【おすすめ】気になる子供の勉強法

子供の成績を上げてくれたWEB学習「スタディサプリ」
 
小学4年生から中学3年生までを対象にしたオンラインサービスで学習できる「スタディサプリ」を実際に使って成績が上がった人の体験談です。1週間の無料体験があり、月額料金は980円(税抜)という費用でもコンテンツが豊富!成績を上げた方法、使い方など詳しくまとめられています。

風邪とインフルエンザの予防・早く治す効果がある乳酸菌L137

1338-1

風邪やインフルエンザの予防や罹ったときにときに早く治す効果が期待できるのは乳酸菌です。ヨーグルトやチーズなどの乳製品に多く含まれている乳酸菌は、腸内にいる善玉菌と同じで、乳酸菌を摂取することで、善玉菌の働きが活発になり、体内に入ったウイルスや細菌を退治して体外に排出することができます。

乳酸菌L-137が風邪やインフルエンザ予防に期待できることや、免疫力を高める仕組み、摂取することで期待できる効果についてまとめました。

スポンサーリンク


乳酸菌L-137は注目を集めている乳酸菌とは?

L-137という乳酸菌を加熱殺菌処理して加工した乳酸菌をHK L-137といい、これを乳酸菌L-137と呼んでいます。

シロタ株などの乳酸菌の名前を聞きますが、体内に入ると胃液などの影響を受けて、乳酸菌が免疫力活性化のための効果が低いことがありますが、L-137は免疫力を高める効果が高いことが分かってきました。

乳酸菌L-137の免疫力活性化指数

1338-1

様々な乳酸菌などの免疫力の活性化効果を比較したところ、他の乳酸気によりも免疫力を活性化することが分かりました。

免疫力を高める働きがあるということは、体内に入り込んだウイルスや細菌を退治する力が増えることを意味しています。ウイルスや細菌に対する抵抗力が高まるので感染しにくい体内環境を作れますし、感染しても早く治すことが期待できます。

スポンサーリンク

乳酸菌L-137が風邪やインフルエンザ予防に期待できる理由

インフルエンザウイルスに感染させたマウス実験で、乳酸菌L-137を投与しているマウスのインフルエンザウイルスの増加を抑えられる結果になりました。

なぜ、乳酸菌L-137がインフルエンザウイルス感染に対して高い抵抗力が付くのかというと、インターフェロン・ベータという物質を作り出す作用が高いため、免疫力を上げることができるのです。

インターフェロン・ベータは、ウイルス増殖の阻止や細胞増殖の抑制などの働きをします。

人での実験データでも、乳酸菌L-137を飲んだ人は4週間続けて飲むことで免疫力が高くなることが分かっています。

乳酸菌L-137を4週間ほど飲み続ければ、インフルエンザにかかりにくくなると言えます。これはインフルエンザだけではなく、風邪ウイルスにおいても同じです。

乳酸菌L-137の効果は、

  • 整腸作用
  • 免疫活性作用

風邪ウイルスよりも強力なインフルエンザウイルスにも、効果を発揮した乳酸菌L-137は、風邪の症状である喉の痛みや咳などを引き起こすウイルスに対しても抵抗力があり、結果、乳酸菌L-137を服用している期間はインフルエンザも風邪の症状も軽減できるので、解熱剤などを飲む日数が少なくなったり、飲まずに早く治すことができるようになります。

免疫力が高まると健康にも良い

 風邪を引きにくくなる

免疫力が高くなるので、体内に入ったウイルスを退治する働きが高く、風邪を引きにくくなることが期待できます。

 インフルエンザウイルスを抑える効果がある

実験データにより、インフルエンザウイルスの感染を抑制することが確認されています。

 アレルギーの改善になる

花粉やハウスダストなどのアレルギー反応は、免疫バランスが崩れてしまうことで発生することが多く、免疫機能を調整するL-137がアレルギー症状を改善することが期待できます。

 美肌効果

免疫力は、組織の新陳代謝を促す働きもあり、皮膚の再生を促します。また、肌を潤わすヒアルロン酸を作るのも免疫の影響があります。このヒアルロン酸についても他の乳酸菌よりも多く作ることができることを実験データで示されています。

スポンサーリンク