【おすすめ】気になる子供の勉強法

子供の成績を上げてくれたWEB学習「スタディサプリ」
 
小学4年生から中学3年生までを対象にしたオンラインサービスで学習できる「スタディサプリ」を実際に使って成績が上がった人の体験談です。1週間の無料体験があり、月額料金は980円(税抜)という費用でもコンテンツが豊富!成績を上げた方法、使い方など詳しくまとめられています。

風邪の症状の頭痛の特徴と7つの治し方

1267-3

風邪をひいたときの症状として辛さを感じるのが頭痛です。脈を打つようにズキンズキンと痛みがあり、どうにか痛みを和らげたいと思います。

風邪の症状のときの頭痛は適切な対応をすることで痛みを軽減することができますので、お伝えします。

スポンサーリンク


風邪の頭痛は最終段階の症状

1267-3

頭痛を引き起こす症状は様々あります。風邪の症状の頭痛と間違いやすいと言われているのが「髄膜炎」です。髄膜炎の頭痛は風邪のときの頭の痛みとは違いますが、いつもと痛みが違うと思ったときに首が重苦しいと感じるようであれば、一度病院で診てもらったほうがいいと思います。

風邪のときの頭痛は、頭が痛くなるまでに症状の順番があります。

  • 体内にウイルスが侵入する
  • 鼻や喉の粘膜から入り込み増殖します
  • 鼻水・鼻づまり・咳・くしゃみ・喉の痛みが出ます
  • 発熱・頭痛・筋肉痛の症状がでます

風邪のときの頭痛は、鼻水や喉の痛みなど身体の違和感を感じてから、症状がでます。

スポンサーリンク

風邪による頭痛の治し方

風邪の症状の頭痛を薬を飲まずに痛みを和らげるための方法をココでは紹介します。

頭の痛い場所を冷やしたり圧迫する

1209-3

頭の痛みが発生する原因は、発熱により血管が膨らみ、膨張した血管が周辺にある神経を刺激することでズキズキとした痛みを発生させます。そのため、血管を冷やすことで収縮させて痛みを和らげることができます。

冷えピタや濡らしたハンドタオルを痛む場所に当てることで頭痛を改善することができます。ただ、冷やし過ぎには注意が必要です。冷やし過ぎると逆に痛みを強くしてしまいます。

自律神経を整えるのに首や肩をマッサージして温める

1267-4

頭が痛い時に首や肩をマッサージしたり揉んだりと自然にしていますが、これは頭痛を緩和させるのに合理的な方法です。

首や肩のコリがストレスとなり、自律神経のバランスを崩します。バランスが崩れてしまうと交感神経が強く働き、緊張状態になり血管が収縮して脳への血流が不足します。すると、血管内の老廃物が神経を刺激して痛みを引き起こします。

首や肩のハリやコリを感じているなら、マッサージして温めることで血流が改善され痛みを和らげることができますし、温かいタオルなどを首周りに巻いたり、肩に置いておくことでも同じ効果がありますので、頭痛のときの対処法として知っておくといいです。

安静にして心身ともにリラックスする

風邪のときに無理して出勤したりすることがありますが、頭痛を悪化させてしまい、さらには治りを遅くすることにもなります。風邪の基本は安静にしてリラックスすることです。

学校や会社で頭が痛くなったときには、休憩を取りながら緊張を和らげるようにして、リラックスできる方法で対応しましょう。

頭痛に効くツボを押して痛みを和らげる

頭痛に効くツボとして有名なのは2つありますので紹介します。

「風府(ふうふ)」というツボ

1267-1

後頭部と首の境にあり、太い二本の筋肉に挟まれた少しくぼんだ部分にありますので、人差し指や中指で刺激してあげるようにしましょう。

「風池(ふうち)」というツボ

1267-2

風府と耳の下端を結ぶ直線の真ん中付近で左右対称に位置するツボで、親指を使って押してあげるようにしましょう。

アロマオイルを使って風邪の頭痛の症状を和らげる

アロマオイルには様々な効果があり、風邪に対する症状を緩和する作用があるものもあります。

  • 咳を抑える・・・ユーカリ、サイプレス、スイートマジョラム、サンダルウッド
  • 鼻づまりを改善する・・・ペパーミント、マートル
  • 免疫力を高める…ラベンサラ、ジンジャー、ティーツリー、ユーカリ

これらのアロマオイルを、アロマランプ・アロマバス・アロマフットバス・冷湿布などの方法で取り入れるといいです。

乳酸菌で腸内環境を整えて免疫細胞を活性化させる

1218-4

風邪を引く原因は、風邪を引き起こす細菌やウィルスが体内に入ることで風邪を引きます。健康であれば、免疫力があり細菌やウイルスが体内に侵入してきても、免疫細胞により阻止することができますが、体調不良を起こしていたり、ストレスを感じていたり、不規則な食事などで腸内の善玉菌が減り免疫細胞が少なくなります。

善玉菌が減少すると免疫力が低下し風邪を引きやすくなることから、免疫力を高める働きがある乳酸菌を含むヨーグルトを食べることで免疫力を活性化させて健康な身体にすることができます。ヨーグルトにも種類があり、R-1はインフルエンザ対策にもなるということで予防対策に食べている人も多いです。

乳酸菌を摂取することが、免疫力を高める近道だと言えます。

乳酸菌が身体には良いということは、様々な研究機関で発表されていますし、医師もテレビなどで言っているので確かなものだと言えますが、ヨーグルトに含まれている乳酸菌は「生きた乳酸菌が腸まで届いて腸内環境を改善してくれる」と言いますが、医師によると生きた乳酸菌は胃酸に弱く胃でほとんどの乳酸菌が消化されてしまうため腸に届く乳酸菌の量が少ないと言います。これは、研究で明らかになっています。

では、何がいいのか?

腸内に届く乳酸菌は「生きた乳酸菌(生菌)」でなくても、腸に乳酸菌が届くことが大切で「加熱菌」として加熱処理された乳酸菌は生菌よりも免疫力を活性化させるという実験結果があります。

私もはじめはヨーグルトを毎日食べていましたが、今はヨーグルトからサプリメントに変更しました。ヨーグルトからサプリメントに変更した理由については「 免疫力低下を実感し高める方法を実践した感想 」を御覧ください。

風邪薬や頭痛薬で痛みを緩和する

1209-6

あまり服用したくないという人もいると思いますが、すぐにでも頭の痛みを取りたいという人には一番即効性のある方法です。市販薬としてすぐに入手することができます。

ただ、風邪薬や頭痛薬を飲んだからといって治るわけではありません。一時的に痛みを取りたいときに飲むようにするといいです。

風邪薬と頭痛薬を併用するのはやめておきましょう。風邪薬を飲んだけど、頭痛が治まらないから頭痛薬を飲むのではなく、しっかりと時間を空けてから飲むようにしましょう。1日3回飲むタイプなら8時間以上、1日2回飲むタイプなら12時間以上は空けて飲むようにします。

スポンサーリンク