【おすすめ】気になる子供の勉強法

子供の成績を上げてくれたWEB学習「スタディサプリ」
 
小学4年生から中学3年生までを対象にしたオンラインサービスで学習できる「スタディサプリ」を実際に使って成績が上がった人の体験談です。1週間の無料体験があり、月額料金は980円(税抜)という費用でもコンテンツが豊富!成績を上げた方法、使い方など詳しくまとめられています。

アスペルガー症候群の発症は遺伝も1つの原因だがすべてではない

1153-1

アスペルガー症候群は、自閉症やその他の広汎性発達障害を含む自閉症スペクトラム障害です。そして先天性であることから、遺伝が原因ではないか?と考える親が多く、子供がアスペルガー症候群になったのは、自分のせいだと責める傾向にありますが、遺伝だけが発症原因ではありませんので、遺伝による子供への発症例、考えられる原因についてお伝えします。

スポンサーリンク


親からの遺伝が原因で発症する確率

1153-1

アスペルガー症候群は、自閉症スペクトラム障害の1つの発達障害なので、遺伝が1つの原因要因であることは考えられます。

出産時に、二卵性双生児よりも一卵性双生児のほうが発症する確率が高いという結果があります。一卵性双生児の場合は60%~90%、二卵性双生児の場合は3%~10%という調査結果から遺伝の影響があるということが言えます。

自閉症スペクトラム障害が発症する遺伝子は、特定の1つの遺伝子が異常をきたすことで発症するのではなく、複数の遺伝子の異常がある場合に発症する多遺伝子的な原因だと言われています。

発症する要因は、誰もが持っていると考えたほうがいいです。人それぞれ、遺伝子に何らかの異常を持っていると言われています。たまたま、生活していく上で支障がないだけで、誰しもが発症する可能性があるということです。

子供がアスペルガー症候群だから、親のどちらかもアスペルガー症候群だとは限りません。そして、子供がアスペルガー症候群だからといって、「私に何か原因があったのではないか」と思うことはありません。

スポンサーリンク

アスペルガー症候群が発症する原因要素

アスペルガー症候群をはじめとする自閉症スペクトラム障害の発生原因の1つは遺伝が関係していることも1つの要因であると言えます。その他には、どんな発生原因が考えられているのでしょうか。

はっきりとした発症原因は、分かってはいませんが、

  • 先天性の脳機能障害の可能性
  • 特発性発症の可能性
  • 妊娠中の胎内環境の可能性
  • 環境ホルモンが影響している可能性
  • 母親の自己免疫機能が影響している可能性
  • 幼少期の環境が影響している可能性

といった発症原因の可能性が言われています。どれも、明確に分かっている訳ではなく、まだ、解明されていないことが多いです。

スポンサーリンク