【おすすめ】気になる子供の勉強法

子供の成績を上げてくれたWEB学習「スタディサプリ」
 
小学4年生から中学3年生までを対象にしたオンラインサービスで学習できる「スタディサプリ」を実際に使って成績が上がった人の体験談です。1週間の無料体験があり、月額料金は980円(税抜)という費用でもコンテンツが豊富!成績を上げた方法、使い方など詳しくまとめられています。

風邪のひきはじめに効果を発揮する葛根湯の飲み方

1282-3

風邪の引き始めに飲むものとして「葛根湯」は誰もが知っているほど有名ですよね。風邪のひきはじめに葛根湯を飲むと良いと言われますが、なぜ葛根湯が効くのか、葛根湯の効果、いつ飲むのが効果的なのか、副作用はあるのかについてまとめました。

スポンサーリンク


風邪に葛根湯がなぜ効くのか?

1282-3

体外から体内にウイルスが侵入して増殖し始めると免疫細胞がウイルス退治するために活動を始め、このときに、風邪の初期症状の喉の痛みや違和感、だるさなど粘膜の炎症による症状が出ます。

風邪のひきはじめに葛根湯を飲むことで、粘膜の炎症を抑えて症状を改善してくれる効果があります。

飲むタイミングが遅れてしまうと症状が進行して軽く発熱しますが、解熱作用もあり、症状を緩和したり、軽い発熱の症状で抑える効果があります。

風邪だけではなく、インフルエンザに感染してしまった場合でも、葛根湯が症状の緩和に効果があることが実証実験で報告されています。

スポンサーリンク

葛根湯の効能と効果

葛根湯は漢方薬です。葛根湯に含まれている漢方は次の7つです。

  • 麻黄(まおう)
  • 葛根(かっこん)
  • 生姜(しょうきょう)
  • 桂枝(けいし)
  • 芍薬(しゃくやく)
  • 甘草(かんぞう)
  • 大棗(たいそう)

これらの漢方薬には、発汗作用・解熱作用・鎮痛作用があります。

いつも飲んでいる解熱剤などと漢方薬は解熱作用の仕組みが違います。いつも飲んでいる解熱剤などは体温を下げて緩和するのに対して、漢方薬の葛根湯は身体を温めて発汗させることで解熱します。解熱剤と同じように熱を下げる効果を期待して葛根湯を飲むと「効かない」と思うかも知れませんが、働き方が違うので、知っておく必要があります。

葛根湯は、肩こり・頭痛・筋肉痛・鼻炎などの症状を緩和する効果もあります。眠くなる成分が入っていないので、仕事や家事、育児など眠くなってしまうと困るときや、会社や学校を休めないときに葛根湯はおすすめです。

葛根湯は飲むタイミングが大切!

葛根湯の効果を最大限に引き出すのは、風邪のひきはじめ・初期症状のときです。鼻水・鼻づまり・喉の痛み・咳や寒気を感じるときに飲むといいです。

葛根湯を飲むタイミングは、「食前30分前」または「食間、食後2時間後」を目安にして飲みます。よく食後に飲むことがありますが、葛根湯は空腹時に飲むほうが効き目があります。

葛根湯には、錠剤・顆粒・ドリンクとタイプがあります、飲むタイミングはすべて同じですドリンクタイプは冷蔵庫に入れて冷やして飲むと身体を冷やすことになりますので、常温で飲んだほうがいいです。

葛根湯の副作用

葛根湯にも副作用があり、次の症状が現れた場合には病院で診てもらいましょう。

  • 発疹
  • 発赤
  • かゆみ
  • 不眠
  • 発汗過多
  • 頻脈
  • どうき
  • 食欲不振
  • 肝障害
  • 嘔吐
  • 排尿障害

葛根湯が体質的に合わない人もいますので、効果がなかったり、汗をよくかく人も効果が薄いことがあるので、買うときに薬剤師の人に相談してから決めるといいです。

まとめ

葛根湯は、風邪のひきはじめに飲むことで効果が期待できます。風邪を引きそうだなとか、ひきはじめの鼻水・鼻づまり・喉の痛み・咳・寒気などの症状があるとき、空腹時に葛根湯を飲むようにするといいです。

風邪のひきはじめかどうかを確認したいなら「 チェックリスト 」を使ってみるといいです。

喉の痛みがひどかったり、激しい頭痛、高熱など風邪の症状が悪化してしまっているときは、葛根湯の効果は得られません。葛根湯は万能薬ではありませんので、正しいタイミングと飲み方でひきはじめの症状を早く治したいときに飲むようにします。

スポンサーリンク