【おすすめ】気になる子供の勉強法

子供の成績を上げてくれたWEB学習「スタディサプリ」
 
小学4年生から中学3年生までを対象にしたオンラインサービスで学習できる「スタディサプリ」を実際に使って成績が上がった人の体験談です。1週間の無料体験があり、月額料金は980円(税抜)という費用でもコンテンツが豊富!成績を上げた方法、使い方など詳しくまとめられています。

鼻の下ニキビを治すための原因と予防・ケア方法

1084-1

鼻の下にポツポツとできるニキビは、赤みを帯びてくると目立ちますし、男性だとカミソリの歯で皮膚が削り取られて、血が滲んだりします。

鼻の下にできるニキビの原因とケア・予防方法についてお伝えします。

スポンサーリンク


鼻の下ニキビができる2つの原因

1084-1

鼻の下にニキビができる原因は大きく2つあります。

皮脂の過剰分泌

鼻の下は、ヒゲが生える場所です。男性でも女性でも毛穴の数が多く、毛穴も大きいため詰まりやすい場所です。

そして、男女ともに、ヒゲを剃るため敏感肌になっていたり、乾燥肌になっていることが多く、肌の保湿を保つため、肌バリアを行なうために皮脂が大量に分泌され、毛穴が詰まってニキビが出来やすくなります。

体内のバランスを整える

体内バランスを整えるとは、ホルモンバランスの乱れを正すことです。ストレス過多状態、睡眠不足、生理などにより、ホルモンバランスは崩れます。崩れると必ず男性ホルモンが多くなり、皮脂が過剰に分泌されます。

スポンサーリンク

鼻の下のニキビを改善するための3つ方法

洗顔を丁寧にする

低刺激の石けん、またはニキビケアの洗顔クリームなどを使って洗うといいです。特にニキビケア専用の洗顔は天然素材で作られているので、敏感肌の人でも使えますし、顔の余分な脂や皮膚だけを取り除き、適度な皮脂を残してくれるようになっています。

しかし、男性に多いですが力任せに顔をゴシゴシと洗うのはいけません。丁寧に洗うことは必要ですが、やさしく丁寧に洗ってあげましょう。

また、洗い残しが無いようにすすぎます。小鼻周りはとくに流し残すことがありますので注意です。

おすすめは、「 ニキビ予防に新提案!オールインワンスキンケア※安心の30日間返金保証付 」

ビタミンC誘導体と保湿成分の化粧水を使う

顔を洗ったあとは必ず肌ケアをしましょう。水だけでも洗顔すると顔の脂分が洗い流されますので、乾燥肌の原因になります。乾燥肌になると肌がカサカサになり、白く粉を吹いたようになります。

こうなってしまうと、毛穴を塞ぐ原因にもなってしまうので、肌のターンオーバーを促進するビタミンC誘導体と保湿成分を含んだ化粧水を顔につけてケアすることをおすすめします。

おすすめは、「 アクネケアセット2週間お試し 」

肌の定期的なケアを行なう

肌のターンオーバーにより、古くなった角質を取り除くことができる角質ケアをピーリングといいます。このピーリングを定期的に行なうことで、毛穴の詰まりを予防することができます。

ピーリングを行なうための石けんや液体などありますが、肌に負担をかけないものを使うようにしましょう。

皮膚科やクリニックで使われている「 ニキビ肌・脂性肌向けピーリング石鹸 」を試してみるのがいいと思います。

鼻の下のニキビ予防

睡眠時間は6時間以上取りましょう。きちんと睡眠を取ることは、ストレス発散にもなりますし、肌の免疫力向上にも繋がります。

バランスの摂れた食事を取り入れましょう。ビタミン豊富な納豆、牛乳、にんじん、鶏肉、ブロッコリー、かぼちゃなどはニキビ予防に効果的です。

ストレスを溜めないようにしましょう。日々、仕事が忙しくて長時間そして長期間、ストレスを感じていると自立神経が乱れてしまい、ホルモンバランスが崩れてしまいます。ストレス発散のために、軽い運動をしたり、趣味、音楽鑑賞などして発散しましょう。

スポンサーリンク