れている箇所へ付着して飛びにくい状態が続いていますが、全く飛んでいないというわけではない点に注意が必要です。

個人差こそありますが、雨の日ほど花粉症の症状がひどい場合も十分に考えられ、気圧の変動に伴って体内のヒスタミンが多量に分泌されてしまい、少量の花粉に過剰反応する可能性があります。

アレルギー反応を起こしているのが、花粉だけではなく、ハウスダストなどが原因になっていることも考えられます。雨の日に花粉症の症状が悪化してひどいときには、一度きちんとアレルギー検査を受けて見ることも考えたほうがいいかも知れません。

スポンサーリンク