【おすすめ】気になる子供の勉強法

子供の成績を上げてくれたWEB学習「スタディサプリ」
 
小学4年生から中学3年生までを対象にしたオンラインサービスで学習できる「スタディサプリ」を実際に使って成績が上がった人の体験談です。1週間の無料体験があり、月額料金は980円(税抜)という費用でもコンテンツが豊富!成績を上げた方法、使い方など詳しくまとめられています。

鼻ニキビを治すための原因と予防・ケア方法

1076-1

鼻にできるニキビは、顔の中でも一番目立ちますし、跡が残ると厄介です。よく言われるのは「いちご鼻」と言われますが、鼻の毛穴が広がっていちごのようにくぼみができてしまう状態のことです。

そうならないように、鼻ニキビの原因と予防・ケア方法についてお伝えします。

スポンサーリンク


鼻ニキビができる4つの原因

1076-1

鼻ニキビができる原因は4つあります。まずは、自分の鼻ニキビがどんな原因で発生しているのかを確認してみましょう。

スポンサーリンク

皮脂分泌量が多い

顔の中でも、おでこに次いで鼻は皮脂の分泌量が多いのが鼻です。毛穴からは産毛は生えていますが、毛の生え変わりで詰まったものを押し出すのが難しく皮脂がたまりやすいため、ニキビが出来やすい場所です。

乾燥肌で水分不足

乾燥肌の人は、肌の保湿をするために皮脂が分泌します。乾燥していると、肌の弾力も失われ、毛穴が詰まりやすい原因になりますし、鼻の毛穴は比較的深く、柔軟性が無くなった毛穴は皮脂が溜まりやすくなります。

手で触り雑菌を付けている

鼻はついつい手で触ってしまう場所でもあります。しかし、手には雑菌がたくさん付いているため、鼻を触ると雑菌が鼻の毛穴にはいり込んだり、皮脂を餌に増殖してニキビを引き起こす原因になります。

洗顔料などの洗い残し

化粧や洗顔料、石けんなどの洗い残しがあると、毛穴が詰まる原因になりますし、逆に洗い過ぎると肌の保湿成分を失い、肌に負担を掛けることになり、肌が傷つく原因になります。この傷から雑菌が入ったりして化膿することもあります。毛穴パックや角栓取りのやり過ぎも刺激が強く皮脂の分泌が多くなることがあります。

鼻ニキビの予防と自分でするケア方法

顔を洗うときには、ゴシゴシと洗わずに強い刺激を与えないように洗顔します。洗顔後は良くすすぎをして洗い流します。このときに、すすぎ残しがあると、毛穴が詰まりニキビができる原因になってしまいます。

お風呂あがりや洗顔後は、肌の保湿を保つために化粧水と乳液を付けて肌をバリアすることも忘れないようにします。

ニキビができると潰してしまうことがあるかも知れませんが、潰してしまうと跡が残ってしまうので、無理に押し出すようなことはしてはいけません。

自分での予防やケアが難しい場合には、皮膚科に相談しましょう。

スポンサーリンク