【おすすめ】気になる子供の勉強法

子供の成績を上げてくれたWEB学習「スタディサプリ」
 
小学4年生から中学3年生までを対象にしたオンラインサービスで学習できる「スタディサプリ」を実際に使って成績が上がった人の体験談です。1週間の無料体験があり、月額料金は980円(税抜)という費用でもコンテンツが豊富!成績を上げた方法、使い方など詳しくまとめられています。

インフルエンザ予防接種の副反応は接種後6時間程から症状が出る

1056-1

インフルエンザ予防接種を受けたら、「体調が優れない」とか「熱が出てきた」といった副反応を感じたことがあると思います。

予防接種を打った直後から副反応の症状が出る訳ではありません。ある程度の時間が経ってから症状が現れますので、接種後いつから症状が出始めるのか、どんな症状が副反応にあるのかをお伝えします。

スポンサーリンク


予防接種後6時間~24時間程で副反応の症状が出る

1056-1

予防接種を打つということは、体内にワクチンに対する抗体をつくることが目的です。抗体をつくることで感染したときに、症状を軽くすることができます。

国内で使われているインフルエンザワクチンは不活化ワクチンが使われていて、副反応の症状は比較的軽いとされています。

予防接種を受けてから副反応の症状が現れるまでには約6時間程掛かります。副反応の症状については個人差があり24時間後に現れることもあるようです。そのため、予防接種後24時間以内の副反応には注意しましょう。

まれに予防接種後すぐに、痙攣やショック症状・アレルギー反応を起こす人もいるようで、30分以内に重篤な次症状が出なければ、重い副反応の症状は出ないと考えていいようです。

スポンサーリンク

予防接種による副反応

予防接種による副反応は様々な症状があります。軽い症状から重い症状までありインフルエンザ予防接種後に副反応と思われる症状が現れ、心配であればかかりつけ医に相談するなどするといいです。

軽度の副反応の症状

インフルエンザの予防接種による副反応は様々ありますが、全身反応としては

  • 発熱
  • 頭痛
  • 吐き気・嘔吐
  • 倦怠感・だるさ
  • めまい など

注射したあとの部分的副反応としては

  • 腫れる
  • かゆみがある
  • 痛い
  • 熱を持つ など

などで、副反応の症状が出てから2~3日で症状は改善されます。

重度の副反応の症状

  • 痙攣
  • 黄疸(おうだん)
  • ぜんそく
  • 脳症・脳炎
  • 脊髄症
  • ギランバレー症候群 など

スポンサーリンク