【おすすめ】気になる子供の勉強法

子供の成績を上げてくれたWEB学習「スタディサプリ」
 
小学4年生から中学3年生までを対象にしたオンラインサービスで学習できる「スタディサプリ」を実際に使って成績が上がった人の体験談です。1週間の無料体験があり、月額料金は980円(税抜)という費用でもコンテンツが豊富!成績を上げた方法、使い方など詳しくまとめられています。

風邪とアデノウイルスの症状はココが違う!見分け方のポイント

986-1

アデノウイルスはプール熱と呼ばれることのほうが多いですが、発症時期は夏の7月から8月に流行します。風邪の症状と似た症状があるため、風邪と間違いやすいです。保育園・幼稚園・小学校などでプールが始まると、プールの水を介して感染することが多くプール熱とも呼ばれています。

風邪とアデノウイルスの潜伏期間や主な症状・感染経路・治し方についてまとめました

スポンサーリンク


風邪とアデノウイルスの症状の違いと見分け方

アデノウイルスも風邪と同じように1年中感染しますが、プールに入る春から夏に掛けて感染者が急増します。アデノウイルス(プール熱)の症状が風邪と似ていることから、蔓延していきます。

風邪とアデノウイルスの潜伏期間・症状などの違いを一覧表にまとめ、違いを比較しやすくしました。

症状 風邪 アデノウイルス
 729-2  986-1
発症時期 1年を通して発症 7~8月
潜伏期間 最短で24時間以内 5~7日
回復期間 2~7日 3~10日
発症器官 呼吸器症状消化器症状 目・消化器症状
症状の進行 ゆるやか 突然
発熱 37~38℃の微熱 38℃以上の高熱
主な症状 くしゃみ、咳
喉の痛み
鼻水、鼻づまり
扁桃腺の腫れ・のどの痛み
頭痛、腹痛、下痢
耳の前や首のリンパ腺の腫れ
目の充血目やに
脱水症状
感染経路 通期
ライノウイルス
コロナウイルス
夏期
エンテロウイルス
エコーウイルス
コクサッキーウイルス
春秋
アデノウイルス
パラインフルエンザウイルス
冬期
RSウイルス
プールの水を感染経路とする感染
飛沫感染・接触感染

喉の痛み、頭痛などの症状がアデノウイルスでも見られるため、風邪だと思うことがありますが、アデノウイルスは感染力がとても強く、鼻や口・喉の粘膜、眼から感染し、咳やくしゃみ・鼻水などからの飛沫感染、目やに・便からも感染します。

そのため、アデノウイルス(プール熱)なのに、風邪だと思って友達と遊んだり、プールに入ったりすることで感染拡大してしまいます。

スポンサーリンク

アデノウイルス(プール熱)の特徴的な症状

アデノウイルスと風邪の症状に違いは、目の充血や目やになどの結膜炎の症状と、38度以上の高熱の症状があることです。症状は比較的長い期間続き、

  • 高熱・・・3日~7日
  • 喉の痛み・・・3日~7日
  • 目の充血・目やに・・・7日~10日

アデノウイルスを治療するための特効薬はありませんので、風邪薬や整腸剤・解熱鎮痛剤を用います。脱水症状があるときには点滴を行なうことがあります。赤ちゃん・乳幼児・子供だけではなく、大人も発症することがあります。

アデノウイルスは感染力が強く、発熱・咽頭炎・結膜炎などの症状が治まってから2日間は登校禁止になっています。

アデノウイルスの予防対策は、

  • うがい
  • 石けんで手洗い(消毒液を使うのも効果的)
  • タオルは別にする
  • 目を清潔にする
  • 目をこすったり、さわったりしない

スポンサーリンク