【おすすめ】気になる子供の勉強法

子供の成績を上げてくれたWEB学習「スタディサプリ」
 
小学4年生から中学3年生までを対象にしたオンラインサービスで学習できる「スタディサプリ」を実際に使って成績が上がった人の体験談です。1週間の無料体験があり、月額料金は980円(税抜)という費用でもコンテンツが豊富!成績を上げた方法、使い方など詳しくまとめられています。

風邪に対する免疫力を付けるならヨーグルトの乳酸菌が効果大

1218-4

風邪を引きたくない、風邪をひきやすいという人におすすめしたいのがヨーグルトを食べることです。ヨーグルトなら赤ちゃんでも乳幼児でも子供でも手軽に食べることができます。風邪やインフルエンザに感染しやすい人は、免疫力が低下していることが多いのです。

免疫力を高める9つの方法、ヨーグルトが免疫力を高める理由、朝にヨーグルトを食べると免疫力アップに効果大についてお伝えします。

スポンサーリンク


免疫力を高める9つの方法

免疫力とは、外から身体に侵入してきた細菌やウイルスに負けない身体にすることができる免疫機能のことです。免疫機能が高ければ、身体に入ってきた細菌やウイルスを退治してくれるので風邪を引きにくくなったり、病気に強い身体になります。

「風邪を引いたことがない」とか「インフルエンザになったことがない」という人は免疫力が高いため、細菌やウイルスを退治する力が強いのです。

免疫力を高めるためには次の9つの方法がありますが、

  • タバコを吸うのをやめる
  • 過度な飲酒をやめる
  • しっかりと睡眠時間を取る
  • バランスの良い食事を心掛ける
  • 免疫力をアップさせる食材を食事に取り入れる
  • 体内リズムを整えることで免疫力をアップさせる
  • お風呂は湯船に浸かって入浴する
  • ストレス発散のために笑う
  • 適度な運動を継続して続ける

免疫力をアップさせる食べ物としては、乳酸菌を含むヨーグルトが手軽でおすすめです。

9つの免疫力を高める方法の詳細は、「 免疫力を高める9つの方法で予防 」を参考にしてください。

スポンサーリンク

ヨーグルトが免疫力を高める理由

腸の中には3種類の菌がいて「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」のバランスが取れていると、腸内環境が良い状態と言えますが、不規則な生活やストレス、偏食などにより腸内環境が悪化すると免疫力も低下します。

腸内環境が悪化する原因は、善玉菌が少なくなり、悪玉菌が増えるため。善玉菌の中に免疫細菌が豊富にいて、体内に入った細菌やウイルスを退治する大切な働きをしています。免疫力を高めるには善玉菌を増やす必要がありますが、善玉菌の正体は乳酸菌です。

そのため、乳酸菌を豊富に含むヨーグルトを食べることで、免疫力を高めることができるのです。

免疫力を高めるならヨーグルトは朝に食べる

免疫力を上げるためにヨーグルトを食べるのに、一番効果的なのは朝に食べることです。

なぜ朝にヨーグルトを食べたほうがいいのか?

研究データでヨーグルトを朝食後・昼食後・夕食後に食べ、善玉菌がどれだけ増えたかを実験したデータがあります。それによると、朝食後にヨーグルトを食べたときが一番善玉菌が増えたという結果になりました。

睡眠時はストレスが少なく、腸内環境も良い環境になります。そのため、朝にヨーグルトを食べることで、朝の腸内環境のバランスが良い状態のところに乳酸菌を食べることで善玉菌を効率よく増やすことができます。

風邪を引かないために食べたいヨーグルト

風邪やインフルエンザの予防効果がある人気の高いヨーグルトです。佐賀県有田町の小中学生を対象にR-1ヨーグルトを毎日食べてもらい、近隣の町の小中学生と比較してインフルエンザに感染した子供が明らかに少ないという結果があります。

これが意味しているのは、ウイルスに対する免疫力が高くなり、抵抗力が上がったことを意味しています。もちろん、インフルエンザにだけでなく風邪などの病気の原因になる細菌やウイルスに対する抵抗力がアップします。

実際に私も毎日R-1ヨーグルトを食べています。風邪やインフルエンザになることは、ここ数年ありません。

スポンサーリンク